HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアカラー

これであなたも脱・赤ら顔!実はとっても重要だった顔色と髪色の関係!

お化粧しても赤ら顔が気になる…。意外と自分の顔色に悩んでる人って多いですよね。そんなあなたにいいお知らせです!なんと顔色と髪色って、とっても密接な関係にあるんです!どういうカラーを選べば、顔の赤みを抑えられるのか、今回はそんなヘアカラーについて徹底調査してみました☆もうすぐ春だから、髪型や髪色でイメチェンしたいですよね!ぜひ参考にしてみてください♪

ピンク系の同系色をチョイス!

ほんのりピンクがとってもフェミニン♡~原 あかり

強い赤みを入れるなら顔周りは避けて!~田渕 英和 / vicushair

ハイトーンならブルーベースで落ち着かせて~NIL

同系色のピンク系の色味なら、肌馴染みがとってもいいんです♡ただし、あまりに色味の強すぎるカラーや、赤系・紫系のカラーは要注意。顔に色味が反射して、余計に赤ら顔が際立ってしまいます…!どうしても強い色味を入れたい場合は、顔周りを避けるかブルーベースでトライしてみて♪ 

あえて対比色のグリーン系でいくなら!

ハイトーンなら肌馴染みがいいから優しい印象に♡~佐脇 正徳 / LOAVE

 

なるべく抑えめのスモーキーアッシュならすっきり色白!~成岡秀人

あえて対比色のグリーン系統を選ぶならあまりの色味の強くいないものをチョイスして。マットやアッシュは、顔の赤みを抑えてくれる反面、やり過ぎると逆に際立たせる色味でもあります。肌の色の濃い人はなるべくダークトーンを選んでください。それだけでとっても色が白く見えます♪ 

ブルー系のカラーでドーリーヘアスタイル♡

色白陶器肌もお手の物♡~田渕 英和 / vicushair

 

色白お人形さん風を演出♪~田渕 英和 / vicushair

実は赤ら顔さんにはブルー系統のカラーがとってもよく似合うんです♡ブルー系統のカラーは、赤ら顔さんの赤みを活かして、色の白さを際立たせてくれます。ブルー系統は顔色を落ち着かせてしまう色味なので、ちょうどうまく引き算ができちゃうんです!色白ドーリー系が好きな人はお試しください♪

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアカラーに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアカラーに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧