ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.07.07

自分がこの理美容業界を変え、世界へ発信していく伝道者になる!

あなたは、自分の担当スタイリストのことを、どのくらい知っていますか?
スタイリストが普段話さないような、嬉しかったことや苦労したことなどを、日本全国のスタ
イリストにインタビューするコーナー。
あなたの大切な髪を任せる人だから、一生大切にできるパートナーを見つけてほしい。
「あなたのストーリーを教えて下さい。」

得意スタイル3選!

ミドルスキンフェード

刈上げのミドルウェイトまでをスキン(0mm)にしたスタイルで最近流行ってるバーバースタイルとなってます。0ミリにすると奇抜な印象がありますが、ミドルまでだとすっきりとした印象にできるのでビジネススタイルにも応用できます。バリカンでベースを作りますが日本人の骨格では綺麗にグラデーションが出ないのでハサミで微調整しています。

style_image_1

ナチュラルショートスタイル

見た目は普通のショートスタイルですが、お客様の髪質や骨格など人それぞれなので、似合わせテクニックでカットしています。この方は直毛で横が膨らみ襟は逆襟ですが、そう見えない様なカットをしています。

style_image_2

ローフェードボウズ

フェードを入れたボウズスタイルです。ボウズスタイルに良いところは圧倒的にセットが楽なところです。とはいえ、バリカン坊主とは違い全てをハサミで仕上げます。そうすることで骨格や髪質をカバーしてデザイン性を兼ね備えたセットが楽なボウズになります。

style_image_3

パーソナルストーリーをインタビュー!

美容師になろうとしたきっかけは?

高校生の時にヘアセットにハマってたことが全ての始まりでした。 進学校でしたが普通の人生が思い描けてなかったので、この世界に飛び込むことを決めました。そして、田舎出身だったので都会の最先端の髪型などに憧れていた部分もあります…。

美容師になって最も嬉しかったエピソードは?

初めて新規のお客様を1人で担当した時です。 その当時はまだカットができずにシェービングのみでお客様を担当しており、全て担当するのが初めてだったのでめちゃくちゃ緊張してました…。 技術の自信もそこまでなかったので、とにかく丁寧に丁寧にやり終えて最後にお客様からの「気持ちよかったです。」はとても自信になり嬉しいかったです。

美容師になって最も苦労したエピソードは?

割とポジティブ派なので苦労したと思うほどのことはないですが、大変だったな~と思うことはあります。同期と一緒にスタートするが、一番を目指して努力していたが、中々うまくいかないことが多かったです。ですが、周りと励ましあいながらやってこれたのと、基本的に「なんとかなる!」で乗り越えてました。

尊敬・刺激を受けているスタイリストは?

THE REMMYの倉田聡子

どんな部分に刺激を受けていますか?

自分の場所を見つけて笑顔を絶やさず仕事をしてるところです。 学校の同期で一番仲が良く、学生のころから見ていてそれがきちんと結果となって今も活躍している姿に尊敬しています。

今後、挑戦してみたいことは?

理美容を世界へ発信していく。 美容の方は最先端を行っていると思うが、それに比べて理容はアップデートされていないと思っています。だからこそ、自分がこの理美容を変えていきたいと思っています。

プロフィール

profile_image_url

サロン:P‘s Kaming

お名前:三浦正弘

詳細ページ:https://hair.cm/stylist/barbermiura.tokyo

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。


NEWSカテゴリ一覧