ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.10.02

5385

憧れの”外国人風髪色”になりたい人におすすめヘアカラーはコレ♡

外国人風になりたいと思ったら、ヘアカラーを取り入れるのが一番です。黒髪の人でも取り入れられるカラーも多く、ふんわりと透き通るカラーは、憧れの外国人風になることができます。カラー別のポイントを紹介します。

ホワイトアッシュ

ホワイトアッシュとは?

ホワイトアッシュとは、白っぽいグレーのことです。
アッシュとはグレーのため、赤みがなく透き通る外国人風の髪型をつくるときには欠かせません。
光に当たると白く輝き、天使の輪が引き立ちます。

ホワイトアッシュのグラデーション

根元が黒く、毛先にホワイトアッシュを入れるとグラデーションカラーになります。
立体感が出た方がいい髪形では、毛先のみを染めるのもおすすめです。
ショートヘアとホワイトアッシュの組み合わせがかっこいい!

ミディアムヘアのホワイトアッシュ

ホワイトアッシュはミディアムヘアと相性が抜群です。
透明感が出て外国人ヘアスタイルを目指す方にはピッタリでしょう。
ゆるふわのパーマをかけると、さらに軽さもアップします。

グレージュ系カラー

グレージュとは?

透明感を持ちながらも明るすぎないため、働く女性も取り入れることができます。
アッシュカラーに色味が似ていて、赤みを抑えたカラーです。
落ち着いた雰囲気に仕上がるから20代から40代までOK♪

暗めのグレージュもあり

暗めのグレージュは、光に当たる部分がほんのりと白くなります。
髪の光沢感が出やすく、立体感があるヘアスタイルです。
暗めのグレージュは、ショートヘアの方や、ロングパーマの方にもおすすめです。

アッシュ系カラー×ハイライト

毛先のみに入れて立体感を出す

グラデーションカラー ストリート グレージュ セミロング ヘアスタイルや髪型の写真・画像
NORA / YUMA ISHIKAWA予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

アッシュカラーは、毛先のみにハイライトとして入れてもすてきです。
髪全体にブリーチをかけなくても済むため、髪のダメージを気になる人におすすめ。
ハイライト効果で立体感が出てパーマの魅力が引き立ちます。

ハイライトを入れたグラデーション

アッシュカラーとハイライトを組み合わせて、グラデーションにした髪型です。
奥行き感があって、髪が動くたびに雰囲気が変わるのがポイントです。
短め前髪と合わせて、個性的な雰囲気にしたい人におすすめします。

イルミナカラー”オーシャン”

透明感と艶感が出る

外国人風 グレージュ イルミナカラー 大人女子 ヘアスタイルや髪型の写真・画像
福西 智哉予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

ダメージを最小限に抑えながら、透明感を出し外国人風になれるカラーです。
そのなかでもブルー系の色が特徴のオーシャンは、透明感を出すのに最適でしょう。
黒髪に染めると、光沢感が出て重くなりすぎません。

ベージュ系のイルミナカラー

ふんわりと軽い印象にしたいなら、イルミナカラーのベージュもおすすめです。
透き通るような髪色は、外国人風に仕上がります。
ふわふわのパーマと相性がよく、キュートな女性を目指してみましょう。

部分的に入れるピンク系カラー

ハイライト ピンク ストリート 春 ヘアスタイルや髪型の写真・画像
藤山将太予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

イルミナカラーのピンク系は、ポイント使いにしてみましょう。
パーマヘアの毛先に入れると立体感が出てキュートな印象です。
全体を染め上げる必要がないため、髪のダメージが気になる方におすすめです。

透明感があるカラーで外国人風になる

透明感があって外国人風のヘアカラーは、今では定番のカラーだといえます。
ブリーチしなくても染められるタイプもありますから、髪色を明るくして軽い印象にしたい人は選んでみましょう。
透き通る髪色は、若い女性から大人の女性まで活用してみてください。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧