HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアカラー

ブリーチ前に特徴や髪への影響を知るべし!後悔先に立たず!

髪色を明るくしたり、希望のカラーに染めるために欠かせない「ブリーチ」。美容室に行けばプロにしっかりと施術してもらえますが、それで安心するのは禁物!ブリーチすることで様々な影響が髪に起きているのです。そこで、今回はブリーチについて詳しく解説。ブリーチ前にしっかりと確認しておきましょう。

ブリーチの特徴って?まずはメリットデメリットについて

そもそもブリーチってどんなもの?

ブリーチは髪の色素を抜く「脱色」のことです。色を抜くだけですので、ブリーチ単体ではカラーは入りません。髪の黒色の元であるメラニン色素を脱色しています。

ブリーチのメリットって何?

ブリーチの最大のメリットは明るいカラーを入れられることです。通常はブリーチ後にヘアカラーを入れて好きな髪色に染めます(ダブルカラー)。ブリーチをすることで色が入りやすく、ヘアカラーの幅も広がってデザインカラーなども楽しめます♪

ブリーチのデメリットって何?

ブリーチの1番のデメリットは、髪や頭皮にダメージを与えてしまうことです。色素を抜いたり色を追加したりするということは、髪に負荷をかけているということなので当然です。また、色落ちが早かったりコストがかかるという点も挙げられます。

ブリーチで明るい髪色にできる仕組みとは?

ふたつの薬剤がパワーを発揮!

ブリーチは1剤のアルカリ剤と2剤の過酸化水素水を混ぜてから使います。このふたつの薬剤がそれぞれ別のアプローチで髪に働きかけ、脱色をしていくのです。

最初はキューティクルを開く!

まず仕事をするのはアルカリ剤(1剤)です。アルカリ剤は髪の毛の外側にあるキューティクルを開く役割を持ち、過酸化水素水(2剤)をサポートします。

次は髪の毛の内部に浸透していく!

アルカリ剤の助けによって過酸化水素水が髪の内部まで浸透していき、いよいよ脱色の工程に入ります。

メラニン色素を分解して脱色完了!

浸透した過酸化水素水はアルカリ剤によって分解されて酵素を発生させます。この酵素がメラニン色素に到達すると、髪の色の元であるメラニン色素の分解を始めて脱色されていきます!

深刻!?ブリーチの髪への影響とは?

キューティクルを開くことでダメージが受けやすくなる

キューティクルは髪の内部にある水分やタンパク質などが流出しないようにコーティングして守る働きがあります。キューティクルを開くということは、水分やタンパク質が流出するリスクを生じさせることであり、流出してしまうと髪が傷んだ状態になってしまします。

シャンプーも髪の痛む原因に!

シャンプーは髪と頭皮の清潔に必要不可欠です。しかし、キューティクルは濡れると開く性質があり、その状態でゴシゴシ洗うとキューティクルが傷ついて剥がれることもあります。シャンプーの際は十分な注意を!

パーマがかかりにくくなることも!

パーマは髪内部の成分を変形させたりして処理されています。1度のブリーチでもかなりのダメージを受けますが、その後のケアが十分でないと内部の成分は流出していくことになります。そんなダメージを受けた状態では、処理すべき対象が少ないのでパーマがかかりにくくなってしまうのです。

色落ちの原因もブリーチから!

パーマと同様に、カラーリングも髪の内部成分に働きかけて染めています。しかし、ブリーチを繰り返したり、不十分なケア状態だと、上述したように髪内部は成分流出でスカスカ状態です。この状態だとカラーが髪に定着しにくく、色落ちの原因になります。

できるだけダメージを軽減!理想の髪色を保つためには?

やり方も値段もお手ごろだけどセルフは避けよう!

ブリーチはセルフで誰でも可能です。しかし、頭皮への付着によって頭皮トラブルのリスクを避けられません。また、髪質によって指定の放置時間で抜けきらなかったり、放置しすぎて大きなダメージを受けるというリスクもあります。リスクが大きいので美容室で施術するのをおすすめします。

色見本を参考に美容室でしっかりと相談!

求める髪色にするには、美容師さんとしっかりと相談することが大切です。髪質などを含めてしっかりと相談し、適切な施術でブリーチ、ヘアカラーをしてもらいましょう。カラーも色見本でチェックして、色味やトーンなどの希望を確実に伝えましょう!

塗れたままNG!髪はしっかり乾かす

濡れたままにしておくとキューティクルが開いたままなので、蒸発などによって髪内部の水分を失うことになります。シャワー後はしっかりと乾かすように心がけましょう。

ヘアケアを徹底!髪に栄養補給を

髪には自己修復機能はありませんので、傷んでしまったら勝手に回復はしません。トリートメントや保湿で徹底的にケアして潤いや栄養を補給してあげましょう。また、カラーシャンプーを使って色も長持ちさせてあげることも忘れずに!

ブリーチの仕組みやリスクを知って十分なケアを!

ブリーチはヘアメニューの中でも特にダメージを受ける施術です。理想のカラーにしたい気持ちはわかりますが、まずはブリーチについて良く知っておくことが大切。そうしなければ、大切な髪を傷つけるだけでなく、早い色落ちなどでコスト面でも負担を負うかもしれません。ブリーチ前に、知識や注意点をしっかりと確認しておきましょう!

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアカラーに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアカラーに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧