更新日:2023.09.07
34262

髪のギシギシを改善する方法|原因と対策方法を知って艶髪を目指そう!

髪の手触りがギシギシとしていたら何だか気分も下がってしまいます。見た目もお手入れされていない髪に見えて、だらしなく残念なイメージに。今回はギシギシ髪の改善方法のほか、髪がきしむ原因や対策などをご紹介していきます。

髪がギシギシときしむ原因

カラーやパーマによる髪の毛のダメージ

カラーやパーマによる髪の毛のダメージ

カラーやパーマ施術は、髪のキューティクルにかなりのダメージを与えます。これらの化学的な処理は、美しさを追求する我々の願望と、髪への負担とのバランスを取る必要があります。美容室での施術を検討する際には、専門家に相談して、髪の健康を保つ方法を見つけましょう。

 

アイロンや紫外線による日常生活でのダメージ

アイロンや紫外線による日常生活でのダメージ

ヘアアイロンやドライヤーなどの熱を髪に頻繁に当てることや、日光にさらされることは、髪に微細なダメージを蓄積させます。日々のケアが大切で、小さなダメージが積み重なり、将来的に髪に大きなダメージをもたらすことがあります。熱から髪を守るための熱保護剤の使用や、帽子をかぶるなどの対策がおすすめです。

 

石鹸系のシャンプーの使用

石鹸系のシャンプーの使用

石鹸系のシャンプーは、自然派志向の方や敏感肌の人に選ばれることがあります。環境にも優しいシャンプーとして評価されていますが、使った後の髪の感触がキシキシすることがあるかもしれません。長期間使用すると、髪との相性が改善されることもありますが、即効性を求める方には向かないかもしれません。

 

ノンシリコン系のシャンプーの使用

ノンシリコン系のシャンプーの使用

ノンシリコンシャンプーは、シリコンが含まれていないため、髪を軽やかに洗い上げます。一方で、シリコン入りのシャンプーが提供するキューティクルの保護やしっとり感は得られないことがあり、髪がきしむことがあります。ノンシリコンシャンプーを選ぶ際には、コンディショナーやトリートメントで補うことが大切です。

髪のギシギシを改善し、艶やかな髪を手に入れるためには、日常のケア習慣の見直しや専門家のアドバイスを受けることが不可欠です。髪の健康を保ちながら、美しい髪を手に入れましょう。

髪のギシギシを改善する方法

トリートメントで栄養を与える

髪のギシギシを改善する方法

髪のギシギシ感を改善するために、日常のシャワータイムにトリートメントを取り入れてみましょう。トリートメントは髪に必要な栄養素を補給し、しっとりとした質感を取り戻すのに役立ちます。また、美容院でのプロのトリートメントも一考です。美容師に相談し、髪質に合ったトリートメントを受けることで、髪が活気を取り戻し、柔らかさを取り戻すことができます。

毎日の正しいヘアケア

毎日の正しいヘアケア

髪のギシギシ感を改善するためには、毎日の正しいヘアケアが不可欠です。紫外線から髪を守ることや、適切な保湿を心がけることは重要です。また、規則正しい生活習慣も髪の健康に大きく影響します。バランスの取れた食事、十分な睡眠、ストレス管理などを心がけ、日々の積み重ねによって、ギシギシした髪をサラサラで健康的な髪へと変えていきましょう。

傷みがひどい場合はカットする

傷みがひどい場合はカットする

髪が蓄積したダメージがひどい場合、そのままの状態で改善するのは難しいことがあります。このような場合、思い切って美容院で髪をカットすることを検討しましょう。傷んでいる毛先をカットすることで、新しい髪の成長を促し、ギシギシ感から解放されます。髪型や長さに変化をつけることで、新しい自分を見つける楽しみも味わえます。

髪のギシギシ感を改善するには、トリートメント、適切なヘアケア、そして必要ならカットというステップを組み合わせることが大切です。地道なケアとプロのアドバイスを活用して、艶やかで健康的な髪を手に入れましょう。

髪のギシギシ対策方法

アミノ酸系シャンプーに変える

対策 アミノ酸系シャンプーに変える

髪のギシギシ感を解消するために、アミノ酸系のシャンプーを試してみましょう。この種のシャンプーは最初は少し物足りない洗い上がりを感じるかもしれませんが、使い続けるうちに髪の手触りが明らかに改善されることを実感できるでしょう。市場には多くのアミノ酸系シャンプーがありますので、自分の髪質に合ったものを見つけてみてください。こだわりの香りや成分も楽しめますよ。

洗い流さないトリートメントの使用

対策② アミノ酸系シャンプーに変える

ギシギシした髪に簡単にケアを施す方法として、洗い流さないトリートメントがおすすめです。ミストタイプのトリートメントは、外出先でも手軽に使用できるので、常に持ち歩くことを検討してみてください。クリームタイプの洗い流さないトリートメントは、お風呂上りの濡れた髪に適しており、ドライヤーの熱からも髪を保護してくれます。

洗髪後はしっかり髪を乾かす

対策③ 洗髪後はしっかり髪を乾かす

洗髪後、髪をしっかりと乾かすことは大切です。濡れた髪を放置すると、髪のギシギシ感が悪化する原因となります。タオルで軽く水分を取り、その後ドライヤーを使用して完全に乾かしましょう。特に根元や毛先は丁寧に乾かすことで、健康的な髪を保つのに役立ちます。

髪のギシギシ感を解消し、艶やかな髪を手に入れるために、アミノ酸系シャンプーの利用、洗い流さないトリートメントの活用、そして適切なドライヤーの使用が重要です。これらのステップを実践することで、髪の美しさを取り戻しましょう。

きしむ髪の毛の対策におすすめなシャンプー5選

オルナオーガニック シャンプー

オルナオーガニック シャンプー

オルナオーガニックシャンプーは、合成香料等を排除した高品質のオーガニックシャンプーです。オーガニックながらも、洗浄力が高く、使い心地は爽やかです。シャンプー単体では少し髪がきしむことがあるかもしれませんが、リンスを併用することで、髪をサラサラに洗い上げてくれます。

 

アミカルコーポレーション シャンプー

アミカルコーポレーション シャンプー

アミカルコーポレーションのシャンプーは、コストパフォーマンスに優れた大容量の製品です。弱酸性で、頭皮にも優しいです。香りも控えめで、家族全員で使用しやすいでしょう。アミカルのトリートメントを併用すると、より柔らかな髪を実感できます。

 

KOSE ジュレームアミノノンシリコンシャンプー

KOSE ジュレームアミノノンシリコンシャンプー

ジュレームはノンシリコンの定番ブランドです。ノンシリコンながら、髪がきしむ感じは少なめで使いやすいシャンプーです。さらに、頭皮の汗の匂いを軽減する効果もあり、夏にぴったりです。手頃な価格も魅力です。

 

P&G パンテーンプレミアムダメージリペアシャンプー

P&G パンテーンプレミアムダメージリペアシャンプー

パンテーンのプレミアムダメージリペアシャンプーは、ノンシリコン、パラベン無添加、無着色の製品です。シャンプー時に少しきしみを感じるかもしれませんが、翌日には髪が落ち着いてくると評判です。手ごろな価格で試しやすいので、ぜひお試しいただきたいです。

 

Fプロテクトシャンプー ベーシック

Fプロテクトシャンプー ベーシック

Fプロテクトシャンプーはサロン専売品で、泡立ちがよく、さっぱりと洗える特徴があります。シャンプー時のきしみもあまり気になりません。翌朝の髪がしっとりとまとまりやすくなる効果が期待できます。大容量でコスパも良いので、おすすめのシャンプーです。

 

髪がきしむ原因になる髪のダメージには注意!

髪がギシギシときしむと、髪の手触りが悪くなり、スタイリング時に髪が切れたり、髪同士がこすれて傷みが悪化する可能性があります。このような髪のきしむ原因を理解し、予防策を講じることは非常に重要です。日々の髪のお手入れを怠らず、髪にダメージを与えない生活習慣を心がけることが、きしまない美しい髪を保つ鍵です。

髪のギシギシ感は避けたいものです。きしまないために、ダメージを防ぐための方法を積極的に取り入れ、艶やかで健康な髪を手に入れましょう。

 

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事