更新日:2023.08.09
14460

初めてのヘアカラーでしておきたいこと!セルフできれいに染める手順【HAIR】  

髪を初めて染める際、美容院か自分で染めるか、どちらが良いのか、そしてヘアカラーの種類や染め方についての疑問が生まれます。この記事では、初心者の方に向けて、美容院とセルフの選択肢やヘアカラーの種類、染め方の方法について徹底解説します。自分で染める際のポイントやおすすめの市販カラー剤についても紹介します。美しい髪色を手に入れるためのヒントをご紹介します。

初めて美容院で髪を染めるときのアドバイス

アレルギーチェックをする

初めて髪を染める際、気にかかるのは「アレルギー反応」です。色素が頭皮に触れることで、かぶれの原因になることがあります。美容院の予約を取る段階で、初めての髪染めであることを伝えてみましょう。美容師さんはアレルギーの有無を確認するパッチテストなどを提案してくれるはずです。これは、楽しい美容体験を実現するための大切なステップです。

前日は頭皮を傷つけないよう注意!

前日は頭皮を傷つけないよう注意!

カラーリング前日のシャンプーは、頭皮を大切にしましょう。優しく洗うことで、デリケートな頭皮への負担を軽減できます。カラー剤は時に刺激を引き起こすことがあるため、事前のケアはカラーリングの快適さを保つ鍵です。

理想の髪色があるなら画像を用意しておくと◎

理想の髪色があるなら画像を用意しておくと◎

理想の髪色を実現するために、美容師さんに的確に伝える手段として、画像を活用することは非常に効果的です。私たちの頭の中に描くイメージを、言葉だけで完璧に伝えるのは難しいことがありますが、画像を通じて具体的なイメージを共有することで、理想の髪色に一歩近づくことができます。

時間や値段は事前に確認を

時間や値段は事前に確認を

美容院によって、髪の染める時間や価格は異なることがあります。予約を取る際に、希望するメニューやカラーリングにかかる時間、おおよその価格を確認しておくことが重要です。これにより、施術当日に予期せぬ驚きを避け、心地よい体験を楽しむことができます。

美容院で髪を染めたい!ヘアカラーの種類

明るい髪色になれるアルカリカラー

アルカリカラーは、おしゃれ染めや白髪染めによく使われるカラータイプです。髪の内部を染めるプロセスで、髪色が明るくなる魅力があります。透明感のある髪色やハイライトを楽しみたい方にとって理想的です。美容院での施術によって、新しい鮮やかなルックスを手に入れましょう。

しっかりカラーを楽しめるブリーチオンカラー

ブリーチオンカラーは、髪の色素を一度ブリーチで取り除き、その後に明るめカラーやポップな色を入れる方法です。このカラータイプは、自分だけの個性的なスタイルを作り上げたい方におすすめです。ファッションカラーに挑戦したり、洗練されたヘアスタイルを楽しみたい方に、鮮やかで魅力的なカラーバリエーションを提供します。

髪の表面を染める酸性カラー

酸性カラー、通常はヘアマニキュアとも呼ばれます。このカラータイプは、髪の表面にカラーをコーティングして髪色を変える特徴があります。キューティクルを開かずに染めるため、髪へのダメージを最小限に抑えることができる利点があります。カラーバリエーションは多彩で、ナチュラルな髪色の変化や微妙なトーンの調整を望む方に最適です。健康な髪を保ちつつ、微妙なカラーチェンジを楽しむことができます。

自分できれいに髪を染める方法

用意するものは?

自分できれいに髪を染める方法

自分で髪を染めることは初めての方にとっても挑戦的に感じられるかもしれませんが、実際には手順を守ることで簡単に素敵な仕上がりを手に入れられます。必要なアイテムは、市販のカラー剤、ケープ、ブロッキング用のヘアピン、そして新聞紙など。また、カラー剤に付属していない場合は、手袋を忘れずに用意しましょう。これらのアイテムを揃えることで、スムーズな染め作業が可能です。

カラー剤で染めていく順番は?

カラー剤で染めていく順番は?

髪を自分で染める際に重要なのは、正しい手順を守ることです。まず、後頭部と襟足からカラー剤を塗っていきます。次にサイドと頭頂部、最後に前髪や生え際を染めます。この順番で進めることで、均一な色味が得られます。特に根元は色が濃くなりがちなので、控えめに塗布することを心掛けましょう。均等に染めるために、鏡をうまく利用しながら作業すると良いですね。

カラー剤を塗り終えたらしばらく放置

カラー剤を塗り終えたらしばらく放置

カラー剤を髪に塗布したら、指定された時間だけ放置します。この時間はカラー剤の種類によって異なりますので、パッケージの指示を確認しましょう。時間を守ることで、理想的な色合いが実現されます。タイマーやアラームを利用して時間を計りながら待つことをおすすめします。

洗い流す

洗い流す

カラー剤の放置時間が終わったら、ぬるま湯を使って髪を丁寧に洗い流します。水が透明になるまでしっかりとすすぎ、余分なカラー剤を洗い落としましょう。その後、シャンプーを2回行い、コンディショナーやトリートメントで髪を潤してください。特にトリートメントは髪の保湿に役立ちます。

きれいに染めるポイント

きれいに染めるポイント

自分で髪を染める際、美しい仕上がりを得るためのポイントがあります。まず、しっかり染めたい部分にはカラー剤を多めに塗布することが重要です。特に襟足やもみあげなどは他の部分よりもカラー剤を多く塗ることで、均一な仕上がりを実現できます。また、セミロングやロングの毛先は温度が低く染まりにくい部分です。したがって、これらの部分には特に丁寧にカラー剤を塗布し、ムラのないように注意深く仕上げましょう。 

おすすめの市販カラー剤

リーゼ 泡カラー ブリティッシュアッシュ

リーゼ 泡カラー ブリティッシュアッシュ

初めてのヘアカラーにおすすめなのが、リーゼの泡カラー「ブリティッシュアッシュ」です。泡タイプのカラー剤なので、初心者でも簡単に染めることができます。このカラーは、根元や毛先など染まりにくい部分にもムラなく浸透し、均一な色味を実現します。さらに、毛髪保護成分が配合されており、染め上がりのツヤ髪を長時間キープします。グレーやブルーの色味が織り交ぜられており、透明感とやわらかな雰囲気を醸し出すカラーバリエーションも魅力です。

ロレアル パリ ヘアカラー フェリア 3Dカラー #81 パールアッシュ

ロレアル パリ ヘアカラー フェリア 3Dカラー #81 パールアッシュ

日本人の髪に合わせて開発されたロレアル パリの「フェリア 3Dカラー #81 パールアッシュ」は、美しい仕上がりを追求する方におすすめです。このカラー剤は3つのカラーが組み合わさっており、ベースカラーが髪の明るさを均一に整え、ニュアンスカラーが深みのある色味を表現し、トリプルケアがうるおいを与えます。その結果、髪にはきらめきと立体感が生まれ、魅力的な仕上がりになります。

ビューティーン メイクアップカラー モノトーングレージュ

ビューティーン メイクアップカラー モノトーングレージュ

「ビューティーン メイクアップカラー モノトーングレージュ」は、乳液タイプのヘアカラーでありながら、もみこむと泡立つ特徴を持っています。この仕組みにより、髪全体に均一にカラー剤が行き渡り、ムラなく染まります。初心者にも扱いやすいです。また、ヒマワリオイルと椿オイルの2種類のボタニカルオイルが配合されており、染めた後も毛先までうるおいが保たれます。

マニックパニック カラークリーム ライラック

width='399'

短期間で華やかな髪色を楽しみたい方には、「マニックパニック カラークリーム ライラック」がおすすめです。このカラー剤は、まず別のカラー剤で髪をブリーチした後に使用すると、効果的に鮮やかな色を楽しむことができます。カラーの持続期間は約1週間ほどで、一時的に髪を染める楽しみを提供します。

エンシェールズ カラーシャンプー ムラシャン

エンシェールズ カラーシャンプー ムラシャン

髪をブリーチした後の色落ちを防ぐためにおすすめなのが「エンシェールズ カラーシャンプー ムラシャン」です。このシャンプーは、ブリーチ後の退色を抑え、黄ばみを消し、髪色を鮮やかにキープします。明るいカラー剤で染めた後の髪のケアに活用することで、美しい色合いを持続させることができます。

ポイントをおさえてきれいに髪を染めよう!

初めて髪を染める際は、方法や種類を慎重に選ぶことが大切です。不安な場合は美容院で相談し、適切なアドバイスを得ることがおすすめです。自身で染める際もポイントを押さえて丁寧に行うことで、美しい髪色を手に入れることができます。慎重な準備と注意を忘れずに、理想の髪色を楽しんでください。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事