HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

thumbnail

2019.12.02

511

思ったヘアカラーと違う…。失敗したとき限定の正しい対処法をご紹介

自分の思っていたヘアカラーと違ったときって、とってもショックですよね。セルフでカラーをして失敗したときに、慌てずできる対処方法をご紹介します。

セルフで失敗!カラーにムラができてしまったときは?

ムラができる原因は何?染め直しは可能?

セルフカラーの失敗の中で一番多いのは、カラーにムラができること。セルフの場合は、後ろ姿や全体が見えにくくなるので、カラー剤が均一に塗れていない場合があります。

【対処方法】美容院でやり直しがおすすめ

ムラができたヘアカラーを均一に整えるには、美容院でプロに塗り直してもらうのが一番の近道です。失敗してから日にちを置かずに、すぐに美容師にお願いすることで、きれいなカラーが手に入りますよ。

黒染めに失敗した!締め直しは可能?

黒くなりすぎて失敗!やり直しできる?

急に黒髪にしないといけないときに限って、黒くなりすぎてしまうことってありますよね。原因はカラー剤の放置時間が長すぎたことです。黒染めは他のカラーより髪に浸透しやすいと言われています。

【対処方法】市販の染め落としを使うと便利

黒は他のカラーを塗り直しても効果があまり期待できません。一番良い方法は、すぐにしっかりシャンプーを繰り返ししてみることです。それでもダメな場合は、市販の黒染め落としを使う手もあります。

逆プリンのヘアカラーになってしまった!やり直すには?

セルフでヘアカラーすると逆プリンになりやすい?

根元と毛先のカラーの明るさが逆になってしまった逆プリン。原因は根本からカラー剤を塗って、時間をたっぷり置いたことにあります。

【対処方法】セルフで染め直しが可能です!

逆プリンの対処方法としては、暗めカラーで根本を染め直しする方法をおすすめします。根元だけ染めるので少し細かい作業になりますが、確実に逆プリンを直すことができます。

失敗したらすぐにやるべきヘアカラー術をマスター

セルフで失敗しやすいヘアカラーの例と対処方法をご紹介しました。適切な処置をして美髪を手に入れてくださいね。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧