ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2020.05.26

488

似合う長さがわからない人必見♡自分スタイルを探す5つの方法

髪型を変えたいけど、自分に似合う長さがわからないという経験ありませんか?今回は、Lano by HAIR(ラノバイヘアー)宇野 智祐(ウノトモヒロ)さんに髪の長さを考えるときに役立つ5つの方法をご紹介します。

似合う長さはどうやって探す?

似ていると言われる芸能人などから探す

(宇野さんのコメント)
これはとても簡単な方法です。骨格などお顔のパーツが似ている人。骨格やパーツによって似合うスタイルが異なります。
似ていると言われる芸能人がいる場合マネをする事から始めると見つけやすいと思いますよ!

 

ヘアカタログなどを活用する

(宇野さんのコメント)
美容室に行く前にやりたいスタイルを探す人が多いと思います。
ヘアカタログなどを使って、自分のイメージにあったものを探してみるのもいいでしょう。

 

毛量から考える

(宇野さんのコメント)
極端な話、薄毛でスーパーロングを想像してください。
髪が薄いとボリュームが必要になってきます。ボリュームを出す為には短い方が毛が立ち上がりボリュームが出ます。
ご自分の髪質等も考慮して似合う長さを探しましょう。

 

美容師に相談する

(宇野さんのコメント)
これが1番早い方法です。
まずは、やりたい髪と似合う長さが分からないと伝えると色々教えてくれます。カウンセリングの際、相談をしながら似合うスタイルを探していきましょう。

 

コンプレックスをカバーする

(宇野さんのコメント)
似合う髪と言うよりも、自分のコンプレックをカバーする方法です。
お顔で見せたい所見せたくない所を消去法で出していくことによってカバーリングをするため、長さが変わってきます。これで長さを決めていくのも◎。

 

いろんな方法で自分に似合うスタイルを探してみよう♪

今回、記事にご協力いただいた美容師さんは↓コチラ↓

■スタイリスト歴:7年

宇野 智祐さんの強み
☑顔のパーツを見た似合わせヘアの提案
☑骨格に合わせたカット
☑ミニボブが得意

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧