HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアアレンジ

編み込みヘアの簡単なやり方!可愛いアレンジ方法もご紹介

編み込みと聞くと難しいというイメージがあるかもしれませんが、三つ編みさえできればあとは意外と簡単にできるヘアスタイルです。しかもカジュアルにもシックにもアレンジすることができます。編み込みのやり方を覚えておくとヘアスタイルのバリエーションが広がりますよ。

894

編み込みの基本的なやり方

まずは三つ編みに慣れること

編み込みをマスターするにはまず三つ編みを完璧にできるようになりましょう。サイドヘアのどちらかやりやすい方で練習するといいですよ。

 

慣れないうちはサイドで編み込み

三つ編みができるようになったら、編み込みの練習に入ります。鏡で見て見やすいのが前髪かサイドです。慣れないうちはサイドで練習しましょう。

 

ショートヘアなら前髪を編み込む

編み込みをするには髪が長くないと、とは思わないでください。ショートヘアでも前髪で編み込みができますよ。鏡で見やすいというメリットもあります。

 

編み込み×ハーフアップアレンジ

ショートヘア編

ショートヘアに限ってはハーフアップというよりアップスタイルになりますね。前髪からサイド、後ろ髪と順番に髪全体を使って編み込みしていきます。

 

ミディアムヘア編

両サイドの髪をそれぞれ編み込みにし、後ろでひとつにまとめるスタイルです。サイドを編み込むので意外と簡単ですが、ぐっと華やかに見えますよ。

 

ロングヘア編

ロングの場合、さまざまな編み込みアレンジが可能ですが、慣れないうちは簡単なねじりタイプの編み込みをおすすめします。ロープをねじるように巻きつけていきます。

 

編み込み×カチューシャアレンジ

ショートヘア編

ショートヘアでも前髪を使うことでカチューシャアレンジは可能です。顔のラインに沿って編み込みを作れば十分華やかになります。

 

ミディアムヘア編

ミディアムくらいの長さがあるとカチューシャアレンジの幅が広がります。敢えて少し前髪を残すことで甘さがアップするんですよ。

 

ロングヘア編

ロングヘアなら顔回りをぐるっと囲むカチューシャアレンジをおすすめします。編むだけで十分存在感が出るので、編み込む時にはリボンなどは使わずヘアアクセサリーも最小限にします。

 

編み込み×ルーズスタイル

ショートヘア編

両サイドの髪でゆるく編み込みをつくったら、後ろでピンを使ってひとつにまとめます。バレッタなどではなくピンを使うことでルーズスタイルをつくっています。

 

ミディアムヘア編

両サイドの髪をゆるく編み込み、襟足あたりの低い位置でローポニーにします。仕上げに全体の髪をゆるく引き出し、ルーズスタイルに仕上げます。

 

ロングヘア編

サイドにやや流した位置に編み込みをつくり、ローポニーをつくります。編み込みもローポニーも全体を緩くまとめてルーズスタイルを演出します。

 

崩れてもこなれて見える編み込みでアレンジし放題

編み込みの一番のメリットは多少崩れてもこなれヘアに見えるところです。ですので、基本さえおさえてしまえば後はアレンジできるヘアスタイルなんですね。三つ編みからサイド、前髪とステップアップしていけばあとは髪の長さを問いません。ぜひ、編み込みにチャレンジしてください。

 

894

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアアレンジに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアアレンジに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧