更新日:2023.08.10
51992

ヘアミルク&ヘアオイルの違いは?それぞれの美髪メリットを紹介♡

ヘアケアにおいて、ヘアミルクとヘアオイルは代表的なアイテムとして注目されていますが、どちらを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。この記事では、ヘアミルクとヘアオイルの個々の特徴や効果的な使い方について詳しく紹介していきます。自分の髪質や悩みに合わせて適切なケアアイテムを選び、美しい髪を手に入れるためのアドバイスをご提供します。ヘアケアの選択肢が広がることで、あなたの髪がより輝くような未来を実現しましょう♪

ヘアミルク派に聞いた!ヘアミルクのメリットって何?

ヘアミルクって何?ヘアミルクの成分を教えて!

ヘアミルクって何?ヘアミルクの成分を教えて!

ヘアミルクは、水や乳糖、クエン酸、エタノールなどの水性成分を主な原料としています。一般的に、ヘアミルクは水性タイプのヘアケア製品のことを指します。その名前の通り、ヘアミルクは白濁した見た目が特徴的です。水分豊富な成分が髪に潤いを与え、しっとりとした状態を保つことが期待されます。

さらっと感がクセになる♡柔らかな仕上がりに期待大♪

さらっと感がクセになる♡柔らかな仕上がりに期待大♪

ヘアミルクは、水性成分が主成分であり、そのため使い心地が軽く、さらっとした感触が特徴です。この軽やかな質感は、髪にふんわりとしたボリュームをもたらし、まるでプロのサロンから出たばかりのような仕上がりになることでしょう。髪が柔らかくしなやかに仕上がり、女性らしい印象に近づけることが期待できます。もし軽さとさらっとした使い心地を求めているなら、ヘアミルクが絶対におすすめです。

高い保湿力が魅力的♡傷んだ髪の救世主!

高い保湿力が魅力的♡傷んだ髪の救世主!

ヘアミルクは、さらっとした使い心地だけでなく、高い保湿力も魅力的です。水性成分で作られたヘアミルクは、髪の内部に水分を浸透させることに優れており、乾燥やパーマ、カラーリングによるダメージを受けた髪にも潤いを与える助けをします。髪が乾燥しにくくなり、まとまりやすさも格段にアップします。これにより、髪の美しさと健康を取り戻す第一歩と言えるでしょう。

ヘアオイル派に聞いた!ヘアオイルのメリットって何?

ヘアオイルは何でできている?ヘアオイルの成分を解説!

ヘアオイルは何でできている?ヘアオイルの成分を解説!

ヘアオイルは、主に油性成分を含んだヘアケアアイテムで、髪への深いケアを提供しています。ベースとなるオイルには主に2種類があります。一つは髪や頭皮に優しい天然由来の植物性オイル。そしてもう一つは、髪を守り外部からの刺激を和らげる鉱物性オイルです。これらのオイルが絶妙にブレンドされ、髪へのケアと保護を提供します。ヘアオイルの成分を知ることで、その効果の源に迫りましょう。

指通り滑らか♪髪になじみやすいヘアオイル!

指通り滑らか♪髪になじみやすいヘアオイル!

ヘアオイルは、皮脂に近い成分が含まれているため、髪に自然な馴染みを見せます。髪のキューティクルにオイルがなじむことで、指通りやクシのすべりが驚くほど滑らかになる効果があります。指先で髪に触れるたび、そのなめらかな質感に感動することでしょう。ヘアオイルのなめらかな触り心地は、まさに髪への贅沢なご褒美です。

まとまり感がたまらない♡まとまりにくい髪の人必見!

まとまり感がたまらない♡まとまりにくい髪の人必見!

ヘアオイルは、広がりやすくまとまりにくい髪の悩みを解消する魔法のアイテムです。オイルが髪の表面をコーティングすることで、髪がまとまりやすくなり、パサつきもおさえられます。髪がまとまることで、スタイリングの幅も広がりますし、自信をもって髪を纏えるでしょう。ヘアオイルのまとまりへの貢献度は、髪型の完成度を格段にアップさせてくれます。

ツヤのある髪に変身?!熱から潤いを守ってくれるヘアオイル♪

ツヤのある髪に変身?!熱から潤いを守ってくれるヘアオイル♪

ヘアオイルは、とろりと濃密なオイルが髪を包み込み、ダメージや熱から髪を守る力を秘めています。髪の外部をコーティングし、潤いを閉じ込めることで、髪が輝きに満ちた健康的な状態を保つことができます。また、紫外線からも髪を保護する効果もあるため、季節や環境の変化にもしっかりと対応してくれます。ヘアオイルの魔法は、輝く髪を手に入れるための欠かせない秘訣です。

ヘアミルクとヘアオイルの併用は時間差使いがポイント

乾燥髪にはヘアミルクで水分補給を♪

乾燥髪にはヘアミルクで水分補給を♪

乾燥した髪は、エアコンや外部からのダメージによって水分不足に陥りがちです。このとき、水分補給がカギとなります。ヘアミルクは、その名の通り水性成分が豊富で、乾燥した髪に潤いをもたらすのにぴったりです。ヘアミルクを使用することで、パサつきが軽減され、髪が柔らかくしなやかな質感に仕上がります。乾燥髪の救世主として、ヘアミルクの力を信じてみませんか?

濃密なオイルで潤いを閉じ込める!

濃密なオイルで潤いを閉じ込める!

ヘアオイルは、濃密なオイルが髪にコーティングを施し、乾燥や水分の蒸発を防ぐ効果を持っています。この潤いを閉じ込める力により、髪の保湿効果がアップし、髪全体がしっとりとした状態を保ちます。指通りが滑らかになり、まとまりにくい髪もまとまりやすくなります。ヘアオイルの魔法で、うるツヤの美髪へと変身させてみましょう♪

上塗りはNG!時間差使いでケア力がグンとアップ♪

上塗りはNG!時間差使いでケア力がグンとアップ♪

美髪を手に入れるためには、ヘアミルクとヘアオイルの組み合わせがおすすめです!ただし、重要なのは正しい使い方です。まず、ヘアミルクを最初に使用して、髪に水分を浸透させて補修します。その後、ヘアオイルを重ねることで潤いをしっかりと閉じ込めます。このように、時間差をつけて使うことで、それぞれのアイテムの特長を最大限に引き出し、ケア力をアップさせることができます。美髪への近道は、ヘアミルクとヘアオイルの相乗効果にあります。ぜひ試してみて、理想の髪を手に入れましょう♡

うるツヤ髪に大変身♪正しい使い方と注意点を覚えよう!

ヘアミルクはこう使う!水分補給はお風呂あがりがチャンス!

ヘアミルクはこう使う!水分補給はお風呂あがりがチャンス!

ヘアミルクを使う際には、お風呂上がりのタオルドライ後が最適なタイミングです。髪は水分を吸収しやすい状態なので、ここがヘアミルクのチャンス。適量を手のひらに取り、体温で温めながら髪全体に均一に馴染ませましょう。特に傷んだ毛先から根元に向けて丁寧に塗布することで、水分を閉じ込め、ツヤのある髪を育てます。

ヘアミルク使用ときの注意点!適量をマスターしよう♪

ヘアミルク使用ときの注意点!適量をマスターしよう♪

ヘアミルクを使用する際には、適切な量を把握することが大切です。髪の長さや量によって適量は異なるため、髪の状態を見極めながら調節しましょう。過剰な使用や直接髪につけすぎることを避け、控えめな量から始めてみるのがおすすめです。ショートヘアなら1プッシュ、ミディアムヘアは2プッシュ、ロングヘアは3~4プッシュ程度を目安にしましょう。適量を守ることで、髪に軽やかな潤いを与えることができます。

ヘアオイルを使うタイミングはココ!

ヘアオイルを使うタイミングはココ!

ヘアオイルは、髪がしっかりと乾いている状態で使用することがポイントです。濡れた髪に使うと効果が薄れてしまうため、注意が必要です。適量を手に取り、体温で温めながら髪の毛先を中心に集中的になじませていきましょう。髪の表面には薄く広げるだけで十分です。この使い方により、髪に潤いを閉じ込めて、美しいツヤを作り出すことができます。

ベタつき注意!適量以上は危険信号!

ベタつき注意!適量以上は危険信号!

ヘアオイルは油性成分を含むため、適量を守ることが大切です。多すぎると髪にベタつきをもたらす可能性があります。仕上げに使用する際は、少量を手に取り、髪全体に軽くなじませるようにしましょう。また、天然成分のオイルには自然な香りが含まれていることもありますので、自分の好みに合ったオイルを選ぶことも大切です。ベタつかず、軽やかな仕上がりを目指して、適量を守ることが美髪へのカギです。

動画で詳しく!オイルの使用量と正しいドライ法

 

 

ヘアケアに欠かせないヘアミルクとヘアオイルは上手に使い分けよう!

ヘアケアに欠かせないヘアミルクとヘアオイルは上手に使い分けよう!

ヘアミルクとヘアオイル、それぞれに独自の特徴やメリットが備わっています。髪の補修や保湿、好みに合わせた仕上がりを実現するために、使い分けることも可能です。さらに、両者を組み合わせて使うことで、より一層美髪への近道が開けます。適切な使い方やタイミングを把握し、効果的に活用して、うるツヤ髪を手に入れましょう。

ツヤ髪ゲット!おすすめオイルはこちら♪

width='399'


ONCEはくせやうねり、ぱさつき改善に特化したヘアケアアイテム。トレンド感のある質感を再現できるスタイリング性能と、高い保湿効果と内部補修によるヘアケア性能の両方を兼ね備えているので、アウトバストリートメントとしてもスタイリング剤としてもご利用頂けます!

 

▼ONCEをもっと見る

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事