更新日:2023.08.06
11929

【保存版】話題のドライカットてどんなもの?メリットとデメリットを徹底解説!

カットのメニューに「ドライカット」というものがあるのをご存じでしょうか?通常、髪を濡らしてカットするところを乾いた状態でカットしていくという技術です。ドライカットのメリットやデメリットなどについてご紹介します!

ドライカットってどういうメニュー?

乾いた髪のままカットする

ドライカットは、通常のカット方法とは一線を画す特別な技術です。通常のカットでは髪を濡らしてから行いますが、ドライカットでは髪を乾いた状態のままカットを行う方法です。この斬新なアプローチによって、髪の自然な状態や個性を最大限に引き出すことができるのです。フランスで誕生したこの方法は、髪の特性を活かし、個々の魅力を際立たせるのに適しています。日本でも徐々に広まっており、美容の新たな可能性を広げています。

とても難しい技術なのです!

とても難しい技術なのです!

美容師にとって、ドライカットは高度な技術と確固たる手さばきを要する作業です。乾いた髪のクセや質、ボリュームなど、髪の状態は一人ひとり異なります。そのため、それぞれの特性を正確に把握し、個別に合わせたカットを行う必要があります。この難しさこそが、ドライカットの醍醐味でもあり、達成感でもあります。熟練の美容師の手にかかれば、髪が持つ本来の美しさを最大限に引き出すことができるでしょう。

ニューヨークドライカットとは?

ニューヨークドライカットとは?

ニューヨークドライカットは、ドライカットの一種でありながら、独自のスタイルと洗練された技巧が光る方法です。髪を乾かしながら、頭の形に合わせて慎重にカットしていくため、その精密さと美しさは際立っています。アイロンを使用することで、髪の流れや動きを活かし、より立体的なスタイルを実現します。ニューヨークドライカットは、個性的な髪型を求める方や、髪の質感を大切にしたい方におすすめのメニューです。その確かな手腕によって、あなた自身の魅力を最大限に引き出すヘアスタイルを創り上げてみませんか?

ドライカットのメリット

くせ毛などの髪質に合わせたカットができる

くせ毛などの髪質に合わせたカットができる

ドライカットの魅力は、湿った髪では見逃してしまう髪のクセや動きが、乾いた状態で際立って現れることです。美容師たちは長年の経験と繊細な感覚を駆使して、それぞれの髪質に最適なカットを提供します。この独特のアプローチによって、髪は自然な流れを持ち、一人ひとりの個性的なスタイルが引き出されるのです。湿った状態では分からなかった魅力が、乾いた髪の状態でより一層際立ち、あなたの魅力を輝かせる素晴らしい髪型が完成するのです。

自分でスタイリングがしやすい

自分でスタイリングがしやすい

美容院でのプロのスタイリングは素晴らしいものですが、その後の自分での再現が難しいこともあります。しかし、ドライカットはここで輝きます。髪の生えグセやクセを考慮しながら行われるため、自宅でも理想のスタイルを再現しやすくなります。日々のお手入れが楽しみに変わり、美しい髪型を持続させることができるのです。自分らしいスタイルを自宅でも簡単に楽しめるドライカットは、忙しい日々に優しさと美しさをもたらしてくれます。

カラーの色落ちや白髪が目立たなくなる

カラーの色落ちや白髪が目立たなくなる

優れたドライカット技術を持つ美容師は、カラーや白髪の状態を見極めながらカットを進めます。髪のバランスや特性を考慮したカットによって、色落ちや白髪の目立ちを軽減することができます。鮮やかな髪色が持続し、自然な美しさが長く保たれるのです。ドライカットの精密なアプローチによって、カラーの持ちが良く、美しい髪を楽しむことができるでしょう。

自然な毛束感がつくれる

ドライカットは、髪の必要な部分を残しながら不要な部分を削ぎ落とすため、自然な毛束感を生み出すのに最適です。美容師は髪の流れやクセを考慮しながらカットを行い、希望に応じて軽やかな質感や動きを演出してくれます。この結果、ふんわりとした立体感のある髪型が完成し、自然な魅力を引き立てることができるのです。

抜け感のある仕上がりになる

毛束感と同じく、ドライカットによって抜け感のある仕上がりが実現します。髪質や骨格に合わせて施されるカットによって、個々に似合うスタイルが生まれます。軽やかな動きや立体感を重視する方にとって、抜け感のあるスタイルは自然な美しさを引き立てるための有効な手段です。ドライカットの繊細なテクニックによって、髪の軽やかな流れが際立ち、魅力が一段と高まることでしょう。

ドライカットのデメリット

通常のカットに比べてダメージが大きい

通常のカットに比べてダメージが大きい

髪の健康を気にする方にとって、注意が必要な点として、ドライカットは通常のカットと比べて髪へのダメージが大きくなる可能性があります。乾いた髪は硬く、はさみとの摩擦が増えるため、髪の毛先やキューティクルに負担がかかることがあります。しかし、こうしたダメージを最小限に抑えるためには、十分な保湿やトリートメントを行うことが大切です。美容師と相談しながら、髪の健康を守りながらスタイルを楽しむ方法を見つけることが重要です。

施術に時間がかかる

施術に時間がかかる

ドライカットは、髪の状態やスタイルを細かく見極めながら行うため、通常のカットに比べて時間がかかることがあります。このため、忙しい日常においては、施術時間を考慮して予約を調整することが求められます。しかしこの時間をかけることで、より理想的なスタイルが実現する可能性が高まります。美容師とのコミュニケーションを大切にしながら、満足のいく結果を得るための時間を確保しましょう。

ドライカットにおすすめのヘアスタイル

軽さを出したマッシュショート

ショートヘアの中でも特に人気を集めるマッシュショートは、その軽やかな魅力で多くの人々を惹きつけています。ドライカットの技術を活かすことで、フェイスラインを包み込むような奥行きのある前髪が際立ちます。立体感豊かなスタイルは、髪の一本一本が自然な流れを持ち、美しいフォルムを作り出しています。特にサイドや後ろの微妙なカットによって、動きのある軽やかな髪型が実現されます。マッシュショートは、個性を引き立てつつも親しみやすさも兼ね備えたスタイルであり、ドライカットの魅力が一層輝くのです。

ゆるふわ感がかわいい切りっぱなしボブ

ゆるふわな質感が魅力の切りっぱなしボブは、女性らしい柔らかさとおしゃれな動きを同時に演出します。ドライカットの技法は、このスタイルにぴったりで、髪の自然な流れを活かしながら、無造作な動きを引き立てます。ヘアオイルやワックスを使用して、毛先に軽やかなウェーブを加えることで、ふんわりとした印象が際立ちます。また、ミルクティーベージュのような柔らかなカラーが、ゆるふわ感を一層引き立てています。切りっぱなしボブは、ドライカットと相性抜群のスタイルであり、優雅で可愛らしい雰囲気を演出することができます。

女っぽさがUPするミディアムレイヤー

ミディアムレングスに施されるレイヤーカットは、女性らしい魅力を最大限に引き出す一方で、髪の軽さと動きをプラスしています。ドライカットならではの細かなカット技術によって、髪の毛一本一本が自然な流れを持ち、ふんわりとした柔らかさを演出します。フェイスラインを中心に配置されたレイヤーが、顔の輪郭を引き立てつつ、女性らしい抜け感を加えています。暗髪や毛量の多い髪質でも、ドライカットによる繊細なカットによって、軽やかで美しい仕上がりを実現できるのが特長です。ミディアムレイヤーは、ドライカットの魅力が一層際立つスタイルと言えるでしょう。

レイヤーカットのセミロング

セミロングヘアにレイヤーカットを施すことで、重たさを軽減し、より洗練された印象を醸し出します。ドライカットの精密な技術によって、髪の流れや動きを考慮しながら、全体的なボリュームを調整しています。特にシャギーカットを取り入れることで、髪の動きが強調され、軽やかな質感が生まれます。スタイリング時には、毛先を少しだけ巻くことで、適度なハネ感を演出するのがおしゃれのポイントです。レイヤーカットのセミロングヘアは、ドライカットのアプローチによって、華やかで魅力的な印象を与えてくれることでしょう。

ゆる巻きがきれいなロングヘア

ロングヘアにSカールが取り入れられたスタイルは、非常に可愛らしく魅力的です。毛先に織り交ぜられたシャギーカットが、カールを柔らかくふんわりと魅せてくれます。このシャギーカットによって、カールの動きがより美しく引き立ち、女性らしい柔らかな印象が一層際立ちます。このスタイルは、その優雅な魅力から男性ウケも抜群。Sカールとシャギーカットの絶妙な組み合わせによって、可愛さと洗練された美しさを同時に楽しむことができます。

ドライカットでこなれ感ヘアを♡

最近、ドライカットが提供されるサロンが増加しています。手触りの良いこなれ感ある髪型を手に入れるチャンスです。ドライカットなら、髪の質感やクセを最大限に活かしたスタイルが叶います。自然な流れの髪が、あなたの個性を引き立てます。また、ドライカットによってスタイリングの手間も軽減され、朝の準備が楽しくなることでしょう。理想のヘアスタイルと楽なスタイリングを手に入れるために、ぜひドライカットに挑戦してみましょう。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事

関連記事はありません。