更新日:2024.01.23
38171

前髪を切りすぎた!そんな時の救済アレンジテクニック

髪全体の長さも大切だけど、顔の印象を左右する前髪はもっと重要。「うっかり切りすぎちゃった!」、「切りすぎた前髪って、どうやってごまかしたらいいの?」etc. 前髪を切りすぎても大丈夫!短く切りすぎてしまった前髪をかわいく見せるアレンジを集めてみました♡

まず知っておきたい!セルフカットをする時の注意点

つい短くなりがちなセルフカットは要注意

美容院への頻繁な通いは面倒かもしれませんが、自分での前髪カットは意外と難しいもの。ちょっとした手間を惜しむと、「あれ?短すぎ?」という事態に。特に、オン眉や大胆なスタイルはプロの技が必要です。自分でのカットは、ちょっとした調整に留め、大きな変更は美容師さんにお任せするのがベスト。安易なセルフカットは、後悔の元になることも。

 

セルフなら目元ギリギリカットが安心♡

セルフカットをする際、前髪のカットはちょっとしたコツが必要。まず、前髪を濡らしてから整え、その後乾かして自然な状態を確認しましょう。濡れた髪は乾いた時と長さが異なるため、最終的な調整は乾いた状態で行うのがおすすめです。カットする部分を人差し指と中指でしっかりと固定して、余分な髪はクリップで留めておくとスムーズに作業できます。前髪を引っ張らず、そのままの状態でカットするのがコツです。そして、一気に切るのではなく、少しずつカットしていくことで、理想の長さに近づけるようにしましょう♡ 

 

切りすぎた短め前髪のアレンジテク【ショートヘア編】

ワックスを揉み込んでくせ毛風に

切りすぎてしまった前髪全体的に前髪全体にワックスをくしゃっと揉み込むだけで、外国人風のくせ毛スタイルに変身。このアレンジは、短くなった前髪をカジュアルに見せるのにぴったり。特にショートヘアの方には、このスタイルがおすすめです。ちなみに、ワックス選びもポイント。髪質や好みの仕上がりに合わせて、最適なものを選ぶことで、より理想的なスタイルが実現しますよ♪ 

 

前髪を厚めにとって馴染ませる

サイドやトップの髪を前髪部分に組み込むことで、全体にボリューム感を出すことができます。短くカットされた前髪の強い印象も緩和され、より自然なルックが得られます。特に、前髪が短すぎてしまったと感じる場合には試してみると良いでしょう。特別なツールや技術を必要としないので、誰でも簡単にトライできます。ただし、髪の長さや質感によっては、スタイリング剤を使用して形をキープすることをおすすめします。

 

束感を作ってバランスを整える

前髪を切りすぎてしまった時の対処法として、ガーリー系のヘアスタイルに挑戦するのはどうでしょうか。束感を出すことで、短くなった前髪をメインにしたスタイルが楽しめます。特に、前髪の部分にアクセントをつけることで、全体のバランスを整えることができます。少しのワックスやヘアジェルを使って、前髪部分を束ねたり、巻いたりすることで、短めの前髪もおしゃれに見せることができます。

 

切りすぎた前髪のごまかし方【ボブヘア編】

切りすぎた部分に合わせてカット!

切りすぎてしまった部分に合わせて、思い切って前髪全体を切りそろえてみるのもアリ。切りすぎた部分をベースにして、前髪の長さを均一にすることで、顔の形が引き締まり、大人っぽい印象を与えることができます。また、均一な前髪はスタイリングもしやすく、日常のヘアアレンジの幅も広がります。切りすぎた前髪を悩む前に、新しい自分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

全体をふんわりと巻いて馴染ませて

切りすぎた前髪も、ちょっとしたスタイリングで上手にカバーできます。前髪の短い部分を中心に、全体をゆるやかに巻くことで、ナチュラルな動きをつけることができます。ゆるく巻いてワックスをオン。軽く揉み込むことで、ふわっとした抜け感のあるスタイルを実現できます。外国人風のソフトなカールを前髪に取り入れることができ、短く切りすぎた部分も自然に馴染みます。スタイリングの際は、強く引っ張らず、髪の自然な流れを生かしながら巻くことがポイントです。

 

おでこを出してボーイッシュに

前髪を少し巻いて、おでこ全体を見せるスタイルは、ボーイッシュな雰囲気を持ちながらも、女性らしさを失わない魅力的なアレンジです。ワックスを揉みこんで、前髪をかき上げるようにして後ろへ流すことで、顔周りがすっきりと見え、フレッシュな印象を与えます。特に、ガーリーなボブヘアとの組み合わせは、甘さとクールさが絶妙にマッチし、一風変わったスタイルとして注目を浴びることでしょう。

 

切りすぎた前髪のごまかし方【ミディアムヘア編】

短い毛に合わせてレイヤーを

前髪を薄くすいておでこが透けるようにアレンジすることで、短さを上手くカモフラージュします。短くなりすぎた部分を、前髪全体として軽やかにすいて整えることで、抜け感のあるナチュラルな雰囲気を演出できます。短さが気になる部分をうまく隠しつつ、トレンド感もプラスするので、短さを上手くカバーしたいときにおすすめです。

 

ウェット&束巻でアンニュイな雰囲気に

切りすぎた前髪を上手にカバーするためのアレンジ方法として、ウェットヘア風のスタイリングがおすすめです。特に、一部分だけ切りすぎてしまった場合、全体のバランスを取るためにウェットヘア風に仕上げることで、アンニュイな雰囲気を演出することができます。まず、前髪以外の部分にワックスを適量つけ、束感を出します。次に、ウェットヘア風に仕上げるためのスタイリング剤を選びます。ウェットヘア風には、しっかりとしたホールド力とツヤ感が求められるため、適切なスタイリング剤の選択がポイントとなります。スタイリングの際には、髪を触りすぎないように注意し、形が崩れないようにします。これで切りすぎた前髪も上手にカバーし、おしゃれなヘアスタイルを楽しむことができます。

 

切りすぎた前髪のごまかし方【ロングヘア編】

かき上げ前髪にしてごまかそう

ロングヘアの場合、短い前髪とのコントラストが強くなりがちですが、前髪を他の髪と合わせてかき上げることで、そのコントラストを緩和し、自然な雰囲気を作り出すことができます。前髪を軽く束ねてかき上げることで、短さをカバーしつつ、抜け感のあるスタイルを演出することができます。このスタイルは顔周りのラインをすっきりと見せる効果もあり、全体的にフレッシュな印象を与えることができます。短く切りすぎた前髪も、適切なアレンジで上手くカバーし、おしゃれなヘアスタイルを楽しむことができます。

 

サイドに流して馴染ませる

まず、前髪に軽くアイロンを使用して、柔らかいカールをつけます。前髪とサイドの髪との境界をぼかし、自然につなげる役割を果たします。次に、全体の髪をふんわりと巻くことで、全体のヘアスタイルに統一感を持たせることができます。短くなった前髪もサイドの髪との調和を取りながら、ナチュラルに仕上げることができます。このアレンジは、短く切りすぎた前髪を巧みにカバーし、ロングヘアとのバランスを美しく保つことができるので、おすすめの方法となります。

 

流しにくい前髪はヘアピンで固定

サイドに流せないほど短く切りすぎた場合は、ヘアアクセでサイドに留めてしまうとよいでしょう。大きめのヘアピンはそのホールド力で前髪をしっかりとサイドに留めることができます。ヘアピンの選び方や使い方にもコツがあります。例えば、アメリカンピンはしっかりとした固定力があり、スモールピンは細かい部分の髪の毛留めに適しています。また、Uピンや鬼ピンはふんわりとしたスタイルを固定させるのに適しています。特に、大きめのヘアピンを使用する際は、髪の毛をしっかりと挟み込むことで、一日中崩れることなくキープすることができます。このように、ヘアピンの種類や使い方を工夫することで、短く切りすぎた前髪も上手にカバーし、おしゃれなヘアスタイルを楽しむことができます。

 

前髪を切り過ぎたときのおしゃれアレンジ術

オン眉は細めのコテで巻いてみる!

オン眉前髪を細めのコテで巻くのは、今のトレンド感が出ておしゃれに見えるアレンジ方法です。19mmのコテを使用することで、自然なウェーブを作り出すことができます。外国人風のルーズな雰囲気を演出するのに最適。前髪が短くても、この方法で上手にカバーし、新しいスタイルを楽しむことができます。さらに、このアレンジはシンプルながらも、顔周りの印象をソフトにし、フレッシュな雰囲気を持ち込むことができるので、前髪を切り過ぎてしまったときの救世主とも言えるでしょう。

 

センター分けバングのねじり前髪アレンジ

前髪をセンターで分けてねじって留めるだけ♡このアレンジのポイントは、前髪をしっかりとセンターで分け、ねじりながらサイドに流すこと。このねじりの動きが、短さを柔らかく見せ、顔周りにも自然な動きをもたらしてくれます。前髪が短すぎてどうしようもないと感じるとき、このアレンジは頼りになること間違いなし。ねじりながら流すことで、前髪が自然に顔のラインに沿って落ちるので、全体のバランスも良くなります。簡単なステップで、短く切りすぎた前髪もおしゃれに変身させることができるので、ぜひ試してみてくださいね♡。

 

ぱっつん前髪の魅力を最大限に引き出そう!

シアバターやヘアオイルを使って、前髪に自然な束感を出してみましょう。この束感が、切り過ぎた前髪の直線的な重さを軽やかに見せてくれます。また、全体をオールバックにして、前髪を後ろに流すスタイルもおすすめ。切り過ぎた部分を上手くカモフラージュしつつ、顔のラインをすっきりと際立たせることができます。切り過ぎたぱっつん前髪も、適切なアレンジで上手くカバーし、おしゃれな印象を持続させることができますよ。

 

アクセサリーを有効活用してセンスアップ!

前髪アレンジでより可愛く♡

カチューシャで上げた前髪にヘアオイルを使ってみて。ヘアオイルで束感を出すことで、自然でこなれた雰囲気に。さらに、前髪を少し流してシースルーバング風にするのも素敵です。ヘアオイルで軽く束を作り、自然な動きを出すことで、切りすぎた感じもぐっとおしゃれに変わります。また、アイロンを使って根元から軽くカールを加えると、長さを感じさせることができるのでおすすめです。

 

ヘアターバンやスカーフが絶妙マッチ♡

全体を軽く巻いた髪に、スカーフを巻いてアップヘアにまとめることで、短い前髪も自然に馴染ませるむことができます。スカーフの色や柄を選ぶ楽しみも増え、短い前髪を上手くカバーしながら、トレンド感のあるスタイルを楽しむことができます。スカーフを使用することで、髪全体のボリュームアップや、顔まわりのアクセントとしても効果的。短く切りすぎた前髪も、適切なアレンジとアクセサリーの組み合わせで、新しい魅力を引き出すことができるのです。

 

合わせ小物でもオシャレ感アップ

ユニークなヘアピンや特徴的なだてメガネを取り入れるのはいかがでしょうか。これらのアクセサリーは、短い前髪の印象を上手く調和させ、全体のスタイルを引き立ててくれます。個性的なヘアピンは、前髪をサイドに流すことが難しい場合にも、髪をしっかりと固定し、おしゃれなアクセントとして機能します。また、ダテメガネは、顔全体の雰囲気を一新し、短い前髪をさりげなくカバーする効果も期待できます。これらの小物を取り入れることで、短すぎる前髪も気にならなくなり、さらにファッションの幅も広がります。短い前髪を持つ方にとって、これらのアクセサリーは絶対のマストアイテムと言えるでしょう♡

 

切りすぎた前髪もアレンジでもっとかわいく♡

前髪をちょっと切り過ぎてしまったとき、落ち込む必要はありません♡ ちょっとのアレンジで、その短さを魅力に変えることができるんです。前髪を短くするだけでなく、ワックスを使って自然に散らすことや、サイドやトップの髪を合わせてアクセントをつけることで、新しいスタイルを楽しむことができます。短い前髪を活かすアレンジを試して、新しい自分を発見してみてくださいね♡

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事