ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.06.23

520

どこから見てもカッコいい!男っぽい刈上げ系スタイルが話題です

群馬県高崎市でフリーランスで活躍している加藤尚也さんは、メンズカット・フェードスタイルが得意なメンズ支持率No.1のスタイリストさんです。特に男っぽい無骨なスタイルや、バリカンを使った刈上げスタイルに定評があり、どこから見てもカッコ良く仕上げてくれると話題です!

加藤さんの得意スタイルは?

スキンフェード

スキンフェードで刈り上げた、男臭い無骨な感じのスタイルも人気です!
お客様の骨格なども意識して刈り上げてます◎


  

加藤さんってどんなスタイリスト?

■スタイリスト名:加藤尚也
■サロン名:フリーランス Reve Clan
住所:〒370-1213 群馬県高崎市山名町263−7
電話番号:027-329-6222
■インスタグラム:@kt_naoya91

 

影の努力が実を結んだ学生時代

Q:加藤さんがスタイリストになったきっかけを教えてください。
A:高校の時、バスケ部員の髪の毛を坊主にしてて、楽しかったからです。
当時部活が厳しくて、赤点とったり持久走大会で30位以内にならなければ、みんな坊主にしなきゃいけなくて。それで、たまたま自分の家にバリカンがあったので、みんなのものをやってあげてたら、それが楽しかったんですよね。あと、母親が元美容師だったので、美容師に抵抗はありませんでした。

 
Q:どんな学生時代を送ってましたか?
A:授業中は寝て、休み時間はたくさん遊びました。笑
努力を見られるのが嫌いで、放課後残って練習するのがかっこ悪いと思っていたので、家に持ち帰ってやっていました。試験の時には上位に名前があることが多々あり、何で練習しないのに上位なの?と聞かれるのが面白かったですね。
学校の上位5位が関東選抜に選ばれるんですけど、それにも入っていました。それでも影で練習する日々を続けていたら、全国大会にもいくことができました

 


ひし形を意識してカットしたパーマスタイルは、どこから見てもカッコいい◎

 

いろいろ経験して感じた美容師の魅力

Q:美容師になってからの変遷を教えてください。
A:アシスタント時代は、自分のことで精一杯だったり上の人に言われたことをやっていただけですが、スタイリストになりたくさんのお客さんやスタッフに関わるようになって、周りのことにまで視野を向けられるようになったら、「どうしたら相手が喜んでくれるか」そこまで考えられるようになりました
 

学校で卒業をしてから東京で働いていましたが、1店舗目は朝6時から夜1時までやっていたので体力的にも厳しかったですね(笑)。2店舗目は優しい良いお店でしたが、もっと若い人を担当したいという想いから3店舗目に移りました。

でもそこがとても厳しくて、自分は美容師に向いていないのでは…と思い、地元群馬に帰りパチンコ屋で働いていました。でも、やっぱり美容師に戻りたくなって、もう一度東京に戻り美容師復帰した後、群馬に戻ってきました。人とのつながりを感じられるのが美容師の魅力だと思います。

 

0mmから始まるスキンフェードでトップにメッシュ入れて動きを出したスタイル。


  

美容室プラスアルファのお店をやりたい!

Q:今後やりたいことはありますか?
A:将来は自分でお店を持ってみたいですね!その時は、美容室だけでなくプラスアルファで何かできたらいいなと思ってます。今もバスケやジムに通っているので、美容室兼ジムとかカフェを併設したり、アパレルをしたりもしたいです。
友人やお客様も含めもとの繋がりからいろんな人を繋げてもらっていたりするので、そういう人たちと何かできたらいいですね。

 

From:加藤尚也/フリーランス Reve Clan

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧