ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.03.18

28464

【似合う髪型診断】顔の形に似合うヘアスタイルって知ってる?

今のヘアスタイルが、自分の顔型とマッチしていると自信を持って言えますか? 顔型によって、似合うヘアスタイルと似合わないヘアスタイルがあります。 今回は、卵型、丸顔、面長、ベース4つの顔型のそれぞれの特徴と似合う髪型をご紹介します。 美容院に行く際は、ぜひ参考にしてみてください。

卵型

卵型の特徴

卵型は、整った形をしているので、美人に見られます。 また、やわらかく女性らしい印象を与えてくれる特徴も。 卵のように、立体的な形をしていることが多いでしょう。

卵型に似合う髪型

卵型の人は、バランスが良いので、どんなヘアスタイルでも似合う傾向があります。 一つ気を付けることは、トップにはボリュームを出さないこと。 サイドをふんわりさせると、縦長のラインが目立ちにくくなります。

丸顔

丸顔の特徴

眉から口までの縦の長さより、顔の横幅の長さが長い顔型が丸顔。 横幅が広い分、顔がふっくらして見えます。 かわいらしい印象を与えてくれますが、童顔にみられることも。

丸顔に似合う髪型

頬がふっくらして見える丸顔は、サイドの髪を上手に使いましょう。 サイドの髪で頬を隠し、縦のラインを強調すると、丸顔に似合う髪型になります。

 

面長

面長の特徴

顔の横幅より、縦の長さのほうが目立ってしまう面長の顔型。 バランスが取れた卵型には近い顔型で、大人っぽく見られますが、髪型を間違えると、老けた印象を与えることも。

面長に似合う髪型

面長に、センターパーツはNGの組み合わせ。 前髪を作って、縦のラインが強調されないようにしましょう。 サイドに膨らみを加えることで、卵型に近くになります。

ベース

ベース型の特徴

ベース型はエラが張っている方が多くおでこも広めで、丸みを帯びているところが少ないため男っぽく見られがちなことも。
ポイントは前髪を作ったり、エラをサイドの髪で隠すと◎

ベース型に似合う髪型

ベース型の人は、サイドの髪に動きを付けることで、エラのはりをカバーしましょう。 また、トップにボリュームを出すことで、視線をエラに向けないようにします。

いかがでしたか?

ご自分の顔型は、どれに当てはまりますか?顔型別の特徴を知って、似合う髪型や似合わない髪型を知っていると、美容院で失敗することが少なくなるでしょう。
似合う髪型を手に入れることができれば、おしゃれがもっと楽しくなりますね!

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧