更新日:2023.07.18
23433

ミディアムストレートレイヤーヘアのカタログ♪軽やか&女っぽのモテヘア

ミディアムストレートレイヤーは、髪の長さがミディアムでストレートなスタイルにレイヤーが入っている特徴的なヘアスタイルです。このスタイルは、髪の重さがなくなり、軽やかな印象を与えるだけでなく、女性らしい魅力を引き立てる効果もあります。自分に合ったスタイルやレイヤーの入れ方を考えてみて、理想のミディアムストレートレイヤーを見つけてみましょう。

ミディアムストレートレイヤーってどんな髪型?

ミディアムストレートレイヤーの特徴

このヘアスタイルの特徴は、ミディアムの長さとストレートな髪質にレイヤーが組み合わさっていることです。髪の長さがあるため、女性らしい魅力を引き立てつつ、レイヤーが加わることで軽やかな動きやエアリー感が生まれます。さらに、レイヤーが髪に立体感をもたらし、ボリュームや質感を調整することも可能です。このバランスの取れたスタイルは、顔の形や輪郭に関係なく多くの人に似合います。

ミディアムストレートレイヤーのおすすめポイント

ミディアムストレートレイヤーは、シンプルでありながらどんな人にでも似合うヘアスタイルです。清潔感のある凛としたイメージを与えるため、清楚な印象を演出したい人に特におすすめです。このスタイルは、日常のカジュアルなシーンからオフィスやフォーマルなイベントなど、幅広い場面で活躍します。さらに、ミディアムストレートレイヤーはアレンジ次第で様々なイメージに変えることもできます。カジュアルなボヘミアンスタイルやエレガントなアップスタイルなど、自分の個性や好みに合わせたスタイリングが可能です。

ミディアムストレートレイヤーが似合う人

ミディアムストレートレイヤーは、どんな人にでも似合うシンプルなヘアスタイルです。清潔感のある凛としたイメージを演出するため、清楚系のヘアスタイルにチャレンジしたい人に特におすすめです。また、髪の質感やスタイリングによってさまざまな表情を楽しむことができるのも魅力です。さらに、幅広い年齢層に対応しているため、若い方から大人の女性まで幅広く選ばれています。

【前髪あり】 ミディアムストレートレイヤーのヘアスタイル

すっきり×ミディアムストレートレイヤー

前髪がある人がストレートレイヤーにする場合、すっきりとした印象を出すためには、レイヤーを多めにするテクニックがあります。前髪にレイヤーを加えることで、髪が軽くなり、顔周りに柔らかな動きが生まれます。ただし、あまりにも多すぎると寝ぐせがつきやすくなったり、ボリュームが失われたりする可能性があるので、適度なレイヤーに注意が必要です。適度なバランスを保てば、前髪をすっきりと見せることができます。

ふんわり×ミディアムストレートレイヤー

前髪ありで束感を出す場合、ミディアムストレートレイヤーではレイヤーをあまり多く入れない方が扱いやすいです。髪に適度なボリュームを与えつつ、前髪をふんわりと見せるためには、レイヤーを控えめにするのがポイントです。適度なレイヤーを取り入れることで、束感や立体感が生まれ、自然な髪の動きを演出できます。

束感×ミディアムストレートレイヤー

軽やかなニュアンスを演出する場合、ミディアムストレートレイヤーでは自然な印象を意識すると良いでしょう。切りっぱなしではなく、むしろあえて伸ばしっぱなしの雰囲気を出したり、くせ毛感を取り入れたりすることで、髪に抜け感や柔らかさを与えることができます。自然なニュアンスを持ったミディアムストレートレイヤーは、女性らしい魅力を引き出しつつ、個性的なスタイルを楽しむことができます。

ニュアンス×ミディアムストレートレイヤー

自然なニュアンスを演出するためのミディアムストレートレイヤーは、ナチュラルな印象を重視したスタイルです。切りっぱなしではなく、伸ばしっぱなし感やくせ毛感を取り入れることで、軽やかで柔らかな雰囲気を作り出します。髪に動きを与えるため、レイヤーを控えめにし、内巻きや外巻きのカールを取り入れることもポイントです。適度なテクスチャースプレーを使い、髪をほぐすことでふんわりとした質感を演出します。自然なニュアンスを持ったミディアムストレートレイヤーは、さりげないおしゃれさと女性らしさを同時に表現するスタイルです。

【前髪なし】 ミディアムストレートレイヤーのヘアスタイル

すっきり×ミディアムストレートレイヤー

前髪がない場合でも、すっきりとしたストレートレイヤーを簡単に作ることができます。前髪のないスタイルは、本来なめらかですっきりとした印象を持たせやすいため、自然な感じで髪を横に流したり、かき上げにしたりすることで、さまざまなヘアスタイルを楽しむことができます。前髪のないスタイルは、顔全体をすっきりと見せることができるため、清潔感やシャープさを引き立てることができます。

ふんわり×ミディアムストレートレイヤー

ふんわりとしたレイヤーを作り、前髪なしの場合はサイドに流すことで、愛らしいヘアスタイルを完成させることができます。おでこが出ている軽やかなスタイリングは、親しみやすい印象を演出することがポイントです。前髪なしのミディアムストレートレイヤーは、柔らかさと女性らしさを引き出すスタイルとして人気があります。また、レイヤーを程よく入れることで髪の動きや立体感を与えることができ、より魅力的なスタイルを作り出せます。

束感×ミディアムストレートレイヤー

束感のあるレイヤーを取り入れた前髪なしのスタイルは、センター分けもよく似合います。分け目がない場合は、センターパートでおでこを見せることで、よりフェミニンな印象を演出することができます。前髪なしのミディアムストレートレイヤーは、自然な束感と女性らしい魅力を同時に表現するスタイルです。髪のレイヤーを程よく入れることで、束感を演出し、髪に動きを与えることができます。さらに、テクスチャースプレーなどのスタイリング剤を使用して束感を強調すると、より自然な質感を出すことができます。

ニュアンス×ミディアムストレートレイヤー

ニュアンスレイヤーを目指す場合、前髪なしのスタイルでかき上げバングを取り入れることもできます。かき上げバングはカッコよさを感じさせるスタイルでありながら、ミディアムストレートレイヤーと組み合わせることで、甘辛な雰囲気を作り出すことができます。前髪なしのミディアムストレートレイヤーは、大人の女性らしさを引き出すための一手としておすすめです。ニュアンスを重視したミディアムストレートレイヤーは、髪に立体感や深みを与えることで、洗練された印象を与えることができます。

【カラー】 ミディアムストレートレイヤーのヘアスタイル

黒髪×ミディアムストレートレイヤー

黒髪のストレートレイヤーは、清純なイメージに仕上がるヘアスタイルです。黒髪特有の重さをレイヤーでカバーし、軽やかな印象を与えることができます。黒髪にはセクシーさもありますので、黒髪のミディアムストレートレイヤーは色っぽさも演出することができます。特に、黒髪のストレートレイヤーは髪のツヤや艶が際立ち、清潔感のある印象を与えます。

ブラウン×ミディアムストレートレイヤー

ブラウンカラーはどんなヘアスタイルとも相性が良く、自然な印象を与えるため、ミディアムストレートレイヤーとの相性も抜群です。ブラウンのカラーはそのバリエーションも豊富で、明るめから暗めまで幅広く選ぶことができます。特に、少し暗めのブラウンカラーを選ぶと、ミディアムストレートレイヤーとの組み合わせで可愛らしさや柔らかさを引き出すことができます。

グレージュ×ミディアムストレートレイヤー

グレージュは、グレーとベージュが混ざった色合いであり、ミディアムストレートレイヤーとの相性も抜群です。グレージュのカラーは、軽やかさや女性らしさを同時に演出することができます。特に、ミディアムストレートレイヤーに合わせることで、顔まわりの輪郭を引き立て、柔らかな雰囲気を作り出します。グレージュのカラーは、自然な質感や抜け感を演出することができるため、洗練されたスタイルを楽しむことができます。

ハイトーンカラー×ミディアムストレートレイヤー

ミディアムストレートレイヤーにハイトーンカラーを合わせると、洗練された印象を与えることができます。ハイトーンカラーは明るく鮮やかな色合いで、ミディアムストレートレイヤーとの組み合わせで、より際立った個性を表現することができます。例えば、パステルカラーやファッションカラーなど、自分の好みやトレンドに合わせたハイトーンカラーを選ぶことで、個性的で華やかなスタイルを作り出すことができます。ハイトーンカラーのミディアムストレートレイヤーは、おしゃれ上級者のテクニックとして注目されています。

レイヤーヘアで軽やかと色っぽを両立♡

ミディアムストレートレイヤーは、髪にレイヤーを入れることで重みがなくなり、軽やかさを演出するだけでなく、色っぽさも引き立てることができます。ただし、どこにどれくらいのレイヤーを入れるかは、個々の毛量によって異なる場合があります。そのため、美容師さんと相談しながら最適なレイヤースタイルを見つけることが大切です。美容師さんの専門知識と経験を活かして、自分に最適なミディアムストレートレイヤーを手に入れましょう。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事