HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

スキンケア

日焼けしたら黒くなる?赤くなる?それぞれのタイプに合ったUV対策法!

日焼け対策にはただ日焼け止めを塗ればいいわけではありません!日焼けしたあと黒くなるか、赤くなるかでUVケア方法が違うのです。今回はタイプ別のUV対策の方法を紹介します♪

17

歳をとってから分かる…絶対にやっておいたほうがいいUVケア

日焼け止めってそんなに必要?

紫外線を浴びるとシミやそばかす、肌の老化といった肌トラブルが発生します!今はまだ大丈夫でも、歳を取ってから日焼け対策をしなかったツケが回ってくることも…今からでも遅くないので、日焼け対策をしていきましょう!

黒くなる肌には、「こすれプルーフ」がオススメ!

日焼けすると肌が黒くなるタイプは、メラニンが多く生成されやすいという特徴があります。なので日頃からしっかりと日焼け止めを塗っておきたいところ。でも日焼け止めって汗で落ちたりこすれて落ちたりしますよね?そこでオススメなのが、こすれに強い&汗に強いプルーフタイプのもの♪

赤くなって戻る肌には、「PA++++」の日焼け止めが絶対!

赤くなって戻るタイプはパッと見は日焼けしてるように見えないので安心…というわけではありません!ダメージが蓄積され、将来的にシワやたるみになりやすいです。そこで紫外線をしっかりカットできる「PA++++」の日焼け止めが◎。

黒くなる?赤くなる?自分にあったUV対策で日焼けさせない!

日焼け止めはドラッグストアやスーパーですぐ手に入ります!肌が黒くなりやすいか赤くなりやすいかなど、自分の日焼け傾向を知り、自分の肌に合ったものを使ってUV対策をしましょう♪

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧