HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

thumbnail

2020.02.11

1613

ナチュラルで好印象な垢抜けカラー|ほんの少しの違いでも印象は変わる

ヘアカラーしても、「イマイチ垢抜けないな…」と困ったことはありませんか?ヘアカラーは少しカラーに工夫するだけで、ガラリと垢抜けた印象を与えることができます。ここでは、垢抜けカラーのポイントと例について紹介します。

垢抜けて見えるナチュラルヘアカラーのポイント

ブラウンカラーにプラスするだけでオシャ色に…♡

茶髪にすれば垢抜けて見える!と思い込んでしまうのはNG。普通の茶髪は、黄色みが強くなってしまいナチュラルに見えないことも。そのため、ただ茶髪にするだけではなく、自分肌の色や目の色に合った、馴染みのよい色を選びましょう。

透明感があるカラーが◎

垢抜けて見せるためには、透明感のあるカラーを選ぶのがおすすめ。透明感が出やすいのは、アッシュ系やベージュ系、グレージュ系など。赤っぽさや黄色っぽさが少ないカラーを選ぶことで、よりナチュラルに仕上がります。

デザインカラーで垢抜け

デザインカラーとは、複数の色を混ぜて使うヘアカラーのこと。自分にあったカラーを作ることができ、ベージュ系やグリーン系、グレー系、ラベンダー系などの色と組み合わせることで、独特の透明感を演出できます。

垢抜けて見えるナチュラルヘアカラー例

色味を加えたナチュラルカラー

黄色や赤色を濃く入れ過ぎず、地毛のようなニュアンスに仕上がるのがナチュラルカラーの魅力。「地毛は嫌だけど、自然な明るさに仕上げたい」という人におすすめです。肌の色や服装を問わず馴染みがよいので、垢抜けた印象に仕上がります。

明度の低いアッシュブラウンで透明感

明度が低い色は暗く見えるイメージがありますが、アッシュ系のカラーだと一気に垢抜けた印象に仕上がります。日本人特有の髪の黄色っぽさを消してくれるので、上品でナチュラルな雰囲気に。光に当たるたびに「透け感」が出るので、グッとお洒落度がアップします。

デザインカラーでアクセントをプラス

「人と違う個性を出したい」という人には、複数のカラーを使うデザインカラーがおすすめ。ハイライトやローライト、グラデーションカラーなどさまざまな技法がありますが、服装やメイクに合わせると、一気に垢抜けた印象になります。

ナチュラルでも垢抜けたカラーにチェンジ!

ちょっとした工夫で、垢抜けたお洒落なヘアカラーに変身できます。いまのヘアカラーに満足していないという人は、美容師さんと相談しながら、自分ぴったりのヘアカラーにチャレンジしてみてください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧