HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

位置情報の利用に同意しますか?

同意しない
同意する
thumbnail

2020.08.15

513

インナーカラーでプチ変化!?派手過ぎないヘアスタイル6例

派手にしたくない!プチ変化を楽しみたい人に人気のあるインナーカラー。初めての人でもチャレンジしやすい、インナーカラーで変化をつけたヘアスタイルを長さ別にご紹介していきます。

ショート~ロブのインナーカラー3例

ショートにおすすめのインナーカラー

女の子らしくて明るいイメージのショートカット。もっと人と差をつけるなら、断然インナーカラーがオススメです。
地毛が暗めでも、部分的にカラーを入れるだけで髪に奥行きが生まれるので、気分も上がります。

 

ボブにおすすめのインナーカラー

スタイリングによってインナーカラーが見え隠れするので、その日の気分で変化が楽しめます。
外ハネやハーフアップも、インナーカラーが映えていい感じに仕上がりますよ。地毛のカラーを少しトーンアップしてインナーに入れると、コントラストが大人の雰囲気に。

 

ロブにおすすめのインナーカラー

毛先を軽く見せてくれて、後ろ姿にも手抜きなしの裾だけインナーカラーを入れたスタイルです。
全体に入れるには抵抗のあるカラーも、ブリーチなしで部分的ならしっくりとアクセントに。どんなファッションにも馴染みます。

 

ミディアム~ロングのインナーカラー3例

ミディアムにおすすめのインナーカラー

こめかみから耳元の毛束の下側に入れると、大ぶりのイヤリングとの相性もバッチリです。カラーは、立体感が出るよう地毛より少し明るめがポイント。
ニュアンスが女っぽいミディアムヘアは、ダウンスタイルもアレンジでも決まります。

 

セミロングにおすすめのインナーカラー

黒髪セミロングに、明るめベージュのインナーカラーがしっかりと映えます。ダウンスタイルでも主張するカラーですが、インナーカラーなので挑戦しやすく垢抜けた印象ですね。
髪を切らずにプチ変化を楽しめます。

 

ロングにおすすめのインナーカラー

柔らかい落ち着いたアッシュブラウンに、ホワイトグレーのインナーカラーを入れています。
ベースが優しく可愛い印象なので、明るめのインナーカラーもすんなりとまとまってくれますね。透明感や立体感が出るので、ロングも重たくなりません。

 

インナーカラーのちょっとした変化でおしゃれに決める!

髪を切らずに変化を楽しめるインナーカラーで、いつもと違うおしゃれを楽しみましょう。

 

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧