ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

位置情報の利用に同意しますか?

同意しない
同意する
thumbnail

2020.09.26

22547

黒髪を初めて染めるなら!会社&学校OKなダークブラウンで垢抜け

黒髪を初めて染める人には、ナチュラルに垢抜けられるダークブラウンがおすすめ。ここではダークブラウンカラーの種類や色落ちを防ぐコツ、手軽に購入できるホームケアアイテムなどをご紹介します。

初染めの黒髪にはダークブラウンが◎!メリットとオーダー方法

ダークブラウンカラーにはメリットがいっぱい♡

職場や学校など、規則が厳しい中でのカラーチェンジならダークブラウンがおすすめ。黒髪で重めだった印象から、どこか垢抜けた印象をもたらしてくれます。ハイトーンに比べ色落ちもしにくく、髪質も綺麗に見えますよ。

美容師さんに伝えるときのポイントは?

初めてのヘアカラーで失敗しないコツは、希望のスタイル画像を持参すること。初対面の美容師さんに、言葉だけで理想を伝えるのは至難の技。イメージに行き違いが起こらないよう、画像とともに要望を伝えるのがベターです。

初めて髪を染めるときの注意点

初めて髪を染める前に知っておきたいのは、黒髪からいきなり明るいトーンにするのは難しいということ。キューティクルが健康でしっかりしているため色素が入りにくいんです。だからこそダークブラウンといった暗めの色からスタートしてみるのが吉!

あなたはどっち?暖色or寒色ダークブラウン

ナチュラル重視なら暖色系ダークブラウン

光に当たったらほんのりブラウンがかって見える、暖色系ダークブラウン。
肌馴染みもよく、室内だと暗い色に見えるので会社などでも派手になりすぎません。

外国人風に見せたいなら寒色系ダークブラウン

外国人のような透明感のある髪色に憧れるなら、寒色系ダークブラウンをオーダー。
黒髪を活かした、ナチュラルな抜け感を演出できます。

ダークブラウン、少しでも色落ちを防ぐには?

色落ちを防ぐカギは「保湿」にアリ「エヌドット N. シアオイル(150ml)」

色落ちの大きな原因は、ドライヤーやアイロンなどの熱ダメージ。
キューティクルが開いてしまうため、髪の内側からカラーが流れ出てしまいます。
オイルやミルクなどで保湿をして、髪をしっかりコーティングしましょう。

カラーシャンプーで色味を継続「ナプラ napla N. エヌドット カラーシャンプー Pu(パープル)320mL&トリートメント300g セット」

ヘアカラーシャンプーとは1〜2週間かけて、専用のシャンプーを使うことで髪が染められるもの。
日々使い続けることで、理想のカラーが長持ちしますよ。

ダークブラウンを垢抜けて見せるテクニック!

シースルーバングなら暗い印象にならない!

大人かわいい 束感バング ゆるふわ シースルーバング ヘアスタイルや髪型の写真・画像

暗めトーン&厚め前髪だと、なんとなく暗く重たい雰囲気になってしまいがち。
自然な抜け感のあるシースルーバングにすることで、断然今っぽい印象になれますよ。

スタイリングは巻き髪やパーマでふんわり軽やかに

ゆるっと抜け感のありパーマや巻き髪アレンジなら、女性らしい柔らかな印象に仕上がります。巻いたあとは毛束をしっかりほぐしてあげると、一層空気感のあるふんわりとした仕上がりに。

+アレンジにはオイルでウェットな質感を

無造作ヘア ウェットヘア 大人可愛い 大人カジュアル ヘアスタイルや髪型の写真・画像

スタイリングの仕上げには、オイルなどを使ってウェットヘア風に仕上げるのもおすすめです。
ダウンヘアはもちろん、ポニーテールをした時のニュアンスもオシャレな雰囲気になります。

普通なだけじゃものたりない!+カラーで個性を極める

細かいハイライトで立体感をオン!

ダブルカラー ハイトーン 外国人風 ナチュラル ヘアスタイルや髪型の写真・画像

ベースカラーが暗ければ、細かいハイライトを入れても意外と派手になりすぎません。
立体感がでるので、無造作なスタイリングでもスタイリッシュに仕上がります。

遊び心いっぱいなインナーカラーもGOOD

ナチュラル インナーカラーグレージュ ミルクティーベージュ ブラウンベージュ ヘアスタイルや髪型の写真・画像

さりげなく個性を主張したいなら、インナーカラーにお好みの色を忍ばせて。
ダークブラウンならどんな色とも相性がよく、毛先を巻くとまた違った表情になるのも楽しいですよ。

黒髪からダークブラウンに染めて自然にイメチェン♡

黒髪さんの初めてのカラーにおすすめなダークブラウンについて紹介しました。
自毛の黒髪は貴重ですが、染めることで新しい自分に出会えて、気分も変わります。
本記事のスタイル例を参考に、ヘアカラーデビューしてみましょう!

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧