HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

位置情報の利用に同意しますか?

同意しない
同意する
thumbnail

2020.05.12

942

【洗い流さないトリートメント】おうちで正しくケアをケアをしよう!

洗い流さないトリートメントの正しいやり方を知っていますか?おうち時間で正しくヘアケアをしてツヤ髪を手に入れましょう!

洗い流さないトリートメントの正しいやり方

髪を乾かす前に...

お風呂から出た後、頭にタオルを巻いたまま髪を放っておく時間が長くなってはいませんか?または自然乾燥で終わらせてしまう日もあるのではないでしょうか?しかしその習慣が、髪にダメージを増やしてしまうのです!そうならないように正しい方法でツヤ髪を保っていきましょう!

 

タオルドライの方法

髪の毛は濡れている状態が1番デリケートです。濡れている状態の髪の毛はキューティクルが柔らかくなっており、タオルの摩擦や髪同士の摩擦でも剥がれたり傷んだりしてしまいます。そうならないためにも、タオルで強く擦ることはせず、根元はタッピングをしながら水分を取り、毛先はタオルで軽く挟みパンパンと叩きながら水分をとります。

 

洗い流さないトリートメントのつけ方

1番ダメージがあり乾燥する毛先から付けていきます。トリートメントは手の平で伸ばし、指と指の間にも馴染ませてから髪につけていきます。優しく手ぐしを通すように付けるのがポイントになります。そして、中間部分にも馴染ませ、ムラを無くすためにコーミングをすることも忘れずに。

 

根本につけてはいけない2つの理由

width='399'

①洗い流さないトリートメントを根元の頭皮までつけてしまうと、毛穴詰まりや頭皮の汚れの原因になってしまいます。②洗い流さないトリートメントをつけた部分は保湿をされ、しっとりとしたテクスチャーになり髪の毛の収まりが良くなる反面、根元につけてしまうとボリュームが出にくくなってしまいます。根元のボリュームを下げたい場合は、頭皮に付かないよう注意してくださいね!

 

トリートメントの役割や選び方

種類別トリートメントの役割

ミルクタイプは浸透、補修、保湿の効果があります。クリームタイプは保湿、補修の効果があります。オイルタイプは保護、コーティングの効果があります。ミストタイプは髪への潤いを与える効果があります。種類別に使い分けてみましょう!

 

髪質別トリートメントの選び方、つける順番

ダメージ毛はミルクで保湿してからオイルで保護しましょう。硬毛はクリームで保湿しましょう。乾燥毛は保湿力が高いオイルを使いましょう。柔らかく細い髪はミルクで補修しましょう。膨らみやすい髪はミストをしてボリュームを落としてからオイルでコーティングしましょう。それぞれ自分の髪のタイプに合わせることが大切です!

 

傷む前におうちでケアをしましょう!

毎日のヘアケアは、髪のダメージをこれ以上増やさずツヤ髪を保つことは出来ます。しかし1度傷んでしまった髪の毛が再生することはありません!傷みを無くすには、髪の毛が生えてくるのを待つしか方法はないので、傷んでしまうことがないように正しい方法を習慣化していくことがとても大切です。おうち時間を使って、自分のケア方法をもう一1度見直してみましょう!

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧