ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.06.23

3671

【保存版】仕事中の帽子でワックスが潰れる!セットが崩れない方法ってある?

仕事中に帽子をかぶる必要がある人にとって、悩みの種となるのがヘアスタイルとの両立。せっかくワックスをつけてヘアセットしても、帽子のせいで髪型が崩れてしまいますよね。今回は、そんなお悩みの解決策を提案したいと思います。

仕事で帽子をかぶったときのお悩みは?

ワックスでセットしたのに崩れる

長時間帽子をかぶっていると、せっかくワックスでセットしたのに崩れてしまうことが多いかと思います。少し崩れるくらいなら良いかもしれませんが、変に癖がついてしまい、気になってしまうという人も少なくありません。

 

ワックスが帽子についてしまう

ワックスが帽子についてしまい、汚れやニオイが気になるという人も多いはず。髪の毛にワックスをつけてる以上、帽子についてしまうのは仕方のないことです。適切な方法で、帽子をこまめに洗うようにしましょう。

 

ワックスつけたままかぶるのは頭皮や髪に悪い?

帽子の中は、どうしても蒸れやすい状態になります。このまま放置しているのは、頭皮や髪にとって悪影響なのではないかと思われるかもしれません。まったく影響がないわけではありませんので、帽子の中を少しでも清潔に保てるように工夫する必要があります。

 

帽子によるワックス潰れ・髪型崩れへの対処法

完全にキープすることは難しい

帽子をかぶって仕事をする以上、完全にヘアスタイルをキープしておくのは難しいと考えておきましょう。なるべくキープしつつ、変な癖がつかないようにと考えるのがベター。崩れることを想定して、少しゆるめにセットしておくのも良いかもしれません。

 

かぶり直しは髪型崩れに効果あり

帽子をかぶり直すことで、髪型崩れを和らげることができます。職場環境によってはこまめにかぶり直すのが難しいかもしれませんが、手の空いた時間や小休憩など、時間を見つけてかぶり直してみてください。

 

ハードなワックスは避ける

ハードタイプのワックスは髪型をしっかりキープしてくれますが、崩れやハネなどの癖を強化することがあります。また、帽子をかぶるとベタつきが気になることもあるため、つけ心地や癖付けが軽いものを選びましょう。

 

脱いだあとにセットし直す

出社前や帽子をかぶる前にワックスを軽くつけてセットし、帽子を脱いだあとに再度手直しするのもひとつの方法です。かばんのなかにワックスやアイロンなどを入れておく必要があるものの、変な癖がついていなければ簡単に手直しできます。帽子を脱いだ後に食事会やデートなどの予定が入っている際に、おすすめです。

 

帽子にワックスがついたときの対処法

帽子は手洗いで型崩れ防止

帽子にワックスがついたまま放置するのは良くありません。できるだけマメに洗濯しましょう。ただし、手洗いが基本です。型崩れを避けるためにも、手洗いでやさしく汚れを洗い流しましょう。

 

脱水にも洗濯機は使わない

型崩れ防止のためには、脱水するときにも洗濯機を使わないのがおすすめです。どうしても急ぎで乾燥させたいという場合には、ネットに入れたうえで脱水を行ないましょう。

 

ボウルなど丸いものにかぶせて干す

帽子を干す場合には、ボウルなどの丸いものにかぶせておくのがベター。せっかく手洗いをしたならば、干すときもきちんと帽子の形に気をつけて型崩れしないようにしましょう。

 

洗濯表示をよくチェック!

洗濯表示は要チェック。「そもそも手洗い可の素材なのか」、「最適な温度はどのくらいなのか」などを確認することが大切です。洗濯洗剤選びの際も、表示チェックが欠かせません。

 

ワックスをつけたまま帽子を被る影響は?

長時間かぶったままだと頭皮や髪にダメージ

帽子を長時間かぶったままにするのもあまり良くないとされていますが、ワックスをつけていると尚更です。ワックスをつけていると頭皮に汚れがたまりやすく、皮脂汚れのある状態が続くと髪の毛のダメージにもつながります。

 

帽子の中は蒸されて雑菌も増えやすい

帽子の中は通気性が悪く蒸れやすいため、雑菌が増殖しやすい環境となってしまいます。さらに、ワックスをつけていると汚れの元にもなってしまうため、こまめに帽子を脱ぐ、帽子は定期的に洗濯するなどの工夫が必要です。

 

休憩中は帽子を外す

頭皮や髪へのダメージを減らす対策として、休憩中は帽子を外すなど長時間かぶりっぱなしな状態を避けるようにしましょう。仕事中にも帽子のかぶり直しをすることで、髪型崩れだけでなく、髪への悪影響を軽減させることができます。

 

髪はその日のうちに洗う

帽子を脱いだあとの対策としては、何より髪の毛をその日のうちに洗うことが大切です。「しっかりと頭皮を洗うこと」「ワックスを十分に洗い流すこと」を意識して洗髪しましょう。

 

清潔に保ちながらヘアスタイルと帽子の両立を

仕事で帽子をかぶる以上、ヘアスタイルとの両立を考えなくてはなりません。清潔さを意識しながらヘアスタイルも楽しみましょう。

 

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧