更新日:2023.09.06
156886

【ボブ必見】ひとつ結びを極めよう♡毎日のスタイルから結婚式ヘアまで

ヘアアレンジの中でも、手軽ながらおしゃれなボブヘアのスタイル、ひとつ結び。たったゴム1本で簡単にできるこのアレンジに注目です!さらに、後れ毛の出し方もお教えします♪ ボブヘアを楽しくアレンジして、おしゃれを存分に楽しんでみましょう!

シンプルだけどおしゃれなボブのひとつ結びを徹底解剖

オフィスも休日もOK♪シンプルなひとつ結び

シンプルながら抜け感のあるひとつ結び。シンプルなスタイルにもニュアンスを加えるコツは、くずすこと。髪を結んだ後、あごと耳の上をつなぐ延長線上のトップの髪を上に引き出し、耳上の髪は横に流します。そして後れ毛も忘れずに残しましょう。オフィスでも休日でも活躍する、おしゃれなヘアアレンジです。 

簡単なくるりんぱからのひとつ結び

くるりんぱを使った簡単なアレンジです。フェイスラインに優しく残した後れ毛が、おしゃれな印象を演出します。トップの髪は軽くくずして、こなれた雰囲気を出すのがポイントです。気軽に試せるヘアスタイルで、素敵な印象を作り出しましょう。 

くるりんぱ&ねじりんぱでひとつ結び

サイドの髪とトップを避けて、残りの髪を半分に分けます。トップの髪を中心に下ろし、その上で残りの髪をくるりんぱします。サイドの髪はねじりんぱをしてから、残りの髪と一緒にひとつにまとめます。簡単なくるりんぱとねじりんぱを組み合わせて、おしゃれなひとつ結びを楽しんでみましょう! 

ストレートヘアのひとつ結び

まっすぐなストレートヘアを活かした、シンプルでおしゃれなひとつ結びスタイルです。フェイスラインの髪を自然なカールでアクセントをつければ、可愛らしさが一層引き立ちます♡ストレートヘアでも簡単に楽しめる、素敵なアレンジです! 

オールバックでひとつ結び

長めの前髪やワンレングスの方におすすめの、オールバックでのひとつ結びアレンジです。ウェットなスタイリングを取り入れて、知的で大人っぽい印象を演出できます。髪全体につけたスタイリング剤が余っている場合は、後れ毛にも軽くつけてみましょう。洗練された雰囲気が魅力的なヘアスタイルです。 

ひとつ結びをスタイリッシュに♪

センターパートでひとつ結び

センターパートの前髪をそのまま後ろに流し、モード感漂うひとつ結びスタイルに仕上げるアイデアです。たっぷり残した後れ毛が、色っぽく魅力的な印象を引き立てます♡ センターパートの自然な流れとスタイリッシュな結び方が、洗練された雰囲気を演出します。 

カラーで魅せるひとつ結び

春らしさ満点のベリーピンクカラーが、可憐なボブヘアに魅力をプラスします。ボブをひとつ結びにする際は、髪を柔らかくまとめてルーズな印象を意識しましょう。耳の上に軽くかかるように髪をほどいて、さりげないニュアンスをプラスするのがポイントです♪ 

ニュアンスたっぷりお団子ひとつ結び

リラックス感に溢れるお団子ひとつ結びです。まず、お団子を無造作に作ります。その後、トップの髪を大胆に引き上げてボリュームを出すことで、より立体感が生まれます。お団子のボリュームとトップのヘアを引き上げることで、自然な抜け感とリラックスした雰囲気が引き立ちます。カジュアルな日常の中でもおしゃれさをキープしたいときにぴったりです。 

インナーカラーを見せるひとつ結び

ひとつ結びにすると襟足の髪が残ってしまう場合、インナーカラーを見せるのがおしゃれなテクニック。トレンドのパープルのカラーで施したインナーカラーが、モードで洗練された印象のアレンジに仕上げてくれます。個性的なカラーリングが、ひとつ結びスタイルに魅力的なアクセントを与えます。 

無造作な感じが◎ボブのひとつ結び

前髪もまとめて無造作ひとつ結び

髪全体に軽いウェーブをプラスした後、前髪も一緒に束ねてラフに高い位置でひとつ結びにしましょう。最後にトップの髪に少し動きを出すことで、一気に華やかな印象に変わります。ハイライトが効いている場合、動きが際立つので、春夏にぴったりの爽やかなひとつ結びスタイルです。 

後れ毛でニュアンスを出したひとつ結び

ゆるやかなウェーブを髪全体につけた後、後れ毛をたっぷり残した無造作なひとつ結びを作ってみましょう。髪を結ぶ前にウェーブをつけておくことで、女性らしいしなやかな質感が際立ちます。後れ毛のアクセントが自然なニュアンスを演出して、おしゃれな印象に仕上がります。 

リラクシーなひとつ結び

髪の表面にカールを作るためにコテを使用し、ウェーブをつけた後、両サイドを軽くねじって髪をひとつにまとめるスタイルです。トップの髪も程よくねじっておくと、大人っぽいリラックス感ある印象が引き立ちます。自然な波の動きが魅力で、気軽でおしゃれな雰囲気が漂います。 

無造作なお団子ひとつ結び

ルーズなお団子ひとつ結びのスタイルで、後れ毛と一緒に長めの前髪を残しています。お団子をほぐすことで、柔らかなニュアンスが生まれます。前髪やフェイスライン、襟足の後れ毛は細く出すことで、現代的な印象を演出します。自然な無造作感が魅力で、こなれた雰囲気がおしゃれです。 

5分で完成♡おばさんにならないオシャレなひとつ結びのコツ

ヘアアレンジの中でも、ひとつ結びは特に手軽でお助けアイテム。でも、ちょっとしたコツを知らないと、手抜き風になったり、おばさんぽい印象になってしまうことも。そんな「おばさんぽさ」を避けるための、おしゃれで簡単なひとつ結びのテクニックをご紹介します!

ポニーフックで差をつける♡

ローポニーテールはシンプルで使いやすいアレンジですが、ポニーフックを使って結び目を隠すことで、さらにおしゃれ度がアップします。ポニーフックは様々なデザインがあるので、気分やコーディネートに合わせて選ぶのがおすすめ。そして、フェイスラインや襟足から細くて柔らかい後れ毛を取り出すことで、より女性らしい雰囲気を演出できます♡

シニヨンで大人の魅力を引き出す♡

シニヨンは、その名の通り「シニョン」のような上品さを持ちつつ、少しラフな雰囲気も楽しめるスタイル。特に湿気の多い日や雨の日には、髪が広がりにくく、しっかりとまとまるのが大きなポイント。シルエットが綺麗に出るので、大人の女性にぴったり。シニヨン一つで、普段のスタイルに新しい風を取り入れて、さらに女性らしさをアップさせましょう♡

スカーフでターバン風に♡今年のトレンドを取り入れて

スカーフをターバン風に巻くスタイルは、今年のトレンドとして注目されています。特に、コテで軽やかに巻いたボブヘアをルーズに結ぶと、さらにオシャレ感が増します。スカーフのデザインや色をコーディネートに合わせて選ぶことで、自分らしいスタイルを演出できるのが魅力。シンプルなヘアスタイルも、スカーフのアクセントで一気に華やかに変身させることができますよ♡

結婚式のお呼ばれヘアに♡ボブのひとつ結び

ルーズなローポニーテール

髪をしっかりとコテで巻いた後にまとめたローポニーテール。前髪も巻いて軽やかさをプラスすることで、トレンド感とおしゃれさが際立ちます。結婚式やお呼ばれの場にぴったりなヘアスタイルです。特別な日には、華やかな髪飾りをアクセントとして加えることで、より一層の華やかさを演出できます。会場で目を引くエレガントなルックを楽しんでみてください。 

無造作お団子ヘアでニュアンスを

高めの位置でお団子を作りながら、襟足を自然に残したアレンジです。お団子はゆるくまとめて、こなれた雰囲気を出すのがポイント。さらに襟足にはゆるやかな巻き髪をプラスすることで、女性らしい優雅な印象をアップさせることができます。ルーズで自然なスタイルで、おしゃれなニュアンスを演出してみましょう♡ 

ツイスト&ゴールドピンのひとつ結び

耳上の両サイドの髪をツイスト編みして、残りの髪と一つにまとめたスタイルです。ツイストした部分にはゴールドピンを使って華やかさをプラスしてみましょう。簡単な手順で、おしゃれで特別な雰囲気のヘアスタイルが完成します♪ 

ほつれ感が女っぽいひとつ結び

後れ毛をほんのりほつれさせた、今っぽいひとつ結びヘアスタイルです。ウェットな質感を出すために後れ毛を細かく仕分けてスタイリングすると、自然なエフォートレスな印象が演出されます。大人のパーティーにもぴったりの特別なヘアアレンジです♪ 

ショートボブでも印象が変わるひとつ結び

短いショートボブでもひとつ結びで印象がガラリと変わります。透明ゴムを使って、ポニーテールの毛先を2箇所追加でランダムに結ぶだけでOK。最後には鉄板のほぐしと後れ毛をちょい足しして、こなれ感をプラスしましょう。おしゃれな華やかさを手軽に楽しめるヘアアレンジです♪ 

ボブのひとつ結びで今っぽスタイルに♡

ひとつ結びにちょっとしたテクニックをプラスするだけで、今っぽいおしゃれなスタイルが完成します。大切なのは髪の質感とニュアンス。ルーズなくずしテクや後れ毛の使い方をマスターして、こなれ感たっぷりのボブのひとつ結びを楽しんでみましょう。日常のアレンジがさらに広がり、自分らしいヘアスタイルを楽しめます。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事