更新日:2021.05.17
53300

【2021年進化し続けるウルフカット】ネオの次はエモ?最新トレンドを美容師が解説

おしゃれ女子からのオーダーが止まらないウルフカットは、昨年から引き続き2021年も人気継続の予感!そんなウルフカットをもっと今っぽくアップデートするコツとは?モデルからも支持されるトップ美容師さんに、今推しているスタイルからスタイリング方法まで教えていただきました。

2021年、ウルフカットが人気すぎる!

ネオウルフの次は…?今年もどんどん進化しそう!

width='399'

ウルフカットのブームが再来!

従来のウルフよりふんわりとした女性らしい「ネオウルフ」と呼ばれるスタイルが台頭していましたが、今年もどんどん進化していきそう。

一体どんなウルフが流行りそうか、東京・表参道で活躍するトップ美容師さんに聞いてみました!

 

今回お話を伺ったスタイリスト、サチコさん

width='399'

お名前:サチコさん

スタイリスト歴:10年以上

プロフィール:トレンドと感度の高い独自のエッセンスを融合させたスタイルで人気のフリーランス美容師。雰囲気やバランスを見つつその人に合った似合わせヘアを作るのが得意で、モデルやインフルエンサーなどの著名人も指名するほど。

   

トップ美容師が解説!これからは「エモウルフ」の時代♡

「エモウルフ」ってどんな髪型?

width='399'

「毎日オーダーがあるほど人気のウルフカットですが、今、私が提案しているのが『エモウルフ』。

レトロな海外女優さんやモデルからインスピレーションを受けたスタイルなんですが、

ウェイトを置く位置も高すぎず、少したぷっとした重さのある女性らしいウルフです」

 

ウルフ感をもう少し強調したい場合は?

width='399'

「エモウルフは上部の段とすそをレイヤーで繋げるようにカットしていないのですが、

スタイリングし終わったあと、トップを残して耳掛けするとよりウルフ感が増す仕組みに。

簡単に顔周りが短いスタイルも楽しめる2WAYになっています」

 

「エモウルフ」はどんなファッションに合う?

width='399'

「昔のウルフはかっこいい印象でしたが、ファッションの系統を選ばないのがエモウルフの特徴だと思います。

落ち着いたファッションはもちろん、ガーリーな服にもハマりますよ」

 

大人女子でもウルフカットは取り入れやすい? 

width='399'

「10代・20代〜から40・50代まで、幅広い年齢層の方から人気なのもポイント。 

レイヤースタイルなので大人女性も取り入れやすく、

髪の長さがあれば、肩の位置でハネて自然にニュアンスが出るので『スタイリングが楽!』という声も」

 

どんなレングスでもウルフカットにできる?

width='399'

「ウルフカットはボブ〜ロングとさまざまなレングスで楽しめますが、髪が短すぎると難しい場合もあるのでご相談を。

耳後ろの髪の長さがある程度あるボブなら、飽きてきたときに顔周りをエモウルフっぽくカットしてスタイルチェンジしたり、

伸ばしかけの髪に取り入れたりする方もいらっしゃいますよ」

   

「エモウルフ」には前髪あり・なしどっちが合う?

ウルフカットにぴったりな前髪は?

width='399'

「前髪あり・なし、どちらも似合うのがエモウルフ。

どちらかというと前髪ありより、なしの方が大人っぽくキマりやすいですね。

迷っている方は薄めに前髪を作ってダブルバングにしたりと色々遊べますよ」

   

「エモウルフ」の小顔効果がハンパじゃない♡

顔型別に似合うウルフの形があったりする?

width='399'

「前髪ありでもなしでも、ナチュラルにサイドへつながるようにカットしています。

すると顔の内側のラインがひし形になるので、顔のバランスも良く見えますし小顔効果も抜群。

顔型も選びませんし、誰でも挑戦しやすいテクニックです」

   

今どき感がUPするヘアカラーとスタイリング方法は?

どんなヘアカラーと組み合わせるのが今っぽい?

width='399'

「前髪のインナーカラーや、顔周りをマッシュっぽく切ってから入れるフェイスフレーミングカラーとも相性が良いです。

どちらもポイントはコントラストが効きすぎないよう、さりげなく入れること。

全体に細いハイライトをたくさん入れて外人風にされる方も多いですね。

全体をカラーするなら、最近はとろみベージュ系。

アッシュにピンクやラベンダーをプラスしてみたり、柔らかくて透明感のあるベージュに仕上げています」

 

ウルフのスタイリングって難しい?

width='399'

「最近は作り込んでいないスタイルを求めている方が多いですね。

もちろん巻いても可愛いんですが、寝癖のままくらいがちょうど良い。

朝起きた時のクセは生かしつつ、毛先にだけコテで熱を通してあげる感覚で十分かもしれません。

少しぼさっとしてラフな方が、こなれ感が出るんです」

  

「コテでしっかり巻くとしても、平巻きの動きだけでOKなのでとても簡単。

私の場合、トップの髪の段が後ろに向かって低くなっていくようカットしているので、

その段を全部前の方に持ってきてまとめて一気に巻くと、綺麗に後ろへ繋がるぷりんとしたカールが入り、後ろ姿も女性らしいフォルムに。

あとは顔周りと毛先を外ハネに巻けば完成です。

コテの太さは髪が短ければ26mm、長さがあれば36mmが良さそう。

不慣れで長めにコテを髪にあてる方は温度を低めに、ササッと巻くなら180度くらいに設定を」

 

ウルフのスタイリング剤は何が最適?

width='399'

「毛束のパラパラッとした感じを出せるので、スタイリングにはオイルがおすすめです。

すその内側から先につけ、手に残ったオイルを全体の表面と前髪に。

トップのふんわり感は残したいので、上からつけるのはNG。

コテで巻かずにそのままオイルだけでもサマになります。まさにズボラさんにぴったりな髪型なんですよね」

 

美容師が推す!ウルフ向けスタイリングオイル

 ①once Moisuture Oil (モイスチャーオイル)

width='399'

リッチなツヤ感と柔らかな質感が手に入るonceのオイル。

ベタつきにくく少量でもしっかりまとまるので、スタイリングにはもちろんアウトバストリートメントとしても使用できるのがポイント。

 

ナプラ エヌドット N. シアオイル

width='399'

保湿成分が髪の芯からみずみずしい健やかな髪へと導くN.のシアオイル。

サラッと軽いテクスチャーなので、オイルのベタつきが苦手な人でも使いやすい。

 

「ウルフの場合、動きを出したいのでスタイリングに使うオイルは、ウェット感が出つつも軽いつけ心地のものが◎。

onceとN.のほかに、mm(ミリ)のオイルも良いですよ。

どれも重たくならないので、3プッシュくらい思い切ってつけてもOKです!」

  

【レングス別】HAIRおすすめウルフカットカタログ

【ボブ】ナチュラルウルフ

ここからはHAIRおすすめのウルフカットスタイルをご紹介♪

まずは毛先を軽くワンカールさせたナチュラルなスタイル。王道となったボブもウルフカットで今どき仕様に変身します。

 

【ボブ】ラフな外ハネウルフ

ラフなスタイリングが好感度大のウルフ。外ハネカールの簡単スタイリングでもキマる。

 

【ミディアム】大人可愛いマッシュウルフ

マッシュの丸みで可愛さをプラス。洗練された愛らしい女性に。

 

【ミディアム】束感ウルフ

束感を出してウルフっぽさを強調。眉上バングでワンランク上のおしゃれさんに。

 

【セミロング】無造作パーマウルフ

周りと差をつけたいこだわりガールにはパーマがおすすめ。しっかりとした無造作カールが個性を発揮。

 

【セミロング】ナチュ巻きウルフ

自然なカールで大人仕様に。耳掛けすることでさらに軽い印象に。

 

【ロング】あえてストレートを楽しむウルフ

レイヤーがたっぷりはいっているので、ストレートでも動きがでるウルフ。 大人っぽくて少しクールな印象に。

 

【ロング】黒髪でもあか抜け!

黒髪もウルフカットで一気にあか抜け。重たくなりがちなロングもレイヤーで軽さを演出。

 

レイヤーが映える!ウルフカットのちょいヘアアレンジ

レイヤーを生かしたニュアンシーアップ

まとめ髪に欠かせない後れ毛を出しやすいから、ウルフはアレンジにぴったり♡

 

+カチューシャで即甘めに♡

外ハネボブのウルフにカチューシャをプラスするだけで、グッとフェミニンな雰囲気に。

 

ウェーブとも相性GOOD!

ウェーブを生かしたたまねぎヘアに。ウフルはレイヤーが入っている分、コテで動きがだしやすいんです。

 

後れ毛を出して♪ゆるっとポニー

後れ毛を効かせたローポニースタイル。ゆるっとしたおしゃれ感がたまりません♡

  

 

スタイリスト・サチコさんのプロフィール

所属美容院:フリーランス

Instagram:@sachiko01271225

 

 

取材・ライティング

ライター:片岡愛

経歴:女性誌からキャリアをスタートさせ、現在は雑誌からWEBにいたるまでさまざまなジャンルの編集・ライティングを担当。

自己紹介:コンサバからギャル、韓国系までジャンル限らずトレンドを日々収集中。気になったことはひたすら調べ上げる好奇心高めのミーハー気質。

 

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事