ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.08.12

259

デザインカラー支持率No.1!バレイヤージュや白髪ぼかしハイライトまで多彩な技術が自慢◎

東京都調布市布田にある「MODE K's 調布店(モードケイズ)」で活躍されている「ナガイ カズキさん」。ブリーチで叶う様々なカラー技術で支持されているナガイさん!そんなナガイに今回インタビューさせていただきました♪

ナガイさんの得意スタイルは?

ホワイトミルクティーベージュ

誰もが憧れるホワイト系の中でも親しみやすいホワイトミルクティーベージュ!自分に自信とモチベーションをくれるカラーです!

ポイントはダメージの最小限!多くの美容師が謳っているこのワードですが、僕も選りすぐりの薬剤とコントロールで最小限を実現しています!



ホワイトバレイヤージュ

コントラスト抜群のホワイトバレイヤージュです!このカラーは僕一人では難しく、お客様にもご協力いただき、月に1~2回ほど通っていただきながら育てていくカラーです!まさに努力の結晶といった感じですね!

ポイントはすべて「エアタッチ」で行っています!なので【リタッチ】が可能!様々な美容師がいて、たとえきれいでもやったらやりっぱなしという美容師も少なくない。僕は将来の事も考え、廃ることなくいつまでも美しくいられるスタイルを作ることにこだわっています!



インナーカラー

デザインカラーのうち最も親しみやすく誰でも出来るのってなに?と聞かれたら間違いなくインナーカラーだと言えます!

ポイントは【色合わせ】です!カウンセリングに重きをおいていて、インナーカラーはある程度その人とお話をして、その人のマインドや普段の服装をお聞きしてから色を決めるよう心がけていますので、「髪だけ浮いちゃわない、あくまでその方を引き立たせるためのインナーカラー」をモットーにデザインしています!



ナガイさんってどんなスタイリスト?

■スタイリスト名:ナガイ カズキ
■サロン名:MODE K's 調布店(モードケイズ)
■住所:東京都調布市布田4-19-10 桐畠ビル3F
■電話番号:042-444-8245
■インスタグラム:@kazuki_n.afro



ある経験から思った美容師としての道

Q:ナガイさんがスタイリストになったきっかけを教えてください。

A:中学高校と自分のクセ毛がきっかけでいじめを受けてました。

かなり暗い思春期を過ごしていて、人間不信すれすれの状態だったときに、

「こんな思いをして人生の一番大事な時期を台無しにする人を一人でも無くしたい!」

と思い、様々な仕事を探した結果、この仕事を選びました。



ワインディングに熱中した学生生活

Q:どんな学生時代を送ってましたか?

A:友達は小学校まではいて、中学高校は人と関わるのが怖くてかなりの陰キャラでしたね(笑)
くせ毛も相まって汚物扱いでした…。休みの日も友達と遊びに行くことも出来ず、部活動とゲームだけが憩いの場でした…。

専門学校時代はワインディングを専攻してやってました!(ちまちました作業が大好きでしたねw)
学校が国家試験に受かることに特化していたため大会などはなかったですが、その中でも、唯一ワインディングの大会には出させてもらう事ができたので、熱中した学生生活を過ごしていました!



東京での美容師人生を勝ち取った今

Q:美容師になってからの変遷を教えてください。

A:モードケイズに入社し、広島から東京に上京しました。

1年目に調布店に配属

2年目で人事移動で国分寺店に配属

3年目で人事移動で調布店に配属

3年目の11月カラーリストデビュー

4年目の春、スタイリストデビュー

4年目最高売上95万

現在は5年目になります。



「発信者」になるために…

Q:今後について教えてください。

A:自分の夢があまりにも抽象的過ぎるのですが、1番近いのは「発信者」になることですかね。

今の時代ならyoutubeやTik Tokとかですが、近い未来にはまた別の媒体が生まれるのではないかと思っています。
そのためにもまずは、ある程度の「知名度」「環境」「資金」「知識」必要とやることはたくさんあります!

ですが、若い頃描いた志を諦めたくはないので、これからも頑張り続ける所存です!



From:ナガイ カズキ/MODE K's 調布店(モードケイズ)

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧