更新日:2024.02.14
218572

女性のもみあげの理想の形&セルフ処理方法を紹介!横顔美人になろう☆

もみあげの濃さや長さで、顔の印象が大きく変わります。そのためセルフ処理は大事です。ただし理想のもみあげの濃さや長さ等基準が分からないと、失敗に繋がります。処理方法も含めて知り、理想のもみあげを手に入れてください。


もみあげが濃い女性のイメージ

女性らしさが少ない

もみあげが濃い女性のイメージ 女性らしさが少ない

もみあげが濃いと男性っぽいイメージが強くなります。ボーイッシュというよりもワイルドという感じに捉えられるのも、女性にとっては問題です。女性らしさが少ないと感じられないためにも、きちんと処理しておきたい部位なのです。

 

全身が毛深そう

全身が毛深そう

もみあげの濃さから、全身が毛深いという印象を持つ人も少なくありません。実際のところ、もみあげの濃さと全身の毛深さは必ずしも関連していないのですが、連想する人が少なからずいるのです。美容の観点から見れば、毛深さにポジティブな意味はあまりありません。もし、自分の魅力として活かせるなら問題ありませんが、毛深いと思われたくないなら処理をおすすめします。

 

女性のもみあげの理想の形

先の丸い逆三角形

もみあげは、女性の顔立ちを引き立てる重要なアクセント。その形状を整える前に、まずは理想の形を知ることが大切です。多くの方が好む形として、先の丸い逆三角形があります。この形は、ナチュラルで特別処理をしていない印象を与えることができます。理想の形を知ることで、もみあげの処理がより簡単に、そして上手に行えるようになります。自分の顔に合ったもみあげの形を追求する第一歩として、まずは適切な知識を持つことがポイントとなるでしょう。

 

シャープな印象にするなら耳の真ん中あたり

シャープな印象を与えたいなら、耳の真ん中辺りを基準にした長さも選択肢になります。この位置で髪をカットすると、顔全体が引き締まった印象になります。特にショートヘアの方には、この長さがおすすめ。全体の均衡が取れ、顔のラインが美しく見えます。もみあげの濃さや長さだけでなく、その位置も大切。適切な位置でのカットは、顔の印象を大きく左右しますので、ぜひ参考にしてみてください。

▶最新の#ショートヘアカタログ

 

ふんわりした印象にするなら耳たぶあたり

ソフトで優しい雰囲気を持つ髪型を目指すなら、耳たぶの位置を基点として考えるのがおすすめです。耳たぶの位置に髪が触れるような長さにすることで、自然で柔らかな印象を持つスタイルが完成します。ただしショートヘアーだと少し目立つ感じもあるため、ミディアムやロングヘアの方に特におすすめのスタイルとなります。

 

もみあげが美しい女優風に

理想の女優のような髪型を手に入れることで、自分自身の魅力を一層引き立てることができます。特に、石原さとみさんや渡辺美波さんのような人気女優のもみあげスタイルは多くの女性から憧れの的となっています。彼女たちのヘアスタイルを参考に、美容師さんに画像を見せながら具体的なイメージを伝えることで、理想のスタイルを実現することができます。

 

石原さとみさん風もみあげスタイル

石原さとみさんの特徴的なもみあげスタイルは、耳たぶまでの長さにしっかりともみあげが入っている点にあります。顔のラインを綺麗に見せる効果があり、自然ながらも女性らしい印象を強調します。美容室でのスタイリングの際、この特徴を強調することで、石原さとみさんのような洗練された髪型を手に入れることができるでしょう。

 

浜辺美波さん風もみあげスタイル

浜辺美波さんの魅力的なヘアスタイル、その中でも特に目を引くのがそのもみあげのスタイルです。彼女の多くの公開されている画像を見ると、もみあげのボリュームが豊かであることが分かります。この特徴を取り入れることで、彼女のような独特の雰囲気を持つスタイルを再現することができるでしょう。美容師さんにお願いする際は、もみあげをしっかりと残してもらうことで、浜辺美波さん風のスタイルを楽しむことができます。

 

もみあげを女性が処理するメリット

横顔の美しさUP

もみあげを整えることで、顔の印象が一変します。毛深いと感じられることが少なくなるだけでなく、他にも魅力的な効果がたくさん。特に、横顔の美しさが際立つのは、もみあげを整える大きな魅力の一つ。もみあげが乱れていると、どこか全体がボサボサとした印象を受けがち。それをきちんと整えるだけで、顔全体がスッキリと見え、美しい横顔を演出できます。

 

小顔効果

もみあげが長めだと、顔が大きく感じられることがあります。特に濃いもみあげは、ちょっと野暮ったい印象を与えることも。ロングヘアの方、アップスタイルがお好きな方、注意が必要です。アップにすると、もみあげが目立ちやすくなるので、顔が大きく見えてしまうことも。もみあげを上手に整えることで、もみあげをしっかり処理していれば不安は解消できます。

 

清潔感が増す

もみあげの清潔感を保つことは、第一印象を良くするために非常に重要です。特に、くせ毛の方はもみあげが乱れやすく、全体的に清潔感が失われることがあります。もみあげを適切なお手入れをすることで、この問題は簡単に解消できます。きちんと整えられたもみあげは、顔周りをすっきりと見せ、清潔感を高める効果があります。

 

ニキビができにくくなる

ニキビができにくくなる

もみあげのお手入れは、美しい顔立ちを演出するための大切なステップです。もみあげを放置すると、シャンプーや洗顔の際のすすぎ残しでニキビができやすくなります。そんなニキビは、気づかないうちに悪化することも。もみあげをしっかりと処理することで、すすぎ残しによるニキビを未然に防げます。さらに、ニキビができにくい肌は、女性としての魅力を高める要素となります。だから、もみあげのケアは、自分を磨くための時間として大切にしましょう♡

 

肌がトーンアップして透明感を演出できる

肌がトーンアップして透明感を演出できる

もみあげのケアを継続することで、肌のトーンが明るくなり、透明感が増します。明るい肌はメイクやファッションの楽しみが増し、日常が一層華やかに。さらに、もみあげや他の産毛を定期的にケアすることで、メイクのベースとなる下地やファンデーションがしっかりと密着し、仕上がりがアップします。肌のくすみが気になる方、もみあげのケアを取り入れてみては?肌のトラブルを減らし、前向きな気分で過ごせること間違いなしです。

 

セルフ処理の仕方

もみあげ処理に必要な道具を揃える

セルフ処理の仕方 もみあげ処理に必要な道具を揃える

もみあげは自分でセルフ処理ができます。そのためには必要な道具を揃えなければなりません。女性用のフェイスシェーバーは、肌に優しく、簡単にもみあげを整えることができるため、特におすすめのアイテムです。また、毛抜きやカミソリも便利な道具として挙げられます。フェイスシェーバーを使用することで、肌へのストレスを最小限に抑えつつ、きれいな仕上がりを実現できます。自分の肌に合った道具を選び、定期的なケアを心がけることで、もみあげの美しい仕上がりをキープしましょう。

 

髪の毛をまとめてもみあげだけにする

髪の毛をまとめてもみあげだけにする

髪のサイドを上げる際、もみあげがはっきりと見えるようにします。ヘアゴムやクリップを使って髪を固定することで、髪が顔にかかるのを防ぎます。清潔な肌にするために、顔を洗った後、コームでもみあげを整えることも大切です。

 

なりたいもみあげの形に下書きをする

なりたいもみあげの形に下書きをする

もみあげを整える前に、アイライナーや眉墨で理想の形を下書きすると、失敗のリスクを減すことができます。下書きを行わず適当にスタートすると、左右のバランスが取れなくなったり、思った以上に多くを剃ってしまうことや残してしまったりがあるからです。下書きの段階で何度も修正が可能なので、安心して理想のもみあげを描き出すことができます。

 

長さを少しずつカットする

長さを少しずつカットする

もみあげの長さを調整する際、焦らず一気に切るのではなく、少しずつカットすることが大切です。下書きを参考にしながら、もみあげの形を整えていくことで、思い通りの形に近づけます。一度にカットすると、思わぬ失敗が生じることも。特に左右のもみあげのバランスを取るためには、交互に少しずつカットするのがおすすめ。もし失敗しても修正が効きやすく、理想のもみあげに仕上げることができます。

 

周りの余分な部分も少しずつカットする

周りの余分な部分も少しずつカットする

カットしたら今度は周囲にある余分な毛を処理します。もみあげの周囲の余分な毛を整える際も焦らず段階的に進めることが大切です。一気にカットすると、思いがけない形になってしまうことも。鏡でのチェックは、少し距離を取って全体のバランスを見ることがポイント。近くで見ると細部は確認できるものの、全体の形が掴みにくくなります。そうした細かい注意点を押さえながら、もみあげの余分な部分を丁寧に整えていくことで、理想の形に近づけます。

 

左右のバランスが整ったら保湿して終了

左右のバランスが整ったら保湿して終了

もみあげの処理後の肌ケアは非常に大切です。左右のもみあげが整ったら、最終ステップとしてしっかりと保湿を行いましょう。たとえ肌に優しいフェイスシェーバーを使用していても、肌には微細なダメージが生じることがあります。このダメージを最小限に抑え、肌トラブルを防ぐためには、保湿が欠かせません。保湿を行うことで、炎症やかぶれなどのリスクを低減させることができます。毎回のもみあげ処理後には、この保湿のステップを忘れずに行い、肌を健やかに保ちましょう。

 

セルフ処理をする時の注意点

生え際の産毛と同じくらいの濃さを目安にする

セルフ処理をする時の注意点 生え際の産毛と同じくらいの濃さを目安にする

もみあげの調整時、おでこの生え際の産毛の濃さを参考にすると、自然な仕上がりになります。この産毛は非常に薄いため、それを基準にすることで、もみあげが自然に見えるようになります。産毛よりも少し濃くすることを心がけると、ちょうど良いバランスに仕上がります。このポイントを覚えておくと、セルフ処理時に役立ちますよ。

 

幅を狭くしすぎないようにする

幅を狭くしすぎないようにする

もみあげの幅を調整する際、細すぎると自然な雰囲気が失われてしまうことがあります。あまりにも細くすると、明らかに手を加えていると感じられる可能性が高まります。理想的な形は、逆三角形をイメージすること。過度に狭くなるのを防ぎつつ、顔のバランスを美しく保つことができます。自然な美しさを目指す際の参考にしていただければと思います。

 

失敗したら大変なので自信がないならサロンに任せる

失敗したら大変なので自信がないならサロンに任せる

セルフでのもみあげ処理は、慎重に行わないと思わぬ失敗につながることがあります。ちょっとしたミスで、意図しない形や濃さになってしまうことも。そんな時、エステサロンや専門の場所でのプロの施術は安心感が違います。特に、手際の良いプロの技には驚かされることも。不器用だったり、自分の技術に自信がない場合、専門家にお任せするのも一つの良い選択です。プロの施術は、その確かな技術で安心して任せられますね。

 

肌を傷つけないように気を付ける

肌を傷つけないように気を付ける

もみあげのセルフ処理は、カミソリを使うと肌トラブルのリスクが高まることがあります。カミソリは安くて手軽に使える一方で、使い方によっては肌荒れや乾燥の原因となることも。そんな時、電気シェーバーは肌に優しく、安全に処理ができるためおすすめです。もしカミソリを選ぶ場合は、肌に優しく接触させて、ゆっくりと処理することが大切です。安全に、そして美しくもみあげを整えるための注意点を心に留めておきましょう。

 

頻繁に処理しすぎない

頻繁に処理しすぎない

もみあげの手入れは、スタイリッシュな印象を与えるために欠かせないものです。しかし、あまりにも頻繁に処理を行うと、肌へのストレスが増えてしまうことがあります。特に、もみあげが濃い方は1週間に1度、薄めの方は2~3週間に1度のペースで整えるのがおすすめ。肌を大切にしながら、もみあげの美しさをキープするバランスを見つけることが大切です。毎回の手入れで肌に与える負担を考慮し、適切な頻度でのケアを心がけましょう。

 

もみあげがかわいいおすすめスタイル

ニュアンス耳掛けショートボブ

サイドを耳にかけられるショートボブスタイルは、短いながらもさまざまなアレンジを楽しめる髪型です。ふんわりとした質感と明るいカラーで、丸みを帯びたカットが女性らしさを際立たせ、耳にかけるだけで大人可愛い雰囲気になります。

 

大人ショート マッシュ

もみあげを柔らかく仕上げることで、顔周りをすっきりと見せ、小顔効果を演出します。ふんわりとしたシルエットで女性らしい柔らかさを加え、引き締まった側面と整えられた襟足で洗練された印象を与えます。さらに、束感を加えることで、動きと軽やかさをプラスし、魅力的なヘアスタイルを完成させます。

 

理想のもみあげで小顔効果と横顔美人を手に入れる☆

理想のもみあげは、おでこの産毛よりちょっと濃いくらいがちょうど良いとされています。アイライナーや眉墨を使って下書きをすることで、カットの際のミスを最小限に抑えることができます。一度に大胆にカットするのではなく、少しずつ丁寧に整えることが大切です。手元が不安定な方や、自分での処理に自信がない方は、エステサロンでのもみあげ脱毛も考えてみてはいかがでしょうか。そうすることで、理想のもみあげを確実に手に入れることができます。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事