ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.12.13

1067

手作りでもOK♡ヘアパックの正しい選び方&使い方を学ぼう!

カラーやパーマ、乾燥や不規則な生活などを繰り返す女性の髪は、枝毛や切れ毛などのヘアトラブルを起こしがち。普段のヘアケアだけでは改善できないダメージヘアには、定期的なスペシャルケアが必要です。今回は、自宅でできるお手軽スペシャルケアとして、ヘアパックをご紹介します!

”ヘアパック”ってなに?気になる役割と効果

そもそもヘアパックってどうやって使うの?

ダメージヘアの救世主として活躍する“ヘアパック”。基本的な使い方は、日々のシャンプーとコンディショナーの間にプラスするだけ!即効性のあるダメージ修復ケアが手軽に叶うところが人気です♪

ヘアパックの役割について知りたい!

ヘアパックとは、日々のヘアケアにプラスして使う集中ヘアケアアイテムです。使うのは、週に1~2回程度の頻度でOK。トリートメントと混同されがちですが、よりダメージケアに重点を置いています。

ヘアパックをするとどんな効果があるの?

ドライヤーの熱や摩擦などで傷ついたキューティクルを修復し、髪の内側までしっかりと潤いを浸透させてくれるヘアパック。使い続けることで乾燥によるパサつきが改善され、艶とコシのある美髪が手に入ります♡

髪質や好みに合ったヘアパックの選び方とは?

配合されている”成分”から選ぶ!

ヘアパックを選ぶのに最も重視したいのは”成分”の違い。潤い重視か、ダメージケア重視かによって、マッチする成分も変わってきます。もちろん、アレルギーの有無についてもチェックするようにしましょう!

気になる”髪の悩み”から選ぶ!

毛量が多い人には大容量タイプ、くせ毛に悩む人には海藻系ヘアパックと、商品によってターゲットとなるヘアタイプもさまざま。まずは、自分の髪質や抱える悩みを理解するところから始めましょう♪

“香り”や”テクスチャー”で選ぶ!

効果が出るかどうかももちろん大切ですが、香りやテクスチャーも自分好みのものを選びたいですよね!使うたびに癒されるヘアパックを選ぶことで、自然と日々のヘアケアが楽しくなってくるはずです♡

ヘアパックの効果を高める使い方とは?

しっかりと髪全体にいきわたるように♪

ヘアパックを効果的に使うには、しっかりと成分を髪全体にいきわたらせることが大事です!まずは、水気をしっかり切り、髪にヘアパックをもみ込みます。その後、粗めのコームでとかして、よりいきわたらせましょう。

蒸すと髪内部への浸透率が上がる!

ヘアパックをなじませた後に、蒸しタオルで髪を5分程度包む方法もおすすめ♪なるべくアツアツの状態のタオルを使うようにしましょう。まるでサロンのトリートメントのような仕上がりになります♡

ヘアパックは自宅で簡単に手作りできる!?

お家にあるもので手軽にヘアパック♡

ヘアパックは、市販のもの以外に、自宅にあるもので手軽につくれるのも魅力。多くは食品を使うため、髪の毛や頭皮に優しいのも嬉しいポイントです。髪の悩みに合わせて使う材料を選んでみましょう!

アミノ酸を多く含む“卵”は髪質に応じて使い分け!

手軽に手に入る卵は、髪に必要なタンパク源であるアミノ酸を多く含みます。基本的には全卵を使いますが、ダメージがひどいときは卵黄のみ、オイリーヘアは卵白のみと使い分けることができます。

保湿効果の高い”はちみつ”はパサパサヘアに♪

はちみつは、保湿効果の高い成分として有名ですよね。もちろん、髪の乾燥にも効果的です!それだけでなく、浸透力も高いため、髪の内側までしっかりと浸透し、艶のある髪の毛を叶えてくれます。

髪に艶を与える”オリーブオイル”はモデルも愛用♪

モデルにも愛用者の多いのがオリーブオイルを使ったヘアパックです。抗酸化作用のあるビタミンE、ポリフェノールなどの成分が、体内の活性酸素を撃退。パサつきがちな乾燥ヘアに艶を与えてくれます。

“お米のとぎ汁”は頭皮ケアにも効果あり!

平安とき代から続く優秀ヘアケアアイテムといえば、お米のとぎ汁!頭皮にたまった汗や皮脂、ニオイを除去してくれる効果があります。頭皮がスッキリすることで髪の毛もふわっと立ち上がり、気分も上がりますね♪

手作りの際に気をつけたいこととは?

手作りヘアパックはすぐに使い切る

食品が原材料で、防腐剤も含んでいない手作りヘアパックは、すぐに劣化してしまいます。長く放置すると腐敗することにもなるので、市販のものと違い、作ったらすぐに使い切るようにしましょう。

パッチテストを忘れずに

食品によってはまれにアレルギー反応を起こす場合があります。普段は口から摂取する食品ですが、皮膚に塗ることで刺激を感じることもあります。かぶれたり痒みを感じたりした場合は、すぐに使用をやめて、病院でみてもらいましょう!

髪の乾燥やダメージはヘアパックで撃退しよう!

保湿とダメージケアをスピーディに改善することに特化しているヘアパック。いつものヘアケアに満足できない人、ちょっと気分を変えてみたい人は、ぜひ試してみてくださいね♪

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧