更新日:2021.06.25
1366

HAIRからhappyに♪可愛いもかっこいいも「なりたい」を叶えるショートスタイル

この夏も引き続きトレンドのショートカット!軽さや束感のあるスタイルや、ウェットな質感も人気です!betterの石原佑亮さんは、トレンドのスタイルはもちろん、骨格矯正で頭の丸みを出すカットが得意なスタイリストさん。気になったタイミングでサロンに通えるサブスクプランもあるので、ショートに挑戦したい人にはおすすめです!

石原佑亮さんの得意スタイルは?

 

軽さと束感のあるショートヘア

width='399'

 

ナチュラルのなかに洗練された雰囲気を出します。かわいいからカッコイイショートお任せください!

 

 

石原佑亮さんってどんなスタイリスト?

width='399'

 

■スタイリスト名:石原佑亮
■サロン名:better
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目11⁻6 3F 305 エクレ新宿 3F
電話番号:03-6380-5889
■インスタグラム:@better_yusuke

 

自分で髪を切っていたのが当たり前に

Q:石原佑亮さんがスタイリストになったきっかけを教えてください。
A:中学2年の頃から美容室が嫌いで、自分で髪を切るようになりました。美容室に行っても、自分が思い描いていたものになったことがなかったんですよね。高校生になったら友達のも切るようになり、先生からは「石原に髪切ってもらえよ」と言われるくらいでした(笑)。自分のも友達のも、髪を切るのが楽しかったのが大きいです。

 

Q:どんな学生時代を送ってましたか?
A:中学時代は勉強と部活ばかりで、高校に行ってからヘアやファッションに興味を持つようになりました。専門時代は学校とバイトに明け暮れていましたね。
今までは人の髪を切っていたので、カットの練習のときにマネキンを切るのが少し抵抗感ありました。アシスタント1年目からカットモデルをいれていて、先輩から怒られた思い出もあります(笑)

 

width='399'

 

ピアス映えするウェットな質感が得意です、耳周りから首筋にかけてスッキリ見えてスタイル良く!

 

 

期待以上の仕上がりや感情を提供したい

Q:美容師になってからの変遷を教えてください。
A:表参道のサロンでアシスタント時代を過ごし、新宿のサロンでスタイリストになりました。その後、フリーランスとして働きながら、夜はヘアメイクもやったりしてました。現在は、お店の代表として働いています。


今も昔も変わらず『お客様に喜んでもらえるもの』が大前提で、あとは楽しめるかも重要だと思っています。こだわりとしては、お客様が望んだ以上のものをつくり、もってきてもらった写真より上にいくようなスタイルを作ることを意識しています。

 

width='399'

 

刈り上げない丸みあるショートです!骨格矯正で頭の形が綺麗に見えるように!

 

 

自分自身もスタッフも魅力的な存在に

Q:今後やりたいことはありますか?
A:美容業界が変わってきているのを感じています。その為、自分がどう変われるのか?スタッフに対して何を伝えればいいのか?が重要だと思っています。まずは美容師を楽しんでいきたいですね。髪を切るだけではなく、支持してくれるお客様がいることで初めて面白くなる仕事であることを伝えていきたいです。

スタッフにはパーソナルに向き合って、将来のヴィジョンを共有しながら共に成長していきたいです。僕の知識の中になるけど、お金のことや社会的なことなど、美容以外のことも伝えていますし、スタッフには少しでも美容業界や社会のことを知ってもらいたいと思います。スタッフ一人一人が魅力的な存在になってもらいたいですね。


インスタではお店のある新宿三丁目のおいしいお店も発信しています。こんなご時世なのでなかなか行くのは難しいですが、本当に美味しいお店が多いのでみなさんにも知ってほしいです!

 

  

From:石原佑亮/better

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事

関連記事はありません。