更新日:2023.07.23
30409

ブリーチを入れた髪ってどんな色?おすすめヘアカラーまとめ

ブリーチは髪の毛の色素を抜いて明るいカラーに変える方法。外国人のような透き通る美しいヘアを楽しめますが、髪のダメージには注意。ミルクティベージュやグレージュ×ブルージュのグラデーションなど、素敵なヘアカラーが楽しめます。丁寧なケアを心掛け、理想の髪色で夏を楽しんで!

ブリーチでショートヘアも幅が広がる

そもそもブリーチの意味とは?

ブリーチとは、髪の毛の色素を抜くことで、透き通る金髪になる方法です。髪をブリーチすると、ヘアカラーとは異なり、色素が抜かれるため、後にカラーを入れた際の色の出方が全く異なります。暗い髪色に他の色を入れようとしても、なかなか思い通りのカラーにならないこともありますよね。また、染める際に頭皮が痛くなることや、ケアを怠ると髪がダメージを受けることもあります。

それでも、ブリーチをすることで明るい綺麗なカラーがスムーズに入るのです!ハイトーンなカラーリングをナチュラルなショートヘアに取り入れると、夏らしさがぐんとアップします。小顔効果もあり、シャープな印象がカッコイイと評判です。

傷んでしまう髪にはケアが必須!

ブリーチを行うと髪は傷みやすくなります。色を入れる際にもダメージが増えますが、適切なケアを行うことで色の持ちが良くなり、美しい髪を保つことができます。特にショートヘアのスタイルでは、髪の状態がヘアスタイル全体の印象に大きく影響するため、ケアは欠かせません。

ショートヘアのブリーチスタイル

個性派なショートヘアスタイルもブリーチカラーなら自在に表現できます。ニュアンスパーマとブリーチカラーの相性は抜群で、涼やかで魅力的な印象を演出できます。重ためのニュアンスヘアスタイルもブリーチを取り入れることで、より個性的でオリジナルなヘアスタイルに仕上がりますね。 

個性派ショートスタイルも思いのまま♡

ブリーチは髪を傷める要素があるため、スタイリング剤やトリートメントなどで丁寧なケアを心掛けましょう。美しいカラーと健康的な髪を手に入れるためにも、しっかりとしたアフターケアが必須です。自分らしい個性を表現するために、ショートヘアとブリーチカラーを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

ボブヘアももっと可愛くなる♡

ミルクティベージュもこんなにキレイ!

ブリーチを使えば、ボブヘアもさらに可愛くなっちゃいます!特にミルクティベージュカラーは、ブリーチをかけることで美しく輝きます。あざやかでキレイな外国人のようなお色に仕上がり、まるで夢のような魅力があります♡外はねボブとの相性も抜群で、ヌーディさが増してよりカワイイ印象になりますよ!

デートにも!外国人風ハイライトも思いのまま☆

デートにもぴったりな外国人風ハイライトも、ブリーチを駆使することで自在に表現できます!流行りのいろっぽ斜めバングに合わせると、外国人風ハイライトがより映えます。また、ボブにパーマをかけると、さらに異なる印象を楽しむことができます。きれいな波パーマのグレージュカラーは、フェミニンでセクシーな雰囲気を演出してくれます。

モードな個性的グラデーションカラー!

個性的なグラデーションカラーもブリーチを使うことで実現します!ブルージュをベースにパープルとブルーを取り入れたカラーリングは、まるで宇宙の色のようで魅惑的です。ボブヘアに施すことで、独特なカラーに周りの目もくぎ付けになること間違いなし!このようなモードなグラデーションカラーは、ブリーチを活用することで驚くほどの美しさを実現できるのですね♪

ミディアムさんでブリーチを楽しむなら?

透明感あふれるシースルーカラー♡

ミディアムヘアの方にもブリーチカラーを楽しむ素敵なアイデアがたくさんありますよ!まずは透明感あふれるシースルーカラーをお試しください♡ベージュ系のイルミナアッシュベージュは、透き通るようなアッシュのカラーで、見た目にも涼やかな印象を与えます☆この夏にぴったりの透明感あるシースルーカラーを楽しんでみてください♪

おしゃれでかわいい、動きのあるハイトーン

おしゃれでかわいい、動きのあるハイトーンカラーもおすすめです!ハイトーンなカラーは動きがあるとより軽やかなイメージになります。特に明るいホワイトグレージュは、金髪よりも明るすぎず、強すぎない柔らかなカラーで、注目度間違いなしです☆

インナーカラーでまとめ髪アレンジも

また、インナーカラーを取り入れてまとめ髪アレンジも楽しむことができます!明るめのインナーカラーと濃いめの上層カラーを組み合わせると、アップスタイルにするときに下の明るいカラーがチラッと見えてかわいらしい印象になります♡アッシュ系のカラーもブリーチをすればきれいに入るので、こうしたツートーンアレンジもおススメです!

ロングは全頭ブリーチから、グラデーションまで♪

アレンジ自在のロングヘア―!

ロングヘアの魅力は、ブリーチをかけることでさらに自由なアレンジが楽しめることです!明るいブリーチヘアーは、暗い髪よりも軽やかで爽やかな印象に変身します♡もちろんそのままでも可愛いですが、編み込みやりぼんを上手にアレンジすると、さらに可愛らしさがアップします♪

流行りのグレージュ×ブルージュの贅沢グラデーション♪

グレージュとブルージュの贅沢なグラデーションカラーは、今流行のトレンドカラーです!ガーリーな雰囲気と豪華な印象が魅力で、綺麗な色を出すためには毛先は二回ブリーチをすると良いでしょう。カラーの発色をより良くするためにも、ケアを怠らずに丁寧にケアしましょう♪

涼やかなアッシュハイトーン!

涼やかなアッシュハイトーンは、ロングヘアで一度は試してみたいスタイルです!全体にブリーチをかけて、その後色を入れる方法で、入りにくいアッシュカラーもバッチリ完成します。施術には少々時間がかかるかもしれませんが、その仕上がりは一見の価値ありです♪ぜひ挑戦してみてください!

pinkなグラデーションもおてのもの♪

涼やかなアッシュハイトーンは、ロングヘアで一度は試してみたいスタイルです!全体にブリーチをかけて、その後色を入れる方法で、入りにくいアッシュカラーもバッチリ完成します。施術には少々時間がかかるかもしれませんが、その仕上がりは一見の価値ありです♪ぜひ挑戦してみてください!

一回のブリーチで手に入る髪色について

ブリーチ1回で叶えられるトレンド髪色

一回のブリーチで手軽に楽しめるトレンド髪色は多彩で魅力的です。例えば、明るめのアッシュブロンドは今季の人気カラーであり、洗練された印象を与えます。また、パステルカラーもトレンドの一つであり、ピンクやラベンダーなどの優しい色合いは女性らしい雰囲気を演出します。さらに、大胆なカラフルカラーもブリーチ1回で楽しむことができます。マーメイドカラーやユニコーンカラーは若者を中心に人気を集め、個性的なスタイルを楽しむことができます。

ブリーチの魅力を最大限に引き出すためのアフターケア

ブリーチ後の髪はダメージを受けやすく、乾燥や切れ毛の原因になることがあります。しかし、適切なアフターケアを行うことで、髪の美しさを保つことができます。ブリーチ後は保湿力の高いシャンプーやコンディショナーを使い、髪の乾燥を防ぎましょう。さらに、週に一度のヘアパックやトリートメントを行うことで、ダメージを補修し、ツヤのある髪をキープできます。また、ヘアオイルを毎日のケアに取り入れることで、髪の保護を強化しましょう。適切なアフターケアを行うことで、ブリーチの魅力を最大限に引き出すことができます。

ブリーチ後の色持ちを良くするヘアケア方法

ブリーチ後のカラーは時間とともに退色してしまうことがありますが、色持ちを良くするヘアケア方法を取り入れることで、鮮やかな髪色を長く楽しむことができます。まず、洗髪はできるだけ冷たいお湯で行い、熱湯による色の抜けを防ぎましょう。また、色素を保護するためにUVカット効果のあるヘア製品を使うことも有効です。さらに、カラートリートメントやカラーコンディショナーを使用して髪色を補強することで、色持ちをサポートします。さまざまなヘアケア方法を組み合わせることで、ブリーチ後の色持ちを良くすることができます。

ブリーチありで理想のヘアカラーを手に入れよう♡

今回ご紹介したのはほんの一例で、ほかにもたくさんのスタイルがあります☆ カラーリングとは違って、髪そのものを脱色することでハイトーンや特別なカラーを入れやすくすることができるブリーチ。金髪からグレージュだけでなく、グラデーション、はたまた特別なピンクやブルーなどの個性的なカラーまで、さまざまなスタイルに合う、自分好みのヘアカラーを選び、おしゃれを楽しむことができます。ただし髪の痛みのケアは大切! オイルやトリートメントなどで日頃のケアをしっかりしながら、鮮やかで軽やかな理想の色を手に入れちゃいましょう!

髪への負担が大きいブリーチには、トリートメントオイルが必須!

width='399'

くせやうねり、ぱさつき改善に特化したヘアケアアイテム。トレンド感のある質感を再現できるスタイリング性能と、高い保湿効果と内部補修によるヘアケア性能の両方を兼ね備えているので、アウトバストリートメントとしてもスタイリング剤としてもご利用頂けます!

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事