HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアスタイル

難しそうに見えて実は簡単!"フィッシュボーン"の作り方

立体的に見えて繊細な雰囲気をプラスしてくれる、フィッシュボーンはアレンジに取り入れたい髪型のひとつですね。フィッシュボーンの編み目は複雑に見えますが、実は簡単に作れるのです。初心者さんでも大丈夫!フィッシュボーンの作り方や、取り入れたスタイルまで詳しく紹介します。

フィッシュボーンって何?

フィッシュボーンってこんな髪型

フィッシュボーンは髪の編み方のひとつで、編み目が魚の骨のように見えるので、「Fish=魚」「bone=骨」と呼ばれています。
三つ編みよりも細やかに見えるので、大人っぽいまとめ髪になります。

 

フィッシュボーンのやり方

編み方は意外とシンプル

髪を2等分にし、左毛束の外側を少し取って右の毛束に合わせ、今度は右毛束の外側を少し取って左の毛束に合わせます。
それを繰り返して編めば完成です。
少量取る時の髪の量を少なくすれば細かい編み目になります。

 

初心者向けアレンジ

フィッシュボーンをアクセントに

サイドの髪をフィッシュボーンで編めば、シンプルなボブスタイルのポイントになります。
編む量が少ないので、慣れていない人にも取り入れやすいアレンジです。

 

まとめ髪をこなれた感じに仕上げる 

両サイドをフィッシュボーンで編んでカチューシャのようにするのもかわいいアレンジです。
頭の形をぼかしやすいので、ただまとめるだけよりも小顔に見えますね。

 

リボンやハットと相性バツグン!

フィッシュボーンは、ハットやリボンといったヘア小物との相性がとても良いです。
気分に合わせたリボンを、編み始めや最後の結んだ部分にさりげなく付けると、より今っぽくなりますね。

 

サイドに流して大人っぽく

フィッシュボーンをサイドに持ってくると、より女性らしさのあるスタイルになります。
手元が見えるので、後ろに編むよりも作りやすく、初心者さんにおすすめのアレンジです。

 

上級者向けアレンジ

インナーカラーでひとつ上のおしゃれ

インナーカラーを入れた髪をフィッシュボーンにすると、インパクトのあるスタイルになります。
編み目ごとに色の変化が出る、スタイリッシュな仕上がりですね。

 

リボンアレンジで遊びゴコロを

編み終わりの髪の毛を少し使って、リボンを作るのもすてきです。
大きいリボンだと幼く見えてしまいますが、小さく仕上げることで、大人のかわいらしさをアピールできます。

 

着物アレンジもすてき!

フィッシュボーンは、着物姿にもよく似合います。
和風のアクセサリーを使うとより華やかです。
花やパールのUピンが栄えるので、ふんだんに使って特別感を出しましょう。

 

アップスタイルのアクセントに

結婚式やパーティーへお呼ばれした時にしたいアップスタイル。
サイドに大きくフィッシュボーンを入れることで、立体感が増して見えます。
フィッシュボーンの編み目をゆるめたところが、ハートに見えるのもすてきなポイントです。

 

いかがでしたか?

アレンジの幅を広げてくれる、フィッシュボーンについて詳しく紹介しました。
編み方は簡単なのに華やかに見えるので、初めてでも挑戦しやすいスタイルですね。
小物使いでおしゃれ度もグッとアップさせることができます。
ぜひ、シンプルなものからチャレンジしてみてください!

 

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアスタイルに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアスタイルに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧