更新日:2024.02.07
88666

狭いおでこの悩みを解決!前髪あり・なしのおすすめ髪型&切り方ポイント

おでこが狭い人の悩みとして多いのが前髪。なかなか似合う前髪が見つからないという人も少なくありません。そこで今回は、前髪ありと前髪なしのそれぞれのおすすめの髪型、さらにおでこが狭い人にも似合う前髪の切り方をご紹介します。

おでこが狭いと悩んでいる人は意外と多い

おでこが狭いの定義は指3本以下

おでこが狭いの定義は指3本以下

おでこの広さって、意外と人の第一印象に影響するんですよね。平均的なおでこの広さは指3本分、おおよそ5〜6cmと言われています。これより短いと、ちょっと狭めのおでことみなされるんです。でも、顔の全体的なバランスを考えると、おでこの部分が顔の3分の1よりも少ないと感じることも。だから、おでこの広さにコンプレックスを持っている人も多いんです。

 

おでこが狭い人は前髪なしヘアスタイルが良く似合う

顔の形や特徴には、それぞれの魅力がありますよね。おでこの広さにちょっとしたコンプレックスを感じている人、実は結構多いんです。おでこが狭いと感じると、つい前髪で隠したくなってしまいがち。でも、前髪なしのヘアスタイルを試してみたら、意外と新しい自分に出会えるかも。おでこの狭さを隠すのではなく、逆にアピールポイントとして活かすことができるんです。

 

前髪ありの場合の切り方のコツと似合う髪形紹介

前髪ありの場合の切り方のコツと似合う髪形紹介

前髪あり、なしとでは与える印象が大きく変わります。前髪ありだと、キュートで女の子らしい雰囲気に。前髪なしの場合、大人っぽく見えます。おでこが狭くても、前髪のあるヘアスタイルを楽しみたい。女性らしく、若く見せたい。そんなときには、切り方のコツを抑えましょう。正しい切り方で、もっと自分らしい、そして魅力的な前髪スタイルを手に入れましょう。

 

おでこが狭いと前髪なしスタイルは似合わない?

「前髪をなくすことで狭いおでこが強調されるのでは?」と考えて前髪を作る人も多いですが、スタイル次第では前髪なしでもおでこの狭さを抑えられます。例えば、かきあげバングやふわっとしたセンター分けを取り入れるだけで、縦のラインが強調されて、おでこの狭さ、気にならなくなるんです。

さらに、ポンパドールやお団子ヘアでトップにボリュームを出せば、おでこの狭さも気にならない!前髪なしスタイルはおでこ狭めの人にも似合うんです。 

 

おでこが狭い人が似合う前髪なし髪型5選

かき上げバングで大人っぽさが出せる

前髪なしのスタイル、実はおでこ狭めの人にも似合うんですよ。特に、大人の雰囲気を出したいなら、かき上げバングがおすすめ!ポイントはトップをふんわりと上げること。ボリュームを出すことで、狭さをカバーしてくれます。ちょっとしたテクニックで、おでこの狭さもカモフラージュできちゃいます。

 

センターパートでアンニュイさを

おでこの狭さをプラスに変えるなら、センターパートがおすすめ。おでこが狭いため、センターパートがナチュラルに仕上がるからです。しっとり、アンニュイな雰囲気を出すことができます。顔周りをカバーできるので、四角顔の人に特におすすめです。

 

パーマバングで前髪に動きをプラス

おでこの狭さと面長が気になる人には、パーマバングがおすすめです。前髪にパーマをかけるだけで、前髪はもちろん、髪全体に動きが出ます。ふんわりとした空気感がプラスされ、あなたのスタイルが一気にアップグレード!おでこの狭さや面長を上手くカモフラージュしてくれるので、自信を持ってオシャレを楽しめるようになりますよ。

 

オールバックも似合う

オールバックは狭いおでこが完全に出てしまうから、と避けられがちですが、実はおでこの狭い人も似合う髪型です。スタイリングの際に、トップにボリュームを出すことで、全体のバランスを良くすることができます。全体のバランスが整い、おでこの狭さも気にならなくなるはず。

 

ポンパドールでキュートさも演出

前髪なしでもキュートに見せたいならポンパドールがおすすめです。前髪をちょこんとねじって、ピンで留めるだけの簡単アレンジ。しっかりとボリュームを出すことで、顔周りがぐっと華やかになります。大人っぽさとキュートさを演出してくれます。

 

おでこが狭いと前髪が浮く?

「おでこが狭いことによって前髪が浮いてしまう…」そんな風に思っているあなた、実は多くの人が同じ悩みを持っているんですよ。綺麗にセットした前髪が浮いてしまうと、ちょっとがっかりしますよね。これから紹介する3つのちょっとしたコツで、そんな悩みを解消できちゃいます。どれも簡単にできるものなので、前髪ありのヘアスタイルを楽しみたい人は、日々の生活や美容室でのオーダーの際に実践してみてください。

 

工夫①ブローのやり方にこだわる

工夫①ブローのやり方にこだわる

おでこが狭い人のなかでも、髪がクセが毛の人はとくに前髪が浮きやすいです。そんな人は、ブローの仕方を工夫する必要があります。まず、ヘアセットする前に、前髪をしっかり濡らして、粗いクシを使って丁寧にブローをしましょう。このシンプルなステップが、前髪の浮きを防ぐポイントになるんですよ。

また、ブローの最後には冷風を当てましょう。キレイな前髪を長時間キープできます。それでもちょっと浮いてしまう時は、スタイリング剤の出番。キープ力や質感をチェックして、自分にピッタリのものを見つけてみてくださいね。

 

工夫②前髪の重さを調整する

前髪の量や重さを調整するのも、浮きにくくするのに効果的です。前髪の生え際を後ろに持ってくることで、長さや重さがプラスされて前髪の浮きを軽減できます。

また、斜め前髪や内巻きのワンカール、チョッピ―バング、アシンメトリーなどのスタイルを取り入れると、前髪がおでこにぴったりとフィット。次回の美容室の時には、「前髪が浮くのが気になる」としっかり伝えたうえで、どのようなヘアスタイルにするか話し合いましょう。

 

工夫③ヘアアレンジを取り入れる

ヘアアレンジを工夫することでも、前髪の浮きを抑えられます。例えば、パーマで前髪をふわっと内側にカールさせたり、ストレートアイロンやコテでソフトなウェーブを作るのがおすすめです。それでもちょっと浮いてしまう時は、編み込みやポンパドールのようなアレンジで、前髪をキュートに変身させてみて。

いろいろなアレンジ方法をマスターしておけば、毎日のスタイリングがもっと楽しくなる。その日の気分やコーディネートに合わせて、ヘアスタイルを変えられて楽しいですよ。

 

おでこ狭い人の前髪切り方のポイント

奥から前髪を作る

奥から前髪を作る

前髪ありのスタイル、実はちょっとした切り方のコツで、さまざまな種類を楽しむことができます。おでこが狭いと感じるあなた、前髪を切る際の秘訣は「奥から前髪を作る」こと。つむじの近くから前髪を作るだけで、おでこがぐっと広がったように見え狭さをカバーすることができます。

 

浮かないように重ための前髪にする

浮かないように重ための前髪にする

狭いおでこを隠したい人は、重ためで厚みのある前髪にしましょう。奥から前髪を作ることで自然と重ための前髪になりますが、さらに厚みを出すことができます。

 

ふんわり感を出す

ふんわり感を出す

前髪に軽くパーマをかけてふんわり感を出すことで、おでこがもっと魅力的に見えるんですよ!綺麗に見せるポイントは、前髪に軽やかなパーマを施すこと。特に、髪の生え際からのふんわりカールがポイント。アイロンを使うなら、細めのストレートアイロンがベスト。ふんわり感で、前髪がもっとラブリーに変身するはず!

 

おでこ狭い人が似合う前髪あり髪型7選

ななめバングで大人っぽさをプラス

おでこの狭さを上手にカモフラージュするなら、斜めに流した前髪がポイント。特に、大人の雰囲気を出したいときには、ななめバングがピッタリ。ちょっとおでこを出すことで、おでこの狭さを隠しつつ、顔がすっきりと縦に長く見え、おでこの狭さを隠しつつ、清楚で大人っぽくなります。

 

ワイドバングでこなれ感を

おしゃれ度をグッと上げたいなら、ワイドバングがおすすめ!横幅のあるワイドバングは、特に面長の方にぴったり。おでこをカバーしつつ、顔の横のラインを強調して、小顔見えの効果も手に入れられるんです。

 

眉上バングで思い切って見せちゃう

あえておでこを出す眉上バングは、顔周りがすっきりとして、表情が明るく見えます。おでこを出すことに抵抗がある人でも、眉上バングなら生え際は隠れるので、おでこの狭さを隠すことができます。

 

うざバングでセクシー度UP

目にかかるくらいの前髪の長さのうざバング。前髪ありは、なしに比べるとちょっぴり幼く見えることもありますが、うざバングならセクシーさも演出できます。長めなので縦長効果があり、ストレートでもパーマでも合わせやすい前髪です。

 

ぱっつん前髪で小顔効果を狙う

前髪をきれいに切るためのポイントは、奥から前髪を作る。つむじの近くからしっかりと前髪を作り、ぱっつん前髪にすることで、おでこの狭さを巧みにカモフラージュ。さらに、小顔に見せる効果も手に入れることができます。ぱっつん前髪にする際は、目の上ギリギリの長さがおすすめです。

 

ひし形シルエットで狭いおでこも気にならない

髪全体に動きを出して顔周りをひし形に見せる「ひし形シルエット」は、おでこの狭い人でも似合います。ひし形に見せる切り方は、髪全体の動きが外側に行きます。よって、狭いおでこが目立たなくなります。

 

グラデーションボブで魅せる、顔周りの軽やかさ

顔周りを優しくフレームするこのスタイルは、表情に自然と目線を誘います。前髪は軽やかなシースルーバングやフェザーバングを取り入れ、おでこの狭さを上手にカバー。髪の長さはリップラインからあごラインにかけてのグラデーションで、内側への自然なまとまりを演出し、動きと軽さをプラスします。

 

おでこが狭い人にはシースルーバングもおすすめ

シースルーバングで縦ラインを強調

前髪を重たくするのもいいけど、シースルーバングで遊ぶのもアリですよ。ポイントは薄くしすぎないこと。ちょっとした隙間で縦のラインを目立たせることで、おでこの広さをうまくカモフラージュできるんです。おでこの狭さを気にしている方、このスタイルで新しい自分を発見してみてはいかがでしょうか。

 

おでこが狭くても髪型次第でキュートに変身できる♡

狭いおでこは前髪で隠すこともできますが、あえて見せるのがおすすめ。今回ご紹介したアレンジで、チャームポイントに変えちゃいましょう!あえて見せる場合は、かき上げバングやセンターパートなどのヘアスタイルに仕上げることで、ボリュームを持たせたり顔周りをカバーしたりできます。前髪を作る場合は前髪を斜めにカットしたり、内巻きになるようにパーマを当てたりすれば、前髪が浮きにくくなりますよ。

また、美容師さんに相談して的確なアドバイスをもらえば、おでこの狭さを抑えつつ顔の形やファッションに似合うヘアスタイルを実現しやすくなります。日頃のヘアアレンジに編み込み・ポンパドール・お団子などを取り入れて、おでこの狭さを軽減させるのもGood。ぜひ、本記事で紹介した方法を実践して、おでこの狭さに関する悩みを解消してみてください。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事