ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.10.01


[PR] HAIRタイアップ企画 提供:株式会社MTG

夏のパサつきさらば!秋のしっとりレア髪はドライヤーでつくれる♡

過酷な夏は過ぎ去ったけど、紫外線の影響で髪がパサつき気味…。
「秋らしく落ち着いた、しっとりレア髪になりたい!」
実はその願い、毎日のドライヤーで叶うんです♡

ドライヤーで正しく乾かすコツを、スタイリストの永田邦彦さんが伝授!いま注目のドライヤーも教えていただきました♪

send by HAIR
スタイリスト 永田 邦彦さん
重く見えない抜け感のあるボブが得意。髪質を問わず、柔らかく可愛いく仕上げてくれるヘアアレンジも大人気。

ドライヤーはトリートメントと同じくらい大切

永田さん:
濡れた髪を自然乾燥させると、キューティクルが開きっぱなしになります。するとキューティクルははがれやすくなって、髪の水分が保てなくなってしまうんです。

トリートメントも大切ですが、ドライヤーで正しく乾かしてキューティクルを閉じることも、美髪への近道です。

とはいえドライヤーで乾かすとき、注意したいのが「熱」です。オーバードライにならないように、私たちスタイリストは熱をコントロールしているんですよ。

熱ダメージを防ぐプロの2大ドライテクニック

永田さん:
オーバードライの一番の原因は、時間をかけすぎていることです。手早く乾かすには、

  1. 根元
  2. 中間
  3. 毛先

の順番で。乾かす前に粗いコームで梳かしておくと、絡まりにくく、より早く乾かせますよ。

さらに僕たちプロは、次の2つのテクニックを駆使しています。

①ドライヤーを振る

1か所に2秒以上あてるとオーバードライになりがちです。ドライヤーを小刻みに振ることで、熱を逃がしています。

②温風と冷風を切り替える

髪の温度が上がりすぎないように、冷風を適宜あてます。またブローでつくった髪のスタイルは、温めたあとに冷やすことで固まる性質があります。くせやうねりが出にくく、美しい仕上がりが持続しますよ。

でもドライヤーを振り続けると、腕が疲れちゃうんですよね。また温風・冷風のバランスが悪いと、髪が半乾きになることも…。

自分ではなかなか難しいと思うので、熱を自動でコントロールできるドライヤーがおすすめです。

プロのドライテクニックを再現したReFa

リファビューテック ドライヤーは、サロンと共同開発。プロならではのドライテクニックを再現し、サロンで仕上げたようなしっとり柔らかいレア髪を再現します。

プロセンシング

センサーが髪の温度を感知して、温風・冷風を自動で切り替え。髪の温度が高温にならないよう約60℃以下にコントロールします。

ハイドロイオン

ドライヤーの内部には高密度炭素とイオナイザーを搭載。ドライヤーからハイドロイオンが発生します。

詳しくはこちら

永田さんもReFaに注目!

ブリーチをした髪なのに、
毛先までしっとりしたレア髪に。

永田さん:
2つのモードがあるんですが、毛先はモイストモードにするのがおすすめです。最後まできれいにまとまりますよ。

リファビューテック ドライヤーは、温度が高くなりすぎないのがいいですよね。お客様からも「熱くない!」と好評です。

しっかり風量はあるけど、風が柔らかく優しいのもいいところです。風量が強すぎると一般の方はコントロールしにくいので、その点もよく考えられていると思います!

詳しくはこちら

※写真は撮影の為、一時的にマスクを外しております。通常マスクは常に着用していますのでご安心下さい。


NEWSカテゴリ一覧