ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.09.16

3663

大人ショートはカットが肝心!失敗しないオーダーのポイント特集

ロングヘアやミディアムヘアからショートへスタイルチェンジするときは、緊張しますよね。失敗せずにショートヘアに変身するためには、どのようにオーダーすればいいのでしょうか?オーダーのポイントを交えながら、おすすめのショートヘアスタイルをご紹介します。

大人なショートは束感が肝心。

トップをふんわりさせたフェミニンショート

ショートヘアのカットで失敗しないためには、顔の輪郭をカバーするようなスタイルをオーダーすることがおすすめ。
例えば、トップをふんわりさせると縦長の印象をつくりやすく丸顔をカバーしてくれます。

大人かわいい束感のあるショートヘア

流れるような毛先が大人っぽいショートヘア。
レイヤーカットで毛先に軽さを出し、束感を持たせるようにカットしてもらいましょう。
ツヤが出るタイプのヘアワックスでスタイリングすると、より大人の雰囲気に。

丸いフォルムがキュートな大人ショート

ガーリーなピンクベージュのカラーで染めた大人のショートヘア。
ショートヘアに、自然な束感を出すにはソフト系のワックスがおすすめ。
毛の流れを意識したスタイリングをするといいですよ。

マッシュでも、アシメでも。

重めのバングがクールなマッシュショート

重めにつくったバングを、片耳にかけたキュートなマッシュショート。
プラチナベージュのカラーで軽さを出せば抜け感アップ♡ 同じ長さのショートでも前髪のつくり方で雰囲気が変わります。

アシメバングは分け目を変えれば雰囲気が変わる

アシメバングは、左右で長さが異なる前髪のこと。
軽快で個性的な雰囲気が魅力です。
分け目を変えると、前髪のスタイルも変わることが特徴。
日常のアレンジの幅が広がりますね♡

ショートなボブなら大人可愛いが叶います

前上がりのゆるふわショートボブ

眉上バングがトレンド感あふれる、ナチュラルなショートボブ。
オーダーの際は「フェミニンでゆるふわ」というようになりたいイメージをしっかり伝えてカットに生かしてもらうといいですよ。

ナチュラルエアリーショートボブ

前下がりのショートボブの毛先を軽くすいて、エアリーにカットしてもらいましょう。
大人っぽいカジュアルが好きな人におすすめのスタイルです。
毛先を外ハネにアレンジしてもかわいいですよ。

前下がりのストレートショートボブ

さらさらの質感がきれいな、前下がりのストレートショートボブ。
頭の形に沿って自然な丸みが出るようなカットをオーダーしましょう。
ショートヘアからボブにチェンジしたい人におすすめしたいスタイルです。

ショートにしたら、大人なアレンジも

ハネ感を加えた大人カジュアルなアレンジ

ショートヘアの毛先をコテやアイロンで軽く外ハネにさせ、ワックスやアレンジフォームでスタイリングすると、軽やかな大人のカジュアルアレンジを目指せます。

簡単!ヘアピンを使ったショートヘアアレンジ

ショートヘアやショートボブのサイドの毛を、アメピンで留めるだけの簡単アレンジです。
毛束をねじって留めたり、編んだ毛先をピンでまとめてもラブリー。
ピンの代わりにバレッタなどで留めてもかわいいですよ。

美容師さんとの事前の打ち合わせが大事!

ショートカットをオーダーして失敗しないためには、切りたい長さを伝えるだけでなく「フェミニンな感じ」「クールな感じ」などのなりたい雰囲気を伝えることが大切。
初めてカットを担当してもらう美容師さんより、何度か担当してもらったことのある美容師さんの方が意思の疎通がはかりやすく、安心です。
顔の輪郭や髪質など、不安があるときは美容師さんに伝えるようにしましょう。
きっといいアイデアをくれますよ。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧