HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

インタビュー

「徹底的に傷ませない」―強い願いから生まれた復元ドライヤーに、プロも注目!

「一度使ったら手放せない!」「ドライヤーで乾かすだけで、髪がサラサラに!」―と、髪のプロである美容師が大絶賛のルーヴルドーの復元ドライヤー。“復元”するとはどういうことなのか。他のドライヤーとの違いはどこにあるのか。ルーヴルドーらしいものづくりの秘密をPICK UP!

”復元”するとは?


ルーヴルドー 広報部 マネージャー 市川知住さん

―よろしくお願いします! さっそくですが、復元ドライヤーというのは…一体全体、どのようなドライヤーなのでしょうか。

市川 一般的なドライヤーは、100℃以上の熱風を髪に当て、風と熱で水分を蒸発させて乾かす仕組みになっています。その際、髪には熱による負荷がかかってしまいます。その熱によって、キューティクルがもろくなってしまい、髪の傷みの原因になってしまうんです。

この復元ドライヤーは、熱ではなく振動によって水分子を細かくして気化させるんです。一般的なドライヤーが100℃~120℃の高温で乾かすのに対し、復元ドライヤーは吹き出し口の温度が65℃~80℃で、髪への到達温度が50℃前後の低温で乾かします。

―振動させると、髪が乾くというのは、どういうことなのでしょうか?

市川 振動気化乾燥方式というのは、2年もの開発期間を経て完成した構造特許も取得している弊社独自の方式なのですが、髪の表面の水分を鉱石のエネルギー振動によって細かくし、気化させるという方法です。

先ほど温度の話をしましたが、低温で素早く乾かすことができますし、熱による負荷を最低限に抑えることができるんです。無理に熱を与え、強制的に乾かすこれまでのドライヤーとは、一線を画す製品なんですよ。

―すばらしいですね。では、低温で早く乾かすことが、髪を「復元」させることにつながるのですか?

市川 いいえ、この復元ドライヤーには、キューティクルを引き締めて潤いとまとまりを与える「マイナス電子」を効率的に髪に届ける機能が付けられているんです。

弊社では、物性科学共同研究に基づいた再生医療の観点から、マイナス電子に着目しています。マイナス電子のエネルギーを細胞にチャージすることで、髪の健康を支える細胞を活性化し、キューティクルを引き締め、うるおいとツヤを与えることができるんですよ。静電気が抑制されるので髪のまとまりも良くなります。

また、吹き出し口に鉱石を練り込んだ2種類のセラミックフィルターを設置し、様々な美容効果が期待できるよう設計されています。中でも、遠赤外線の中の「育成光線」という波長を利用。人間の深部まで温める波長で、血流促進の効果が期待されるので、頭皮環境も良くなります。髪だけでなく、身体の疲れている部分に当てていただくと効果を実感していただけますよ。

―つまり…?

市川 はい。復元ドライヤーを使うということは、髪そのものだけではなく、頭皮環境を、ひいては使う人そのものを。健康に導ける…ということなんです。実はこの復元ドライヤー、整体院などでも使われているんですよ。

復元ヘア事業、復元スキン事業、そして復元ライフ事業。製品づくりが社会貢献に!

―使う人を健康に導くという考え方は、とても素晴らしいですね。

市川 弊社は「健康寿命の長い社会」をつくることを目標としています。その場しのぎの美しさや健康ではなく、5年先、10年先を見据え、美しく輝いて生きていく道を追求していくこと、真の美しさを常に考え、提案していくこと。これが私たちの使命であると思っているんです。

その活動のひとつが「グリーンハート365」という活動になります。10年前から行われている活動なのですが、簡単に言うと「365日、体温を36.5度に保つ」ことを推奨する活動になります。

―36.5度に保つことが、健康につながるんですか?

市川 はい。体温を36.5度に保つことで、体内酵素活性力、免疫力、基礎代謝力、そうした本来人間が持っているパワーを100%発揮できるんです。

体温が1度下がるだけで、体内酵素活性力は半減しますし、免疫力も約30%低下するとされています。たとえば、がん細胞は35度前半の低体温を好みますし、不妊治療に通う女性の大半が35度台の体温であることも知られています。体温を36.5度に保つことは、自分自身の命を守ることにつながるのです。

―グリーンハート365では、どのようなことを行っているのでしょうか。

市川 今すぐにでも始められることを、皆様にお伝えするようにしています。食事の改善、運動の改善、入浴の改善、睡眠の改善…などです。姿勢の改善も、内蔵の働きが高まり、体温を上げる効果があります。

健康になることで、外見の美しさだけでなく内面の美しさもつくりあげることができます。復元ドライヤーだけでなく、復元ウォーマーシリーズなど、体温を高め、健康へと導く商品も開発・販売しています。

―復元ドライヤーの話に戻るのですが、先ほど、髪だけでなく身体に当ててもいい、ということでしたが…どれくらい当てればいいのでしょうか。

市川 たとえば顔であれば10~20秒程度でOKですが、2~3分がおススメです。冷え性の方であれば、脚、ふくらはぎ、手首、そして百会・足三里・三陰交・湧泉などの4つのツボに当てるのがおススメです。

全身のツボにドライヤーを当てるとお灸の効果も期待できますので、オススメです。

『ドライヤーお灸』と言う本が、現代書林さんから出版されています。(http://www.gendaishorin.co.jp/book/b351525.html

―ちなみに、使い方は普通のドライヤーと同様でいいんですか?

市川 いいえ、通常のドライヤーとは大きく使い方が異なります。まず、通常のドライヤーは高温になりすぎないよう、ドライヤーを振って熱を分散させたり、温度が高くなりすぎないよう遠くから風を当てる必要がありますが、この復元ドライヤーは振ったりせず、髪にドライヤーを近づけて、手グシに合わせてゆっくり動かすようにして使います。

従来のドライヤーとは使い方が明らかに違うので、美容師さんには必ず研修を受けていただき、正しい使い方を覚えていただいています。サロンの店販品として発売しているのも、正しい使用方法を美容師さんから伝えて欲しいためです。

―なるほど! では、最後にHAIRユーザーへ一言お願いします!

熱風式のドライヤーで髪を乾かすということが、どれほど自分自身の負担になっているか、傷ませない習慣に変えるだけで髪質がどれほど改善するか、ぜひ一度、考えてみてください。そして、弊社の『復元ドライヤー』を体感してみてください。5年後、10年後の美しさが、きっと変わりますよ!

美容師さんのご体験は、下記URLでお問合せください。(https://louvredo.com/contact/

復元ドライヤーのお取扱店舗はこちら (https://louvredo.com/maisonshop/

―ありがとうございました。

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

インタビューに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

インタビューに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧