ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2020.06.18

43631

女性のもみあげの理想の形&セルフ処理方法を紹介!横顔美人になろう☆

もみあげの濃さや長さで、顔の印象が大きく変わります。そのためセルフ処理は大事です。
ただし理想のもみあげの濃さや長さ等基準が分からないと、失敗に繋がります。処理方法も含めて知り、理想のもみあげを手に入れてください。

もみあげは濃い女性のイメージ

女性らしさが少ない

もみあげが濃いと男性ぽいイメージが強くなります。ボーイッシュというよりもワイルドという感じに捉えられるのも、女性にとっては問題です。女性らしさが少ないと感じられないためにも、きちんと処理しておきたい部位なのです。

全身が毛深そう

もみあげが濃いと全身が毛深いと感じる人も居ます。もちろん実際はイコールとして結び付けられないのですが、連想する人が少なからずいるのです。
美容という観点だと毛深さにポジティブな意味はあまりありません。チャームポイントにしているなら良いのですが、毛深いと思われたくないなら処理をおすすめします。

女性のもみあげの理想の形

先の丸い逆三角形

もみあげの処理をするとしても、理想の形を知らないと上手にできません。一般的な理想とされている形として、先の丸い逆三角形があります。この形のもみあげはナチュラルで、特別処理をしていない自然なイメージを与えられます。

シャープな印象にするなら耳の真ん中あたり

シャープな印象を与えたいなら、耳の真ん中辺りを基準にした長さも選択肢になります。この位置で切るとすっきりとしたイメージになるからです。ショートヘアの方は真ん中にする事で、全体的なバランスが良くなります。濃さだけではなく長さでも印象は大きく変わるのでチェックが必要です。

ふんわりした印象にするなら耳たぶあたり

ソフトで柔らかなイメージにしたいなら、耳たぶ辺りの長さを基準にしてください。耳たぶに届く辺りにしておけば柔らかな印象となります。ただしショートヘアーだと少し目立つ感じもあるため、ミディアムやロングヘアの女性に向いている位置です。

▶最新の#ショートヘアカタログ

▶#ショート人気ランキング

 

もみあげを処理するメリット

横顔の美しさUP

もみあげを処理する事は毛深さのイメージを払拭できるだけではなく、他にも色々なメリットを得られます。例えば横顔の美しさがUPするのは大きなメリットです。ボサボサとしたもみあげを処理するだけで、全体的にすっきりとするため、美しい横顔を演出できます。

▶最新の#ショート 横顔ヘアカタログ

▶#ショート 横顔人気ランキング

小顔効果

もみあげが長いと、全体的に顔が大きく見えがちになります。同時に濃ければもさっとした感じが出るのです。ロングヘアの女性もよくアップスタイルをするなら注意してください。アップした時にもみあげを見られると、顔が大きいイメージを持たれる可能性があるからです。もみあげを処理すれば不安は解消できます。

▶最新の#ショート 小顔ヘアカタログ

▶#ショート 小顔人気ランキング

 

清潔感が増す

ぼさついたもみあげは、清潔感に問題ありと感じられる場合もあります。癖毛の人は特に注意が必要でまとまりがないため、ぼさつき感が強くなるのです。もみあげをきちんと処理する事ですっきりとし、ぼさつき感が弱まるため清潔感がアップします。

セルフ処理の仕方

もみあげ処理に必要な道具を揃える

もみあげは自分でセルフ処理ができます。そのためには必要な道具を揃えなければなりません。主な道具として女性用のフェイスシェーバーや毛抜き、カミソリ等が挙げられます。この中でもフェイスシェーバーは、肌への負担も小さく手軽に処理できるのでおすすめです。

髪の毛をまとめてもみあげだけにする

髪の毛のサイドを上げて、もみあげがはっきりと見えるようにします。その時ヘアゴムやヘアクリップで留める事で、髪の毛が落ちなくて済みます。顔を洗って清潔な状態にし、コームを使用してもみあげをきちんと整えておくのもポイントです。

なりたいもみあげの形に下書きをする

アイライナーや眉墨でどんな形にするか下書きをしておけば、失敗のリスクを大きく減らせます。下書きを行わず適当にスタートすると、左右の形がバラバラになったり思った以上に剃ったり、残したりが起きるからです。下書き時では何度もやり直せるので、自分の理想のもみあげを描きやすくもなります。

長さを少しずつカットする

もみあげの処理は丁寧に少しずつ進める事が重要です。下書きに沿ってもみあげの形を少しずつカットして整えていきます。一度にやると大きな失敗が起きた時、修復が効きません。1つのもみあげに対し左右交互に行います。そうする事で失敗のリスクを減らせます。

周りの余分な部分も少しずつカットする

カットしたら今度は周囲にある余分な毛を処理します。余分な毛だからと油断すると必要な部分まで剃ってしまい、一気にバランスが悪くなります。鏡に映す時は、少し遠目でチェックするのがポイントです。近づけると細かな部分は確認できますが、全体が見えなくなります。そのためバランスが崩れても気づき難いのです。その点に注意しながら丁寧に余分な毛を処理してください。

左右のバランスが整ったら保湿して終了

鏡をチェックし、左右のバランスが整っていると感じたら最後は保湿です。肌への負担が少ないフェイスシェーバーでも、多少はダメージがあります。
保湿をきちんとする事で、肌の炎症やかぶれ等のトラブルを予防できます。

セルフ処理をするときの注意点

生え際の産毛と同じくらいの濃さを目安にする

もみあげの薄さの基準は、生え際にある産毛と同程度です。特におでこの生え際にある産毛はかなり薄くなっています。この生え際の濃さを基準にすれば、調整する時の助けとなります。産毛よりも少し濃い感じを意識する事で、丁度良い濃さになるのです。

幅を狭くしすぎないようにする

幅を狭くし過ぎるのは良くありません。ナチュラルさが消えて、いかにも手入れをしているという雰囲気が強調されるからです。基本的には、逆三角形を基準にします。逆三角形を基準にすれば過剰に狭くならず、バランスの良い幅になります。

失敗したら大変なので自信がないならサロンに任せる

慎重にセルフ処理をしてもちょっとしたミスで大失敗に繋がります。例えば思った以上に剃る事も珍しくありません。不器用で自信が無い方は、エステサロン等のプロに任せるのも選択肢です。プロの手による丁寧な施術なので安心できます。

理想のもみあげで小顔効果と横顔美人を手に入れる☆

理想的なもみあげの濃さは、おでこ等に生えている産毛より少し濃い程度が基準です。アイライナーや眉墨で下書きをしておけば、カットによる大きな失敗を回避できます。一気にやって失敗すると取り返しがつかないので、丁寧にカットするのがポイントです。ただ不器用だと失敗するのではないかと不安になります。そんな方は、エステサロン等でもみあげの脱毛をするのも選択肢に入れてください。確実に理想のもみあげを作れます。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧