ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.06.14

14621

おでこはどこから広いっていうの?おでこの基準と広くても似合う髪型特集

オデコが広いことを気にして、コンプレックスに感じている人も多いのではないでしょうか。コンプレックスをプラスに変えられるような、オデコの広い人に似合う髪型をまとめました。

オデコが広いという基準

平均的なオデコの広さは顔の3分の1

一般的に、オデコは顔の3分の1程度の面積であることが平均とされています。3分の1以上の面積がある場合は、オデコが広いと言えるでしょう。
また、広さは平均でも、輪郭や目・鼻・口の位置次第でオデコが広く見えている場合もあります。寄り顔であったり、輪郭が面長だと、オデコが広く見えることもあります。

眉毛から前髪の生え際まで7センチ以上なら広いオデコ

オデコは生え際から眉毛まで5,6センチ程度が、平均的な広さだと定義されています。丸顔や面長など輪郭の形によって異なる部分もありますが、生え際から眉毛まで7センチ以上ある場合は、オデコが広いと言われています。

似合う・似合わない広いオデコを出すヘアスタイル

広いオデコを出すスタイルが似合う人の特徴

オデコを出すのが似合うかどうかは、顔のパーツによるところが大きいです。
顔の全体的なバランスが良く、額の形がきれいで、目鼻立ちがはっきりしている人は、オデコを出すヘアスタイルが似合います。丸顔や顎のラインがすっきりとした輪郭の人も、オデコを出すのが似合うでしょう。

広いオデコを出すスタイルが似合わない人の特徴

輪郭が面長の人は、オデコを出すと顔の長さが強調されてしまうので、広いオデコを出すヘアスタイルはあまり似合いません。輪郭が卵型の人も、整った顔の形がうまく生かされていない印象を与えてしまうことがあるため、オデコ出しのヘアスタイルとの相性は良くないようです。

オデコが広い女性に似合う髪型

オールバックスタイル

広いオデコは前髪で隠す人が多いかもしれませんが、逆に思いきって出してしまうのも一つの手段です。後れ毛を出しつつふんわりとしたスタイルにすれば、女性らしい優しい印象のあるオールバックをつくれます。ぺたっとさせないコツは、髪の毛をまとめる前に全体的に軽く巻いておくことです。

ポンパドール

オデコを出すヘアスタイルの王道とも言われているポンパドールは、誰でも挑戦しやすい髪型です。初心者でも比較的簡単にスタイリングできることで親しまれています。ロングヘアならボリューム感を出すこともできますので、ゴージャスな雰囲気の演出にも使えます。

ふんわり仕上げたセンターパート

センターパートは、前髪を真ん中で分けるヘアスタイルです。生え際をふんわり仕上げてボリュームを持たせることで、優しげで柔らかい印象を与えます。
スタイリングする際にしっかり根元が立ち上がるように巻いて、スプレーを軽くかけるとふんわり感をキープできます。

定番のシースルーバング

人気があるシースルーバングは、広いオデコをカバーするのに最適です。前髪を軽く仕上げるスタイルなので、前髪の隙間からオデコをのぞかせることができます。
軽やかな印象があるので、柔らかくて明るい雰囲気を演出できます。色気のあるフェミニンなイメージになれますよ。

かき上げバングスタイル

センターパートをアレンジしたかき上げスタイルは、オデコが広く面長な人におすすめです。ボリューム感を出すことを意識しながら、少しだけ前髪が目にかかるように、ふんわりと巻きます。真ん中よりも左右どちらかに寄せた位置で分けて、根元を立ち上げるのがコツです。

ふわっとしたななめバング

前髪をななめに流すスタイルは、清楚な印象を与えつつ、女性らしいフェミニンな雰囲気も演出できます。どんな髪型にも似合わせやすいので人気があり、比較的簡単でセットしやすいところもポイントです。前髪を流すことで小顔に見えるというメリットもあります。

長めの前髪のうざバング

目にかかる長さの前髪を指すうざバングも、オデコが広い人と相性の良いスタイルです。前髪の隙間からのぞく瞳が、色っぽい印象を与えます。オイルでセットして適度に束感を出すことで、おしゃれでこなれた雰囲気にも。オデコを出したくない人にもおすすめの髪型です。

重めのぱっつん前髪

オデコが広い人は重めのぱっつん前髪も似合います。重めの前髪はセットが簡単で、面長の人にも似合いやすい髪型です。短めにしてより個性的なスタイルにしたり、毛先を軽めにして女性らしい雰囲気を演出したり、様々なアレンジを加えることもできます。

前髪ありのパーマスタイル

セミロングまたはロングヘアの人は、パーマをかけるのもおすすめです。前髪の毛先にパーマをかけて内側にカールさせることで、オデコの広さが気になりにくくなります。顔の長さが目立たなくなり全体のバランスも良く見えるようになることから、面長の人にも最適な髪型と言えます。

眉毛を見せるオン眉バング

多くのおしゃれな人が取り入れているオン眉スタイルも、オデコが広い人に似合う髪型です。眉毛を見せることで目元が強調されて、オデコが気になりにくくなります。オデコをカバーしつつ、顔をはっきりと見せることができるので、明るく活発な印象を与えることができます。

個性を出せるベビーバング

ベビーバングは眉毛の上で切りそろえた前髪をななめに流すスタイルです。軽めに仕上げた毛先をふんわりとカールさせることで、赤ちゃんのような愛らしい雰囲気が演出できます。アーチ状にしたりななめにカットしたり、様々なアレンジを加えることも可能です。

広いオデコを活かした髪型はたくさんある!

オデコが広いことも個性なので、コンプレックスに感じてしまうのはもったいないです。オデコの広さを活かした髪型で、おしゃれを楽しみましょう。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧