ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2020.12.01

1270

黒髪にカラーバターは効果あり?染める前に知っておきたいプチ知識

普通のカラー剤はダメージが気になるけど、カラーバターはトリートメント成分配合だから安心して使えるのが嬉しい!
とはいえ、黒髪にも綺麗に発色するのかは気になるポイントですよね。
今回はカラーバターの基本知識と、黒髪との相性をご紹介します。

カラーバターとは

カラーバターってなに?

カラーバターはカラートリートメントとも言われている、トリートメントの一種。
髪の毛を痛めることなく髪の毛に色をつけることができるもので、ヘアマニキュアと呼ばれる種類に分類されます。

カラーバターは魔法のアイテム♡

カラーバターはトリートメントクリームの中に染料が配合されていて、カラーとトリートメントが同時に行える魔法のようなアイテム。トリートメント効果があるから傷んだ髪の毛の人も使えますよ。

カラーバターの特徴

カラーバターの1番の特徴は他のヘアカラー剤では出せない色鮮やかなカラバリと発色の良さです。
ベースの色で発色が変わるから変化が楽しい!
エクステやパーマをしていてもムラなく染まりやすいのが嬉しいですね。

色持ちはどれくらい?

明るい色は2週間程持つけど普通のヘアカラー剤ほどは長持ちしません。
髪の傷みはほとんどないけど、トリートメントに色味がついたもの程度と考えたほうが良さそうですね◎

簡単!カラーバターの使い方

基本的な使い方

シャンプー・タオルドライのあと、付属の手袋を着用して色を付けたい部分にムラなく塗布してよく揉み込みます。
ラップを巻いて15分程放置します。ラップを外してから5分くらい自然放置すると色の入り方が安定しますよ。

カラー&トリートメント効果を高めるには?

ラップを巻いて15分程待つ間にドライヤー等で加熱すると、トリートメント効果がUP!
ラップを外して5分放置したあとは洗い流して、シャンプー、コンディショナーで仕上げましょう♪

カラーバターは黒髪にも使える?

カラーバター使ってみたいけど黒髪にも使えるの?

黒髪にも使えますが、ほとんど発色しないため色はあまり変わりません。
髪が黒いと色が見えないので、明るい色を入れたい場合はブリーチで脱色して明るくなった髪の上から使うと◎

カラーバターのおすすめの色は

シルバー系が一番人気!

「外人風アッシュヘアー」に仕上がるシルバーが人気!
シルバーは比較的暗めの色なので、ピンクなどの明るいカラーに比べて長持ちします。
キレイな色を長持ちさせるにはブリーチで脱色してからカラーをしましょう。

自分だけのオリジナルカラーが作れちゃう

黒髪でもカラーバターは使える?基本的な使い方とカラバリをご紹介

ピンク系、ブルー系、パープル系のたくさんあります。
色を混ぜたり、クリアクリームで色を薄めたりできるからカラーは無限大!
ベーシックなブラウン系もあるから初めてでもチャレンジしやすいですよ♡

カラーバターの色持ちキープ方法

染めるときにはコームを使ってきちんとなじませる

気軽にカラーチェンジできちゃうカラーバターでおしゃれを楽しもう♡

カラーバターはきちんとなじませて使うことが重要です!コームをしっかり使って、しっかりとバターをなじませるように心がけましょう♪

安全なのは美容室?

気軽にカラーチェンジできちゃうカラーバターでおしゃれを楽しもう♡

初めてで染めるのが不安というのであれば、思い切って美容室に行くこともおすすめ!カラーバターを利用しているお店は少なくありません!

お手軽カラーバターでイメチェンを楽しんで!

トリートメント配合でダメージを気にしなくていいから、気分に合わせて短いスパンでイメチェンできちゃいます。
黒髪だと発色しないからあまり色の変化はないけど、ベースの色で発色が変わるのが楽しく、落ち着いた色味のカラーもあるから手軽に試せます。
自分だけのオリジナルカラーで変身して、うるサラヘアで誰もが振り向く個性的な雰囲気に♪

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

関連記事

カテゴリ