ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.11.27

7616

2017年旬の髪型を再チェック♡来年のトレンド先読みして、おしゃれヘアを先取りしよ!

おしゃれな人ほど、髪型にもトレンドを取り入れているもの!最新のファッションアイテムを着こなせるかどうかも、実はヘアスタイルに左右されるんです。今年のトレンドは、来年も継続しそうな予感。しっかりチェックして、乗り遅れないようにしましょう!

トレンドは「レトロ」&「モダン」

レトロっぽさがCUTE

今年はレトロっぽさを意識したスタイルも見受けられました。秋冬は、とくにレトロな柄やカラーが流行る季節なので、それに合わせて髪型もちょっぴりモード&レトロに仕上げてみるのも◎!あえて春夏に取り入れて、周りと差をつけるのもいいかもしれませんね。

女らしさ全開にしてくれるウェーブヘア

ロングヘアを自然な雰囲気のウェーブで、女性らしさと色気を演出しています。暗髪が人気継続中で、ダークトーンや黒髪に挑戦する人も増えています。とくに寒い時期は、服装に合わせてトーンダウンが正解かも!まだまだ寒いこれからは、思い切って艶やかな黒髪に挑戦してみては?

自然体のボブがかわいらしさと女らしさを演出

ナチュラルな雰囲気のボブヘアも、今年はトレンドだったのではないでしょうか。可愛らしさも出しつつ、くるんとまいた毛先の軽さが、レトロだけではなく、今風なモダンさも出しています。

大人かわいいセンターパートもトレンド続行中

ストレートヘアが決め手のセンターパート

今年の大人っぽヘア要素のひとつ「センターパート」も、まだまだ目が離せません。ゆるっとルーズなウェーブと合わせるのが今年流。このスタイルは、春先も使えそうです♡

無垢な女っぽさを引き上げ

注目のダークトーンにセンターパート、さらに作り込み過ぎない毛先感でぐっと今年っぽいヘアスタイル。ナチュラルな雰囲気が、大人の女性の魅力を引き出します。オフィスにも使えるスタイルなので、流行問わずにチャレンジできそうです。

ふわっと毛先で、センターパートを可愛らしく仕上げる

細かなランダムウェーブを合わせたセンターパート。今年は、短い髪にセンターパートを合わせるスタイルも多く見られました。子供っぽく見られがちばボブヘアを、ぐっと大人顔に見せてくれる前髪です。ちょっと垢抜けたいボブヘアの人は、ぜひトライしてみて。

ジェンダーレスブームはヘアにも取り入れて

ボーイッシュなショートにひねりを加えて

ボーイッシュになりがちなショートに、ストレートな部分とふわっとした内巻きをプラスする事で、男の子っぽい雰囲気と女性らしさを演出。ハンサムショートも人気だった今年。来年も引き続き、「男前ヘア」から目が離せません。

刈り上げることで、女らしさと今風をプラスしたヘア

思い切ってサイドと襟足に刈り上げをプラス。あえてトップを長く残すことで、首をすっきりと長く見せてくれて、女らしさがアップしています。なかなかオシャレ上級者な髪型ですが、マンネリしてきたショートさんが一気にイメチェンするにはオススメです。

春夏に絶対おすすめ「サーフヘア」

外国人風のゆるふわ感が決め手

開放的な季節に人気のヘアスタイルです。外国人風ヘアは、スタイル・色ともにまだまだ人気が続くでしょう。ゆるく巻き髪をつくることでゆるふわで自然に見えるのがポイント。きっちりしすぎると老けて見えてしまうので、前髪を無造作に流して自然な雰囲気に仕上げています。

明るい髪色と無造作なロングヘアで王道サーフガールに

明るいカラーを無造作にセットすることで、外国人らしい柔らかな質感をつくり出します。だらしなく見えないようにするポイントは、髪の毛のつや感。トリートメントなどでパサつきを抑えるとより女性らしくみえます。

トレンドを意識しつつ、どこな懐かしさが出るヘアが人気

2017年のトレンドヘアは、難しいアレンジをするのではなく、どこか懐かしさのあるヘアに一工夫を加えて今っぽさを出したものが多かったかも。来年も引き続きトレンドとなるかもしれないスタイルを、もう一度おさらいして2018年に備えましょう!

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧