HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアスタイル

くせ毛にパーマはあり!?失敗しないくせ毛さん向け取扱い説明書

くせ毛に悩んでいる多くの女性は、縮毛矯正やストレートパーマを選ぼうとしていると思います。では、パーマでくせ毛を生かしたスタイルにするのはどうなのかどうなのか、知りたくありませんか?今回はそんなくせ毛×パーマについてご紹介していきます。

実は相性のいいくせ毛とパーマ!

くせ毛とパーマが相性のいい理由とは?

くせ毛は髪の根元から現れ、縮毛矯正しても伸びれば必ず気になります。パーマはくせ毛を使って自分らしい髪型にできるので、伸びてもストレスフリー!

パーマでもまとまりはつくれる!

くせ毛の難点は、まとまりにくいところ。でも、毛先と同じ流れのパーマをかければ髪型にまとまりをつくれるのです。

くせ毛を生かしてナチュラルに仕上げられる!

縮毛矯正などで無理に押さえつけず、くせを生かしてアレンジできるので仕上がりがナチュラル!くせ毛と上手に付き合えるメニューですよ。

どっちがいい?パーマと縮毛矯正

サラつやストレートなら縮毛矯正!

頑固なくせがあってどうしてもとりたい場合は縮毛矯正に頼るのがベストです。サラサラなストレートと同時に綺麗なつやも得られます。

自然な仕上がりならストレートパーマ!

ストレートパーマは本来、パーマ落としのメニュー。強いくせを伸ばすことには向いていませんので縮毛矯正より弱いですが、自然な仕上がりを叶えます。

パーマならくせ毛と馴染ませて自分スタイルに!

くせ毛を生かす方向で施術しますので、パーマとくせ毛が馴染んだあなただけのひとつのヘアスタイルとして完成します。

エアウェーブなどパーマにもいろいろある!

パーマにはエアウェーブやデジタルパーマなどの種類があります。エアウェーブは最も髪に優しいパーマで、ダメージを気にする人におすすめ。

大切な髪のために!メリット・デメリットを知ろう

縮毛矯正のメリット・デメリット

メリットは、くせをしっかりと伸ばすことができるところ。かけた箇所は半永久的に持続するので、セットに悩まされなくなります。一方で、髪へのダメージが大きくなる、伸びたところのうねりが気になる、スタイルチェンジが難しいなどのデメリットがあります。

パーマのメリット・デメリット

くせ毛にまとまりを持たせてボリュームを出せて、伸びてきてもパーマと馴染んで目立たないので持ちがいいのがメリット。デメリットはくせ毛の種類によってはダメージが出たり、髪のダメージで広がってしまうことがあることです。また、くせを弱めるようなパーマはかけられません。

どちらも髪への負担は大きい!

どちらもヘアメニューのなかでは髪にダメージを与えてしまうメニューです。経験豊富な美容師を探し、施術後のヘアケアの準備もしておきましょう!

失敗は怖い!ワックスなどでパーマ風にスタイリング

失敗が怖いという人は、スタイリング剤やヘアアイロンなどでパーマ風アレンジにチャレンジしてみましょう。くせ毛を生かしたスタイルに仕上がるかも!

パーマでくせ毛をカバー!レングス別にスタイリングをチェック♪

【ショート】絶妙ニュアンスでおしゃれショート!

くせ毛が目立ちやすいショートさんは、全体的に長めのマッシュショートなどがおすすめ。パーマでこなれでガーリーなおしゃれなショートスタイルに♪

【ボブ】パーマで可愛さグッとアップ♡

ボブさんはくせ毛を伸ばすよりもパーマでゆるふわに仕上げた方がフェミニンさやガーリーさが引き立ちます!

【ミディアム】やわらかなフェミニンミディに♪

デジタルパーマで立体感のあるカールをつくれば、軽やかで柔らかな印象のミディの完成です。襟足やもみあげのくせを上手に生かして!

【ロング・セミロング】しっとり落ち着いた女性に♪

ゆるめのパーマでやわらかくナチュラルなくせっぽさを演出。ウェットに仕上げることでウェーブが印象的なしっとりアンニュイな大人な雰囲気に♪

パーマでくせ毛と上手に付き合って自分らしいスタイルを!

ストレートヘアは確かに憧れますが、伸びてきてしまえば直ぐに気になりますしコストも掛かります。でも、パーマならくせ毛と馴染んで長く楽しめますし、ナチュラルでおしゃれなウェーブヘアが手に入りますよ♪素敵なパーマで自分らしいスタイルを見つけてみませんか?

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアスタイルに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアスタイルに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧