ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2020.01.31

13185

Wカラーなら理想の髪色にチェンジ可能!ヘアカラー例も10選ご紹介

透明感のある髪色を目指すなら、Wカラーがおすすめ。通常のカラーよりも発色がいいため、理想通りの髪色になりやすいです。そこで今回は、Wカラーの特徴や取り入れる際のポイント、ヘアカラー例をご紹介します。

ダブルカラーとは?

ダブルカラーの特徴

ダブルカラーとは、ブリーチで髪の色を抜いた後にカラーリングする方法のことです。一度脱色を行うことによって、鮮やかな発色を実現します。好みの色味をそのまま再現できるほか、透明感を演出することも可能です。

ダブルカラーと通常のヘアカラーの違い

両者の大きな違いは、発色の良さです。日本人の髪は赤っぽいことが多く、上から色を重ねるとイメージとは違ったカラーになることも。しかし、ダブルカラーは脱色して白紙状態になった髪に色を入れるため、カラー剤本来の色味を引き出せます。

ダブルカラーのメリット

ダブルカラー最大のメリットは、理想通りの色味を出せるところでしょう。通常カラーでは毛質や状態によって出てくる色味が異なり、思い通りにならないこともしばしば。しかし、発色がいいダブルカラーならイメージ通りのヘアカラーが叶います。

ダブルカラーのデメリット

ダブルカラーで使用するブリーチは、色素に加えて栄養素まで抜いてしまいます。そのため、通常カラーよりも色落ちが早くて髪への負担も大きいです。ただ、定期的にケアすることで、ダメージや色落ちを軽減できます。

ダブルカラーをするときのポイント

髪のダメージに注意!

ダブルカラーは髪へのダメージが大きいからこそ、毎日のヘアケアが大切。また、美容院によってはダメージを最小限に抑えるブリーチを導入しています。プロの人に施術してもらい、できるだけ髪へのダメージを小さくしましょう。

色落ちしやすいため濃いめの色を入れる

ダブルカラーは色が落ちやすいため、理想の髪色よりも濃いめに入れてもらいましょう。とくに明るめのカラーは、色落ちのペースが早いので要注意。仕上がってすぐは暗めに感じますが、髪を洗うたびに色落ちして数日後には理想の髪色が完成します。

ダブルカラーでつくるヘアカラー例10選

グレージュ

今流行りのグレージュカラーは、ダブルカラーで仕上げることによって透明感がアップします。また、プラスでハイライトを入れれば立体感のあるスタイルに。動きのあるヘアや色素薄い系を目指している人におすすめです。

ピンクブラウン

フェミニンな印象が強いピンクブラウン。ダブルカラーで一旦脱色することにより、通常カラーでは難しいピンクの色味を前面に押し出せます。定番ブラウンにアクセントを加えたいという人におすすめです。

アッシュグレー

ハイトーンカラー アッシュグレー セミロング ナチュラル ヘアスタイルや髪型の写真・画像
坂本高秀予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

濃いめのアッシュグレーで、ほどよい抜け感を演出。アッシュの中でも暗い色味となっているため、落ち着きのある大人な雰囲気が魅力です。学校や職場で明るめのカラーができないという人におすすめです。

アッシュベージュ

ハイトーンのアッシュベージュは、ダブルカラーだからこそ実現できる髪色。くすみのあるニュアンスカラーで外国人風に仕上がります。イメチェンしたい、クールな雰囲気になってみたいという人におすすめです。

バイオレット系

深みのあるバイオレット系は、都会的でモードな印象。個性派ですが、ピンクやラベンダーなどをプラスすることで女性的な柔らかい雰囲気に。また、丸みのあるボブに合わせて甘々なスタイルに仕上げることもできます。

ミルクティーベージュ

まるでミルクティーのような柔らかい質感を演出できるのは、ダブルカラーならでは。ガーリーな雰囲気があり、優し気な印象を与えます。とくにロングやミディアムなどのウェーブヘアと相性抜群です。

ブロンド/金髪

ブロンド・金髪は、シンプルなファッションに映えるクールなヘアスタイル。通常カラーだとオレンジっぽくなりがちですが、ダブルカラーなら外国人風の綺麗な色味が叶います。個性派がお好きな人におすすめ。

ダブルカラーでハイライトを入れる

ダブルカラーにハイライトを入れて、髪の毛に動きをつけるのもおすすめです。立体感が生まれ、いつものヘアアレンジにアクセントをプラスしてくれます。また、グレージュのような暗い色味でも、抜け感を演出できるところが魅力。

ダブルカラーでグラデーションカラーも◎

ダブルカラーで個性を出したい人は、グラデーションカラーを取り入れるのがおすすめです。根元から毛先にかけて徐々にグラデーションをつくっていくため、コントラストの強い色味でもチョイスしやすいですよ。

ダブルカラーでインナーカラーもOK!

発色の良さが自慢のダブルカラーは、インナーカラーに取り入れてもしっかり存在感を発揮してくれます。動くたびにカラーがチラ見えする、さりげないおしゃれが魅力。あまり派手なカラーリングができない人におすすめです。

ダブルカラーで発色の良いカラーを楽しんでみて!

ダブルカラーは、鮮やかな発色や通常カラーでは再現しづらい透明感が魅力。理想の髪色になっておしゃれを楽しみましょう。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧