HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

thumbnail

2019.01.25

391

人にも地球にもやさしい、ノンカチオンシャンプー「レヴール0(ゼロ)」

「ノンシリコンシャンプー」という新しいカテゴリーを世の中に広めたレヴールが、「レヴール0(ゼロ)」としてリニューアル。これまでとどのように変わったのか、ブランドに対する想いなどを、ジャパンゲートウェイの篠田亜矢子さんにお伺いしました。

髪に必要なものだけを使って開発


株式会社ジャパン ゲートウェイ 商品企画 篠田亜矢子さん

―まず、「レヴール」というブランドの特徴について教えてください。

「レヴール」は、ノンシリコンシャンプーという新しいジャンルで、日常的に使っていただけるよう1,000円以下の価格帯で商品化し、お客様に受け入れられて広がっていったブランドです。

ブランドの考え方として、「髪の毛や頭皮にとって必要な成分を、必要なタイミングで使いましょう」という大きなコンセプトがあります。商品を開発するにあたって、原料が安いからとか、とくに必要ではないけれど、といった余計な成分をプラスするのでなく、本当に必要なものだけを入れた商品をお客様にお届けしたいという想いがありました。

今回、「レヴール」をリニューアルして、新たに「レヴール0(ゼロ)」という名前をつけました。このネーミングには、基本に戻って、最初からのコンセプトである「髪に必要なものだけを」という部分を研ぎ澄ませ、よりシンプルに、本当に必要なものだけを考えようという想いが込められています。

ノンシリコンの次はノンカチオン!

―リニューアルで一番大きく変わったことはなんですか?

ノンシリコンであることはそのままに、今回のリニューアルで大きく変わったのが「ノンカチオン」という部分です。カチオン界面活性剤は、一般に衣類用の柔軟剤や殺虫剤などのほか、医療用に使われる殺菌剤にも入っています。もちろん、多くのトリートメントやコンディショナーにも入っていて、特別な成分ではありません。柔軟剤に入っていることでわかるように、トリートメントなどで使うと髪が柔らかく、なめらかになるといわれていますが、一方で、肌に強い刺激を与えるとも考えられています。

背中に原因のよくわからないニキビができたり、頭皮がかゆくなったりという症状の原因をいろいろ調べてみたところ、実はカチオン界面活性剤によるものではないかと考えられることが多くありました。いろいろなトリートメントやコンディショナーなどに入っていて、しっかり洗い流せば問題ないのですが、洗い残しがあると、肌が弱い人の場合、背中ニキビやフケ、かゆみなどの原因の一つとなるといわれています。

さらに、今、プラスチック製ストローの使用禁止をはじめ、世界的に環境問題が注目され、みなさんが自分たちの行動を考えるようになってきていますよね。実はカチオン界面活性剤は、生分解性が低く、自然に分解されにくい成分といわれています。お客様の髪や肌のことを考えるのはもちろんですが、環境にもやさしい製品作りをしたいという想いもありました。そこでカチオンを入れない、ノンカチオン商品をつくることにしたのです。

―ノンカチオンにすることでトリートメントとしての効果は薄れないのでしょうか?

カチオン界面活性剤を使用していた目的は、髪をなめらかにするということでした。そこで、それに変わる成分として「SI-amino=エスアイアミノ」という成分を開発したんです。

この成分は、傷んだ髪の表面にできたキューティクルのすき間をふさいで、髪の内側からアミノ酸が流れ出るのを防ぐ効果が期待されます。傷んだ髪ほど「SI-amino」が吸着しやすく、一本一本の髪の表面が滑らかになるといわれます。この成分の開発によって、ノンカチオンにしてもなめらかな仕上がりのトリートメントができたと思います。

リニューアル後、新たなユーザーが増えています!

―「レヴール0」を、どのような方に使ってほしいとお考えですか?

もともと30~40代の方に多く使っていただいていましたが、リニューアルしてからは20代のユーザーも増えてきました。まずは肌にトラブルを抱えている方や、肌が弱いという悩みを持った方に、興味を持っていただきたいと思っています。

そして今後はノンカチオンが特別な存在ではなく、ノンシリコンのようにあたり前のカテゴリーに育てていくのが目標です。「頭皮トラブルが減った」「使い続けているとまとまりやツヤがでた」といったお客様の声も届いているので、実際に使っていただくことで、ノンカチオンのよさを実感していただけると感じています。

人気キャラクターとのコラボで話題!

―今回、「スヌーピー」で有名なピーナッツとコラボレーションした限定パッケージを販売されているんですよね。

はい、今までカチオンについて気になっていた方もそうでない方も手にとっていただけるように世界中で愛されているキャラクター「SNOOPY」とコラボレーションしました。

デザインにも非常にこだわっていて、ボトルはバスルームがおしゃれになるようにスタイリッシュに表現していますし、BOXもスヌーピーから商品が少し見えていて、購入するときもワクワクするようなデザインに仕上がっています。

人にも地球にもやさしい「レヴール0」に

―環境や肌にやさしいシャンプーは、今後ますます注目されそうですね。

新しい「レヴール0」は、石油系ではなく、刺激が低いとされるアミノ酸洗浄成分であること、人の肌にとって刺激が強いといわれるラウレス硫酸を入れないこと、そしてもちろんノンシリコンであること。さらにノンカチオンという、本当に人の肌にやさしいとされる、必要ない成分をできる限りおさえた商品になりました。

人にも地球にもやさしい商品です。多くの人に愛され、みんなをハッピーにできる存在になっていったら嬉しいですね。

―今後の課題についてお聞かせください。

「カチオン」という言葉は、まだ多くの方に浸透していないと思っています。いろんなメディアを使いながら、ノンカチオンの意味や特徴をみなさんにお伝えするため、どうやって広めていくかを考えているところです。

レヴールというブランドを通して「ノンカチオン」というカテゴリーをつくり上げたいと思っていますので、今後、「ノンカチオン」が新しいトレンドワードとして広まっていったらいいなと思っています。

ブランド情報

レヴール ゼロ RÊVEUR Øについて

2010年、ノンシリコンシャンプーを作りあげた レヴール。
レヴールが大切にしている「ストレス成分を使わないということ」と本気で向き合い、2018年春、石油系
洗浄成分0%(※1)シリコーンフリーシャンプー、カチオン0%(※2)トリートメントを開発。
レヴールは進化をして新たなる市場を創ります。
(※1)洗浄成分は石油のみを原料とする界面活性剤不使用。
(※2)柔軟剤などで使用されるイオン性界面活性剤のカチオンを無配合

http://reveur-hair.com/nonsilicon/

ご参考 【ピーナッツとは】

シュルツ氏原作の「ピーナッツ」は、1950年に新聞連載を開始しました。以来、チャーリー・ブラウン、スヌーピーをはじめとするピーナッツの仲間たちは、ポップカルチャーに足跡を残してきました。アニメは、米国ではABCのほか、アニメ専門チャンネルのCartoon Networkやboomerang、カナダではFamily Channel、そして世界ではYouTubeのWildBrainなど、主要ネットワークやストリーミングサービスで放送されています。また、多種多様の商品や、テーマパーク、文化催事、ソーシャルメディア、そしてさまざまな媒体を通して世界中の人に「ピーナッツ」を楽しんでいただいています。さらに2018年、「ピーナッツ」は、NASAとスペース・アクト・アグリーメントで複数年の提携をしています。
© 2019 Peanuts Worldwide LLC

■関連URL
日本のスヌーピー公式サイト

http://www.snoopy.co.jp/

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧