HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

thumbnail

2019.12.11

1150

ハイライトは難しい?ショート~ロングの自然に見えるお手本スタイルを紹介!

髪に立体感と動きを出せるハイライト。難しく見えますが、入れ方を工夫すれば自然に仕上がるんです。今回は、レングス別にお手本ハイライトヘアをご紹介します。

ショート~ボブのハイライトアレンジ

ベリーショート×ハイライト

ブラウンカラーにベージュのハイライトを細く入れたベリーショート。動きと立体感が出て、かき上げヘアもクールにキマります。
アレンジが難しいベリーショートにニュアンスをプラスしたいときにおすすめ。

ショートボブ×ハイライト

ナチュラルなショートボブ×暖色系ハイライトは清楚でフェミニンな印象。ハイライトを全体的に入れると後頭部に立体感が出て、シルエットをきれいに見せてくれます。
暖色系カラーは馴染みが良く、どんなファッションとも相性◎

ボブ×ハイライト

切りっぱなしボブはミルクティーベージュのハイライトで透明感のある外国人風ヘアに変身。ハイライトのグラデーションが引き立つ耳かけスタイルもおすすめです。
短めのヘアなら明るめカラーにも気軽にトライできます。

ミディアム~ロングのハイライトアレンジ

マッシュウルフ×ハイライト

大胆にレイヤーを入れたウルフスタイルは、ハイライトを入れると立体感がUP。コテで毛先を軽く巻くと動きが出ておしゃれに仕上がります。
小顔に見せたいならフェイスラインに沿ってハイライトを入れるのがおすすめ。

ナチュラルパーマ×ハイライト

ブラウン系のハイライトは馴染みやすく、髪に透明感とツヤ感を与えてくれる優秀カラー。細かいハイライトを全体に散らせばパーマヘアに動きが出ます。
細めに入れているので色落ちしても自然な髪色がキープできるのも魅力。

ゆるふわロング×ハイライト

重たく見えやすい黒髪ロングは、ハイライトを入れることによって軽やかに見えます。コテで巻いたり、アップにしても動きが出しやすいのもポイント。
傷みが気になる人は、ブリーチなしでハイライトを入れるのがおすすめです。

ハイライトでもっとおしゃれに♡

カラーや入れ方次第で違う印象を楽しめるのもハイライトの魅力。ワンランク上のおしゃれヘアを手に入れましょう。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧