更新日:2023.08.07
18589

【保存版】外国人のようなぱっちり二重に!アイプチをした時の正しいメイクプロセス

始める前に、アイプチをするときって、アイメイクを先にするべきか、それともアイプチから始めるべきか、迷っちゃいますよね? この順番がちゃんと分からないと、アイプチの落とし穴にハマることも…。では、実際にアイプチとアイメイク、どっちが最初なのか、そしてアイプチのトラブルを避けるためのアドバイスをお届けします!

アイプチのよくあるトラブル

不自然な目になってしまう

不自然な目になってしまう

アイプチを使用する際に、不自然な目になってしまうという悩みはよくあります。アイプチはまぶたをノリでくっつけるため、上手く施術できないと違和感が生じてしまいます。自然な二重のラインを作るためには、注意深く行うことが重要です。 

汚くなってしまう

汚くなってしまう

アイプチを何度も重ねてしまうことで、逆に汚く見えることがあります。思うような仕上がりにならない場合、焦って何度も塗り直すと、余計な重なりが生じてしまい、結果的に不自然な印象を与えてしまうことがあります。適切な量と技術で施術することが大切です。

まぶたがちゃんとくっつかない!

まぶたがちゃんとくっつかない!

アイプチ初心者の方にありがちなのが、まぶたがうまくくっつかないことです。これは、自身の二重の幅に合わないラインでアイプチを施術しているため起こる現象です。まぶたの形に合わせて正確に塗ることで、自然な仕上がりを実現できます。詳細な方法は記事内で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

アイプチをキレイに仕上げるコツ

アイプチは薄めに塗る!

アイプチは薄めに塗る!

アイプチをボトルから取り出したハケにつけたまま、まぶたにそのまま塗るのは避けましょう!アイプチは薄く塗ることが大切です。ボリュームが出すぎると、まぶたがくっついたときに不自然に見えてしまうことがあります。自然な仕上がりを目指すなら、薄く均一に塗ることを心がけましょう。 

アイプチが完全に乾くまで触らない!

アイプチが完全に乾くまで触らない!

アイプチを塗ったら、焦らずに完全に乾くのを待ちましょう!急いでまぶたを触ったり、プッシャーで二重を作ろうとすると、アイプチが乾かずに崩れてしまう可能性があります。また、触ることでまぶたに白い粉が残ってしまったり、まぶたがくっつく原因にもなります。アイプチがしっかりと乾くまでの間、ドライヤーを使って乾かすのもおすすめです。しっかりと待つことで、美しい仕上がりを実現できますよ! 

どのタイミングでアイプチを使うのが正解?

ビューラーを使うなら最初に!

ビューラーを使うなら最初に!

まつ毛を美しくカールさせるために、ビューラーを使用する際は、メイクの最初に行うことがおすすめです。まずビューラーでまつ毛を根元からしっかりと上げてから、マスカラを最後に塗ることで、自然な仕上がりを実現できます。この方法を取ることで、目元がぱっちりとした印象になり、まつ毛メイクがより引き立ちます♪ 

アイシャドウのあとにアイプチを!

アイシャドウのあとにアイプチを!

アイプチを使うタイミングとして、アイシャドウを塗った後が適しています。アイシャドウを施した後、アイプチを使用して二重を作ることで、アイシャドウの色むらやまぶたのくっつきを防げます。二重が美しく仕上がったら、必要に応じてシャドウのムラを修正してください。また、アイラインは、二重の形が完成した後に描くことで、理想的なラインを作ることができます。美しいまつ毛メイクを実現するために、これらのタイミングを押さえてアイプチを使用しましょう!

アイプチ以外の二重になれるアイテムは?

メザイク

メザイク

アイプチ以外でも、二重になる方法があります!メザイクは、極細のファイバーをまぶたに食い込ませて使用するものです。メザイクを使って二重を作るには、少しのコツが必要ですが、自然な仕上がりを楽しむことができます。アイプチ以外の選択肢として、メザイクも一考の価値がありますね。 

アイテープ

アイテープ

アイプチ以外でも、二重を作る方法があります。アイテープは、テープをまぶたに貼って二重を演出するアイテムです。絆創膏を切ってアイテープに使うこともあり、手軽な方法として広く知られています。使い方にコツが必要ですが、自然な二重を手に入れるための一つの選択肢と言えるでしょう。 

アイプチでメイクを楽しく♪

アイプチメイクを楽しく

アイプチの使いこなしで、毎日のメイクがもっと楽しくなる! アイプチの使い方に悩む人は、このアドバイスを参考にして自分流のメイクを極めてみよう♡ アイプチが合わないときは、新しいアイテムにもチャレンジしてみるのがおすすめ! メイクの楽しみが広がるはずだよ♪

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事