HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

thumbnail

2018.10.16

1429

肌の5大不調別!夏を過ごしたお疲れ肌におすすめのスキンケア法

夏は紫外線や冷房、崩れにくいメイクなどで肌がダメージを溜める季節です。秋になったら、肌に溜まったダメージをリセットするスキンケアが必要です。肌トラブルに合わせたスキンケアで、夏お疲れ肌をケアしましょう!

夏の終わりのニキビにはどんなケアが必要?

ニキビは皮脂やメイク汚れの皮脂詰まりが原因

冷房や紫外線を浴びた肌は潤い不足。潤い補給のために皮脂分泌が過剰になり、さらにターンオーバーの乱れで毛穴が詰まりやすくなります。

クレンジングを肌刺激の少ないものにチェンジ

基本の保湿ケアはもちろん大事ですが、見直すべきは洗顔です。中でもクレンジングは洗浄力の強い石油系界面活性剤配合のものは避けましょう。できるだけ無添加で洗い上がりがやさしいものを選びましょう。

皮脂のテカリは放置すると黒ずみに?

冷房による乾燥がテカリの原因になる

乾燥で皮脂分泌が盛んになると、日中のテカリでメイクが崩れやすくなります。あぶらとり紙やティッシュで脂を取ると、余計に乾燥してしまうのでNGです。

保水力の高い化粧水でたっぷり水分チャージ

保水力の高い化粧水で水分をじっくり補給。イプサの化粧水は、水分を与えながら肌本来の保湿力をサポートし、内側から潤うように働きかけます。

赤みや肌荒れは肌が刺激に弱くなっているサイン

生活習慣や食生活の乱れが肌に現れる?

赤みや肌荒れは肌のバリア機能が低下し、肌が刺激に弱くなっているサインです。睡眠時間が短かったり、食事の栄養バランスが偏ったりしていませんか?肌にストレスが溜まると、余計に肌が弱くなってしまいます。

敏感肌専用スキンケアコスメに切り替えて

肌荒れの炎症を抑える成分、グリチルリチン酸ジカリウム配合の敏感肌専用コスメを使いましょう。刺激を抑えながら、有効成分による肌荒れ予防やお疲れ肌のケアができます。

乾燥、くすみは潤い不足を補うスキンケア

乾燥によるくすみは保湿不足が原因!

どんよりくすみ肌の原因も乾燥!夏に受けた乾燥ダメージは、さまざまな肌トラブルの原因になるのです。朝晩じっくりと保湿ケアを行い、そして摩擦刺激を与えないようにやさしくマッサージしましょう。

美容オイルでキメを整えてツヤ肌復活!

乾燥でキメが荒くなった肌にも、スッと浸透するオイル。アルガンオイルやシアバターなど、植物性オイルは肌馴染みが良く保湿力抜群です。マッサージに使うとなめらかで摩擦刺激を防ぐことができます。

ハリ不足は肌のエイジングが進んでいるサインかも?

ハリ不足の原因は肌の糖化や乾燥

ハリ不足は肌のセラミド不足や加齢による糖化が原因かもしれません。セラミドは化粧品で補給できる成分なので、セラミド配合の美容液でしっかり肌を保湿しましょう。

セラミド配合美容液で肌の保湿成分をサポート

エトヴォスのセラミド美容液のように、セラミドは美容液で取り入れると比較的早く保湿効果が現れます。美容液は他のコスメより成分濃度が高いからです。疲れた肌に刺激を与えないように、低刺激性のものを選びましょう。

肌のダメージをリセット!肌を回復させるスキンケア

ダメージを引きずったままでは、秋冬の激しい乾燥に肌が耐えられなくなります。秋の間に夏のダメージをリセットして、ふっくら潤い肌を取り戻しましょう!コスメはもちろんですが、じっくり丁寧に時間をかけてケアをしてくださいね。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧