更新日:2021.08.04
162

大切で特別な日をとびきり可愛く!沖縄を拠点にウェディング向けのヘアメイクで活動中

沖縄でヘアメイクアップアーティストとして活躍されている「HISAYOさん」。流行やお客様のイメージに合った一生に一度のヘアにしてくれるHISAYOさん。そんなHISAYOさんにこれまでの人生から今後についてインタビューさせていただきました♪

HISAYOさんの得意スタイルは?

ローポニー

お客様のお持ち込みの布をリボンっぽく結んでアレンジしました♪



ゆるふわシニヨン

王道の下めシニヨン。巻きすぎずナチュラルなトップやネープの引き出しを意識して作ってます♡



キレイめシニヨン

つるんとした面を出したクラシカルなキレイめシニヨンです♪



HISAYOさんってどんなスタイリスト?

■スタイリスト名:HISAYO
■サロン名:フリーランス(沖縄)
住所:沖縄
電話番号:ご予約やご質問等はInstagramのDMよりお問い合わせください。
■インスタグラム:@134.hairmake



ヘアメイクへの道

Q:HISAYOさんがスタイリストになったきっかけを教えてください。

A:カットコンテストのモデルをやったのが1番のきっかけです。
15年前以上になりますが、大学生の時に横浜アリーナでやっているカットコンテストへモデルとして深く美容に関わったことがありました。
美容師さんがキラキラして見え、大学卒業後、美容学校にいきました。

ヘアメイクに興味があり、ファッションも好きでしたが、外見をガラッと変えれるようなことがしたくヘアメイクの学科に行きました。

現在はフリーランスとして活動していますが、今が働き方は合っていると思っています。ヘアメイク以外の仕事をしたことがないので、この仕事以外考えられないです!

またこの仕事の魅力は、ブライダルって一生に一度です。それに携われるのはすごく貴重なことだと思っています。現場にいる人がすごく幸せだと感じ取れるこの仕事は本当に天職だと思っています。



ダブルスクール生活

Q:どんな学生時代を送ってましたか?

A:メイク学科に通いながら、 通信で美容師免許を取り、放課後は仲間たちと飲み歩く毎日でした(笑)
朝早くからいって、夜遅くまで残っていたことが辛かったですが…学ぶ量も違うので、とにかく忙しい日々でした。



ヘアメイクの職業に定着するまで

Q:美容師になってからの変遷を教えてください。

A:ヘアメイクを強みとしてた会社に入社しましたが、その後美容室に就職しました。
サロンワークの日々で、この仕事が自分に合っているのか?と疑問をもっていました。

考えた末、人に癒しを与えたり、美容につながるような人に喜んでもらえるような職業を選び、リラクゼーションセラピストへ転職し、休みの日にたまに列席ヘアメイクなどに携わっていました。

ヘアメイクにやりがいを感じ、ブライダル業界に興味を持ち、ロケーション撮影のヘアメイクがやりたいと思い立ち沖縄へ移住しました。
一旦スタジオに勤め、学べることを学んだ後フリーランスになりました。

沖縄は、都内では見れない景色だったリ、ロケーションだったり、自然豊かなので自分が望んでいたやりたい撮影やスポットに多く出会えたと思っています。

まだまだ見れていない景色とかもあるので、もっと見て、撮影していきたいと思っています。



お客様の悩みに寄り添った新たなチャレンジ

Q:今後について教えてください。

A:現在カメラマンと取り組んでいるフォトウェディングをもっと盛り上げていきたいです。

スタジオの時に知り合ったカメラマンから声かけてもらっており、一緒にブライダルの事業にチャレンジしています。
もっと自分色を出していきたいと思っていたので、それをお客様に受け入れてもらえたら良いなと思っています。



From:HISAYOフリーランス(沖縄)

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事

関連記事はありません。