更新日:2024.02.17
28703

【おばさんぽくない髪型 60代】ショートヘアでおしゃれで魅力的なマダムへ!

60代になってもおしゃれな髪型を楽しみたい。でもどんな髪型が似合うんだろう?60代の髪型にはショートヘアがぴったり!なぜショートヘアなのか、ショートにする場合前髪はあり、なしどちらがいいのか60代のショートヘアを徹底ガイド!

60代がやってはいけない髪型

トップにボリュームがない髪型

年齢と共に、髪は自然とボリュームを失いがち。トップがぺたんこになると、老けた印象に。シミやシワはメイクでカバーできるかもしれませんが、髪のボリューム不足はそう簡単には隠せません。トップにボリュームがないと、顔の印象が変わり、生き生きとした表情も影を潜め老けた印象になります。

 

白髪染めの落ちはじめや放置された白髪

白髪が目立ち始めると、どうしてもお手入れをしていない印象を与えがち。それだけでなく、髪全体の色が均一でなくなり、見た目にも老けた感じを与えてしまいます。白髪染めをした後の落ちはじめは特に、根元の白髪が目立ちやすく、これがまた年齢よりも上に見える原因に。

 

毛先がパサパサでまとまりがない髪型

ツヤや潤いのない「パサついた髪」は、全体の印象をだらしなくし、疲れた様子やお手入れ不足を感じさせます。特に60代では、ツヤと潤いのある髪が若々しさを保つ鍵。毛先のパサつきは、実年齢よりも老けて見える原因になりかねません。

 

60代に似合う髪型はショートヘア!

60代にショートヘアが似合う理由はボリュームの出しやすさにあり

髪のボリュームは年齢とともにダウンしてしまいます。しかし、ショートヘアはレングスの中で特にボリュームを出しやすい髪型。特にボリュームを出しにくいトップでも、ワックスを使うだけふんわり空気感をもたせやすくなります。元々ボリュームが出にくい髪でもパーマでボリュームを出しやすい!

 

トップと後頭部にボリュームを持たせると若々しい

60代ショートのポイントは、トップのボリューム。トップから後頭部にかけ、ふんわりと空気感をもたせると若々しいヘルシーな髪に見えます。パーマは全体ではなくトップ中心にかけると、メリハリのあるシルエットに。

 

フェイスラインの髪は長めにするとシワカバーに!

年齢を重ねるとフェイスラインにたるみが出やすくなります。フェイスラインの髪を長めにカットしたり、前下がりシルエットのショートやボブにすることで、フェイスラインを簡単にカバーできますよ!

 

レイヤーカットで髪にメリハリを持たせよう

髪表面の長さが段になるように違いを出すと、パーマやワックスで髪に動きが出やすくなります。特に毛量が多い人は、レイヤーカットを施すことでセットしやすくなり、ふんわり若々しいボリュームがでるんです。

 

60代に似合うレイヤーショート

トップふんわりひし形シルエットが正解!

ひし形シルエットはトップふんわりボリュームがある理想的なヘアスタイル。パーマで毛先にも動きを出すことで、カジュアルな雰囲気の今っぽさのあるショートヘアになります。髪色はツヤが出やすいブラウンをチョイス。

 

ボリュームを出すためにニュアンスパーマをプラス

シルエットに動きを出しやすいウルフカットのショート。ニュアンスパーマでふんわりボリュームを持たせ、ボーイッシュになりやすいウルフショートに大人の女性らしいソフトな雰囲気をプラス。

 

後頭部に丸みがあると横顔が美しく見える

横顔を美しく見せる大人テクニック。後頭部に丸みをもたせると、よりボリュームのある若々しいショートヘアに仕上がります。ボリュームダウンで寂しく見えやすいヘアスタイルも、ヘルシーな印象に。

 

前下がりシルエットでおしゃれな60代ヘアに

クールな雰囲気が好みなら、前下がりシルエットのショートはいかがでしょうか。前下がりシルエットなら、クールな雰囲気を演出しながらフェイスラインを髪でカバーして小顔効果も期待できます。フェイスラインのたるみもカバーできる万能ヘアです。

 

60代向けショートは前髪ありがおすすめな理由

前髪ありならナチュラルに若々しい印象に

前髪をつくるだけで簡単に老け見えを防げます。斜めバングや目元にかかる長さのうざバングなら、子供っぽく見えない大人にぴったりの前髪ありショートに。透け感を持たせるとナチュラルです。

 

前髪でおでこのシワもカバーできる!

顔が寂しく痩せてきたことで悩んでいるなら、マッシュカットのショートヘアがおすすめ。丸みのあるシルエットで骨格も丸くふっくらと見せてくれます。髪質がボリュームを出しにくい猫っ毛、髪が細い人にもおすすめです。

 

分け目がペタッとならず老け見え防止にも

60代ショートは前髪をつくるのが正解。前髪なしの場合は、根元のボリュームが少なく老けて見えやすいのが難点です。前髪をトップから長めにつくると、根元のボリュームダウンを簡単にカバーできますし、セットするときにふんわり感を足しやすくなります。

 

トップと合わせてボリュームを

厚みのある前髪をトップ部分から作ることで、ふんわりとボリュームアップしやすくなります。前髪にボリュームがないなら、ワンカールパーマをかけるとセットが簡単。カールが空気感がボリュームをサポートしてくれます。

 

60代向け前髪ありショート

前髪をアシメカットして遊び心をプラス

普通のショートヘアに飽きたら、前髪をアシメカットにして個性をアピール。目元が強調されるので、アイメイクがもっと楽しくなりますよ!ざっくりラフにカットしたような仕上がりにして抜け感もプラス。

 

グレイヘアをおしゃれに見せたいならぱっつん前髪のショートボブも

前髪ぱっつんとグレイヘアの組み合わせは最高にオシャレ。グレイヘアをモードな髪型にアップデートさせます。ショートボブでふんわりボリュームを出すのもおすすめ。インナーカラーをプラスすればもっと個性的に。

 

前髪ありショートボブで髪のボリューム簡単アップ!

前髪ありショートボブならボリュームアップがもっと簡単。ボリュームが出にくい髪質の人にぴったりです。コテで毛先をワンカールさせ、ワックスを揉み込めば簡単に垢抜けたヘアスタイルに。

 

おばさんぽくない髪型にしたい60代女性にはパーマがおすすめ!

おばさんぽくない髪型にしたい60代女性にはパーマがおすすめ!

60代女性のなかには、髪のボリュームがなくなってきたことにコンプレックスを抱いている人もいるかもしれません。ペタンとした印象では、老けて見えると感じることもあるでしょう。そんな悩める60代女性におすすめなのが、パーマスタイルです。パーマを上手に活用すれば、髪にボリュームが生まれておばさんぽくない髪型になれます。ただし、やり過ぎずナチュラルに仕上げてもらうことを心がけましょう。キツすぎるパーマはかえって老けて見えてしまうので、注意が必要です。

 

60代のオシャレショートヘアはポイントを押さえて

60代のショートヘアは、ボリュームと前髪がポイント。トップから後頭部にかけてボリュームを持たせ、さらに前髪をトップ部分から持ってくるようにつくれば、髪質に関係なくふんわりとエアリーな若々しい髪型がつくれます。

 

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事