HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

thumbnail

2017.07.25

1513

透明感のある白肌になりたい!身体の内と外、両方から働きかける美白ケア

「色の白いは七難隠す」ということわざがあるように、肌が白い女性は多少の容姿の欠点があっても隠すことができるというほど、白肌は好印象。これからの紫外線が強くなる季節に向けて、白肌を維持するための方法をご紹介します。

たくさんある!白肌のメリット

清楚な感じ

width='399'

小麦肌やガングロブームはすっかり影を潜め、今のトレンドはやっぱり白肌。

白肌は清楚というイメージや品よく見えるなど、男女ともに圧倒的な人気ですよね。

淡色メイクがおすすめ

白肌の女性は、濃いメイクよりも淡色のメイクアイテムでふわっと入れるのがおすすめ。

淡色でもきれいに発色してくれ、上品で可愛らしいメイクに仕上げることができますよ。

いつも心がけたい紫外線対策

日焼け止めクリーム

width='399'

日焼け止めクリームを塗っても、効果が持続するのは2〜3時間と言われています。

こまめに塗り直して、紫外線からお肌をしっかりと守りましょう。

UVケアグッズ

width='399'

日焼け対策には日傘や帽子はもちろん!

日焼け止めクリームを塗るのが大変な手や足には、UVストッキングやUVカーディガン、アームカバーなどが便利。

眼にもUVケアを

width='399'

眼に紫外線を浴びるだけでもメラニンが作られ、日焼けしてしまいます。
白内障など、眼の病気の予防をするためにも、眼を紫外線から守ることは大切です。

UVカット加工された色の薄いサングラスがおすすめ。

白肌を目指す人におすすめの食品

ビタミンCとビタミンEを摂取しましょう

width='399'

日焼けを防ぐと言われる成分にはビタミンCがあり、パプリカやパセリ、アセロラなどに多く含まれます。
ビタミンEを一緒に摂取すると効果的です。

ビタミンEはナッツ類やアボカド、植物油などに豊富に含まれています。

ソラレンを多く含む食品に注意

width='399'

光毒性物質である「ソラレン」は紫外線を吸収する性質があるため、お肌にダメージを与えます。

ソラレンが多く含まれている食材は柑橘類やキウイ、きゅうり、じゃがいも、香りの強い野菜やハーブ類などです。

目指せ色白美人!食べる日焼け止めでUVケアを

トマト

width='399'

トマトなどに豊富に含まれているリコピンは、摂取することで強い抗酸化作用を発揮。

トマトに含まれるビタミンCや鉄分は、肌がコラーゲンを作りだしてターンオーバーを正常化させる欠かせない成分です。

魚(サバ、イワシ、鮭など)

width='399'

サバやイワシ、鮭、マスやなどの魚には、紫外線からお肌を守るオメガ3脂肪酸が含まれていて、週2回食べることで十分な効果が。

魚が苦手な方は、フィッシュオイルなどのサプリメントがおすすめです。

ブロッコリー、葉菜類

width='399'

緑の野菜は、βカロチンや葉酸、ビタミンA、C、Eを含んでいて、日焼け防止に効果があり、日焼けした肌を修復する作用もあります。

サラダやグリーンスムージーなどで摂取するといいですね。

輝く白肌に導く生活習慣とは

栄養バランスのとれた食事

width='399'

ファストフードやコンビニ弁当などの食生活の方は、栄養が偏りがち。

1日に緑黄色野菜100g、淡色野菜200gを目安として摂取しましょう。
できれば温野菜で食べるのがおすすめです。

禁煙しましょう

width='399'

喫煙するとビタミンCが失われ、吸収されにくくなってしまいます。

メラニン量を高めて、シミやシワができてしまいます。
血流が悪くなってお肌の新陳代謝が低下したりと、お肌にとって悪いことばかりです。

十分な睡眠を

width='399'

睡眠時(通常1時〜2時)に分泌される成長ホルモンが、ホルモンバランスの乱れを正常にしてくれます。

また肌細胞を活性化させたりと、美白肌を作るのに欠かせない働きをします。

憧れの白肌美人に

白肌の女性には清楚や上品なイメージがあり、白肌に憧れを持つ女性は多いですよね。
これから紫外線が強くなる季節に、しっかりと紫外線対策をすることが大切です。

生活が乱れがちな方は、食生活や生活習慣を見直して、白肌美人を目指しましょう。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧