ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.11.08

747

知って得する!ヘアオイルの知識と選び方で理想の髪質をGET♡

お肌のケアと同じくらい、女性には重要視されているヘアケア。ヘアケアにはいろんなアイテムがありますが、その中でも今回ご紹介するのは「ヘアオイル」です。髪美人には重宝されているヘアオイルの基礎知識をご紹介しましょう。また、自分に合った選び方も重要なので、要チェックです!

まずはヘアオイルについて理解しよう!

ヘアオイルってどんなものなの?

ヘアオイルとは、その名の通りオイルベースのヘアケアアイテム。オイルで髪の毛を保湿して、潤いやツヤを与えてくれます。熱に強い性質をもっているので、髪の毛を守ってくれる役割もあるのです。

ヘアオイルにはさまざまな種類がある?

ヘアオイルには、ツバキ油などの植物性の天然由来のもの、馬油などの動物性のものなどがあり、それぞれに種類があります。それぞれ髪の毛の悩みによって選ぶと、自分の理想に合った髪質をGETできるかも♡

香りも楽しめる女子のための人気アイテム

ヘアオイルの中には、香りがついているものもあるので、ヘアコロンの代用として使うことも可能。美髪になれるうえに、いい匂いを漂わせることもできる女性には万能なアイテムなのです。

ヘアオイルの驚くべき効果とは?

憧れのサラサラヘアーが手に入る!?

ヘアオイルは、髪に潤いを与えて乾燥を防いでくれます。オイルと聞くとベタベタ感を想像してしまうかもしれませんが、ヘアオイルを使うとツヤ感がアップしたサラサラヘアーになれるのです。

潤いに満ちたツヤ髪になれるアイテム

髪に水分を与えるだけでなく、その水分を保てるのがヘアオイルの魅力。乾燥するとパサついて広がってしまう髪も、ヘアオイルを塗れば、まとまりのある潤ったツヤ髪に近づけます。

ドライヤーの熱からも守ってくれる

オイルで髪をコーティングすることができるので、ドライヤーからの熱のダメージをやわらげてくれます。ダメージがあるとはいえドライヤーは欠かせないもの。そんなときに活躍してくれるのが、ヘアオイルなのです。

バチッと怖い静電気の恐怖とはさようなら

ヘアオイルで潤いを与えることで、乾燥を防げるだけでなく、静電気を防ぐこともできます。静電気の原因のひとつと言われている乾燥を防げば、静電気の痛さや驚きから解放されるかもしれません。

ブラシの摩擦からも守ってくれる

ヘアケアには欠かせないブラッシングですが、ブラシとの摩擦によって多少はダメージを与えてしまうもの。摩擦のダメージからも、ヘアオイルを塗れば守ってくれるので、枝毛や切れ毛を防げます。

自分の髪質や悩みに合った選び方

選ぶときには質感をチェックしよう

ヘアオイルは適度に使えばサラサラな髪の毛になれますが、中にはトロリとしたしっとり感を重視したものもあります。自分が使いやすいテクスチャのものを選びましょう。

髪の悩みに合ったオイルを選ぼう

ヘアオイルといっても、さまざまな種類があり、それぞれに効果を示すものが異なります。乾燥に効果が期待できるもの、ダメージに効果が期待できるものなど、自分が求める効果のあるヘアオイルを使いましょう。

パサついた髪にはオリーブオイル

料理にもスキンケアにも使われているオリーブオイルは、ヘアケアでも大活躍。含まれているビタミンEが、保湿効果が期待できるので、パサつきが気になる髪におすすめのヘアオイルです。

ダメージ髪にはツバキオイルをチョイス

ツヤ感を与え、サラサラ髪にしてくれるのがツバキオイル。髪1本ごとをしっかりとコーティングして、髪へのダメージも防いでくれます。皮脂バランスを調整する作用もあるので、頭皮のフケや乾燥対策にもおすすめ。

頭皮ケアの問題にはホホバオイルを

髪に潤いを与えるのはもちろん、健康な髪をつくる頭皮環境を整える働きがあるのがホホバオイル。油分や水分の調整ができ、頭皮についた汚れを落としやすくしてくれます。比較的サラッとした使い心地のヘアオイルです。

正しい使い方をマスターしよう! 

使い方次第で効果が変わる!?

ヘアケアに大活躍してくれるヘアオイルですが、正しい使い方をしないとその効果をちゃんと引き出すことができません。しっかりと正しい使い方をマスターして、美髪を目指しましょう。

ヘアオイルは髪が濡れた状態で使おう

シャンプー後など髪の毛が濡れた状態の方が、キューティクルが開いてよりヘアオイルを浸透させることができます。ドライヤーの熱から守る効果も期待できるので、濡れた状態のときにヘアオイルを塗りましょう。

塗り過ぎには要注意!適切量を使おう

多く塗るほど効果があるのではなく、多すぎるとベタついた印象になってしまうことも。髪の長さに合わせて2~3プッシュを目安に使いましょう。髪の長さや量により異なりますが、髪に塗った後に手のひらに残らない量が適切量です。

正しい塗り方をマスターして美髪へ

基本的には、パサつきやすい毛先を中心に塗るようにしましょう。まず手のひらになじませてから、髪の内側になじませるようにして塗ります。表面に塗るのではなく、髪に浸透させるイメージをして塗るといいですよ。

美髪にははずせないヘアケアアイテム

髪は女の命ともいわれることもあるほど、大事な女子の美意識ポイント。美髪を目指すときに、ヘアオイルは大活躍してくれます。サラサラかつツヤ髪になりたいなら、ヘアケアアイテム「ヘアオイル」をGETしましょう。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧