更新日:2017.07.10
3262

実は簡単!ネイルチップを使ったジェルネイルのやり方を伝授♡

自分のツメにネイルを施すのって大変ですよね。特に利き手の方は。利き手側だけデザインが適当なのも変だし、かといってどっちもシンプルなのも……。じゃあネイルチップを作ってみませんか? 左右どちらのツメも利き手でデザインできますよ! 作り方も難しくありません。トライしてみましょう。

必要な道具

ネイルチップを入手

width='399'

まず未装飾のネイルチップを手に入れましょう。
ネイル用品を扱っているお店や通販などで手に入ります。
実は100均でも売っているので、コスパ重視の人は行ってみるといいでしょう。

 

スタンドがあると便利

width='399'

ネイルチップにデザインする時に必要なスタンドもあると便利です。
これもネイルチップと同じ場所に売っています。
100均では売っていないようですが、壁掛けフックを代用できます。
固定するための両面テープも必要です。

 

いつものネイル用品も

width='399'

ネイルチップの大きさを整えるためのファイルも用意しましょう。
あとはしたいデザインに必要なカラージェルやストーンを揃えてくださいね。
ベースジェルは使いませんが、トップジェルは必要です。
いつものでOK。

 

Step1

ツメに合わせる

width='399'

ネイルチップで重要なのが、サイズ調整です。
どのネイルチップがどのツメに合うのか、ひとつひとつ当てながら探していきましょう。
もしどれにも合わず余ってしまっても、練習用に使えますよ。

 

長さ調整

width='399'

幅や反り具合がピッタリなものが見つかったら、長さの調整です。
ファイルを使って好みの長さにしましょう。
大幅に削りたい場合は、爪切りやハサミを使う方法もありますが、割れないよう少しずつ切りましょう。

 

Step2

スタンドに固定

width='399'

サイズが整ったら、スタンドに両面テープで固定します。
いよいよネイルを施していきますが、ベースジェルはなくてもかまいません。
というのも、ベースジェルは自爪にカラーが沈着してしまうのを防ぐ役割だからです。

 

デザインして完成!

width='399'

カラージェルを塗ったり、ストーンやシールでデザインしたり。
自分の好きなようにネイルチップを作ってください! 終わったらトップジェルを塗って硬化し、未硬化ジェルを拭いて完成です!

 

デザイン集

いろんなネイルチップのデザイン!

最後にネイルチップのデザイン集をご紹介します。
ぜひ自信で作るネイルチップの参考にしてみてください! いろいろやりたいことが見つかるかも?

 

ラインテープやストーンで豪華に

爽やかな水色とヌーディなベージュの組み合わせが素敵なネイルチップ。
スタッズやストーンなどのデコレーションも豪華です。
色の境目にはゴールドのラインテープ。
エレガントなネイルですね。

 

フレンチもおしゃれ

淡いピンクのマーブル模様がオシャレですね。
フレンチスタイルであとはクリアになっています。
ひとつだけ全面なのもアクセントになっていい感じ。
ゴールドラメのラインがワンランクアップに一役買っています。

 

世界に一つだけのネイルチップ

いかがでしたでしょうか? ネイルチップって作るの大変なんじゃ?と思っていた方、印象が変わったのではないでしょうか。
いつものネイルと変わらないんですね。
それどころか、全部利き手できるし、何度も使えるし、いいことづくめ。
ぜひあなたのオリジナルを作ってみてください!

 

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事