ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.11.04

3935

時間のない朝に簡単にできるまとめ髪!レングス別に教えます♡

ついつい寝坊してしまい、朝髪をセットする時間がないときもあるでしょう。そんな日には簡単で時間もかからない、ヘアアレンジを取り入れてみませんか?まとめ髪なら多少の寝ぐせがついていてもOKで、ブローする必要もなく時間がかかりません。長さ別におすすめまとめ髪を紹介します。

おすすめまとめ髪スタイル・ロング編

3段階のくるりんぱ

くるりんぱの嬉しいところは、簡単なのにこなれて見えることです。トップ、中心、ダウンと3段階にわけてくるりんぱをつくりましょう。それを1つに結ぶようにする方法なら、忙しい朝でもできて、後姿がキマります。

イマドキになるポニーテール

ポニーテールをつくっただけだと、きっちりし過ぎて古い印象に。簡単でイマドキのポニーテールにするなら、くるりんぱを加えましょう。ハーフアップにしてくるりんぱをつくってから、1本結びにするとルーズ感が出ます。

エレガントなシニヨンスタイル

パーティシーンや、オフィスヘアにも便利なのがシニヨン。サイドの髪を残して低い位置にお団子をつくったら、サイドの髪をねじりながら巻き付けていきましょう。寝ぐせが付いてもよく、慣れれば朝の数分でできます!

おすすめまとめ髪ヘアスタイル・セミロング編

三つ編みを使ったハーフアップ

簡単だけどルーズな雰囲気にできるハーフアップを取り入れてみましょう。トップとサイドそれぞれを三つ編みにしたら、1つにまとめてでき上がり。最後に毛束を引き出してルーズな雰囲気に仕上げましょう。

さっとまとめるフィッシュボーン

朝髪をセットする時間がないときには、フィッシュボーンでまとめましょう。寝ぐせが付いていてもOKなのに、後ろから見るとオシャレなのが魅力です。三つ編みの要領で、細かく毛束を持ってくるのがポイントです。

おすすめまとめ髪ヘアスタイル・ミディアム編

高い位置で結んだサイドポニーテール

朝時間がないときには、高い位置にサイドポニーテールをつくってしまいましょう。遅れ毛や寝ぐせが多少ついていても気にせず、さっとまとめるのがポイントです。サイドで結ぶと毛先に動きが付いておすすめです。

低め位置のお団子ヘア

ミディアムヘアで髪が長くなくても、低い位置ならお団子ヘアができます。くるっと巻いてつくったお団子は、毛束を取って根元に巻き付けるとオシャレな雰囲気です。遅れ毛は残した方が大人っぽくなりおすすめです。

サイドフィッシュボーン

時間がないときでもさっとつくることができて、オシャレに見えるフィッシュボーン。綺麗な編み込み模様が映えるように、サイドにつくってみましょう。フィッシュボーンの編み込みには、毛先にリボンを着けてキュートに。

おすすめまとめ髪ヘアスタイル・ボブ編

ボブの低めポニーテール

ポニーテールはボブスタイルでもつくることができます。朝時間がないときに簡単にまとめ髪ができて、ブローの必要もなく楽に手入れができます。短い髪だからこそ、後ろ髪がポイントになり、遅れ毛もいい感じです。

小さめお団子

ボブの方はアップヘアにしてから、小さめお団子にしてみましょう。ヘアゴムで輪をつくるだけの簡単アレンジで、忙しい朝でもできます。遅れ毛が出てもそのまま残して、無造作のヘアアレンジにしてみましょう。

レングス別のまとめ髪がおすすめ

時間がない朝でも、紹介したヘアアレンジなら、手間なくできるでしょう。長さによってもやりやすいまとめ髪は変わってくるため、レングス別のアレンジ方法を取り入れてみてください。ブローする時間がないときだけでなく、普段にも活用してオシャレな人を目指してみましょう。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧