更新日:2024.02.16
127873

おばさんぽくない髪型とは?50代に似合うレングス別ヘアスタイル

年齢を重ねるごとに、女性は変わらず美しくありたいと願います。特に50代の大人女性にとって、避けたいのは「おばさんぽい」と感じられる髪型です。そこで、年齢を重ねても若々しく、おしゃれを楽しめる「おばさんぽくならない髪型」をご紹介します。ショートからロングまで、50代の女性に似合う多様なヘアスタイルを探求しましょう。

【50代】やってはいけないおばさんぽく見えてしまう髪型

ぱっつん前髪

ぱっつん前髪は老けてみえてしまいがち

前髪は確かにフレッシュな雰囲気をもたらしますが、ぱっつんとしたスタイルは意外と年上に見せてしまうリスクが。なぜなら、ぱっつん前髪は目元を強く引き立ててしまうからです。そんな目元の強調は、ちょっと避けたいポイントかもしれませんね。若々しさをキープするためには、前髪のスタイル選びも大切。 

 

ボリューム感のないぺたんこヘア

ボリューム感のないぺたんこヘア

 

ボリューム感のない「ぺたんこ髪」は、老けて見えるリスクが高まります。特に、少毛のロングヘアは要注意。髪がペタンとなることで、顔のラインが強調され、地味な印象を与えてしまう可能性があります。髪のボリュームが不足すると、顔まわりの立体感が失われ、全体的にフラットな印象になりがちです。髪型の選び方やスタイリングの方法に気を付け、常にボリューム感を意識することが大切です。

 

くっきり分け目

くっきり分け目

前髪が長めの人や前髪なしの人が最も気を付けたいのが分け目には要注意!特に髪が柔らかい、または細いと、くっきりとした分け目はちょっぴりおばさん風に映ることも。でも、悩む前にちょっとしたアレンジで大変身!分け目をジグザグにするだけで、髪にふんわりとしたボリューム感が生まれます。また、かき上げるようなスタイルもおすすめ。これで、あなたも若々しい印象をキープできるはず♪ 

 

ツヤや潤いのないパサついたヘア

ツヤや潤いのないパサついたヘア

 

ツヤや潤いのない「パサついた髪」は、見た目年齢を大きく左右する要因となります。疲れた感じやお手入れ不足を感じさせ、実年齢よりも老けて見える印象を与えてしまいます。特に50代以上の方は、髪のツヤや潤いを保つことで、若々しい印象を維持することができるので、日頃のヘアケアが非常に重要となります。

 

強すぎるパーマヘア

強すぎるパーマヘア

ウェーブやカールを楽しむパーマスタイル、実はちょっとしたコツが必要なんです。今のトレンドは、ソフトでゆるやかなウェーブ。強力なカールや明確なウェーブは、ちょっと古めかしい印象になってしまうことも。だから、強すぎるパーマはちょっと控えめに。ゆるふわのパーマで、自然な動きを出すのが今のキーポイント。

 

明るすぎるヘアカラー

明るすぎるヘアカラー

明るいヘアカラーって、一瞬で注目の的になれるし、とっても華やか。でも、ちょっと注意点も。あまりにも明るすぎると、髪がダメージを受けているように見えちゃうこともあるんです。そこでオススメなのは、明るさの中にもナチュラル感を取り入れること。キラキラ輝く髪色も良いけど、自然な色合いで健康的な髪を演出するのが今のトレンド。

 

おばさんぽくない髪型 50代×ショート

若く見えるナチュラルな黒髪ショート

どの角度から見ても完璧な丸みを帯びたシルエットが特徴。前髪が少し長めで、サイドの髪が顔のラインを優しくカバーしてくれるので、小顔効果もバッチリ。ナチュラルな黒髪の色合いが、さらに大人のかわいらしさを引き立てます。シンプルだけど、しっかりとトレンドを押さえたスタイルで、毎日のルックを新鮮にしてみませんか?おしゃれを楽しむ50代以上の方にぴったりのヘアスタイルですよ♪ 

 

前下がりショートで若々しさを

後ろよりも前の方が長くなるようにカットされ、顔のラインをシャープに見せてくれます。特に、顔周りのラインをすっきりさせることで、小顔効果も期待でき、エレガントな印象を演出します。この髪型の魅力は、そのバリエーションの豊富さにあります。襟足をスッキリと整えたり、サイドを少し長めに残して柔らかさを出したりと、自分の顔型や好みに合わせたアレンジが可能です。

 

似合わせショートで大人ヘア

グラデーションカットで仕上げたマッシュショートは、50代の顔立ちや骨格にぴったり合わせられる似合わせヘアです。斜め分けでふんわりとボリュームを出し、おばさんぽさを感じさせない洗練されたスタイルに。ンプルだけど、しっかりと個性を出せるスタイルで、大人の女性にぴったり。 

 

丸みショートで美シルエット

シンプルながらも、そのナチュラルなかわいさが魅力の丸みショート。大人の女性にぴったりのこのスタイル、サイドは前下がりにカットして、どの角度から見ても美しいシルエットをキープ。特に横顔のラインがポイントです。襟足部分をタイトに仕上げることで、首元がすっきりと見せできます。

 

おでこ見せ×パーマで洗練された若々しさを演出

ふんわりゆるいパーマをかけてあげることで、脱おばさん感が叶います。前髪なしにしておでこを見せつつ、前下がりボブを作って顔周りを明るい印象に。色味を暗めにしても、若々しさが残り、落ち着いた見た目に仕上がります

 

程良いカールを加えることでボリューミーな印象に

加齢とともに髪がペタンコになってきた…とお悩みの人には、髪全体に絶妙なカールを加えたヘアスタイルがおすすめ。髪に動きをつけることで、ふんわりボリューミーに若見えできます。セットの際には束感を意識してみてください。

 

おばさんぽくない髪型 50代×ボブ

かきあげバングショート

かきあげたうざバングのショートをひし形シルエットにしたスタイル。ハンサムなスタイルに長めの前髪を作ることで、女性らしく上品に印象に仕上がります♡

 

くびれたシルエットを演出するウルフレイヤーボブ

ウルフレイヤーを取り入れたボブスタイルは、顔周りのリフトアップ効果と共に、くびれた美しいシルエットを実現します。ヘアスタイルに動きと軽やかさが生まれ、日常のスタイリングが格段に楽になります。耳元を覗かせるインナーカラーが、ボブの重さを解消し、さりげない抜け感をプラスしてくれるのです。

 

ゆるふわ感が大人かわいいボブ

ゆるふわとした質感のヘアスタイルは、大人の女性にもぴったり。特に、長めの前髪を少し立ち上げ、かき上げるようにアレンジしたボブは、上品さとフレッシュさが同居するスタイル。毛先には自然なハネ感をプラスすることで、さらに大人のかわいさを引き立てます。 

 

エレガントなグラデーションボブ

上品で洗練されたヘアスタイルを求めるなら、グラデーションボブがピッタリ。外側の髪を少し短めにカットするレイヤーカットで、自然なボリューム感と動きを持たせることができます。毛先を優しく内巻きにすることで、さらにフェミニンな雰囲気を演出。シンプルながらも、そのディテールが大人の魅力を引き立てるスタイルです。

 

無造作パーマでイマドキ風

表面に軽やかなレイヤーを加えることで、抜け感と動きをプラスしています。内巻きと外巻きをミックスさせた絶妙なバランスのパーマをオンしています。無造作な毛流れが今っぽさを出していますね!トレンドを取り入れたい方にぴったりのヘアスタイルですよ♪ 

 

下の方にボリュームをつけることで程良い大人っぽさが叶う

「小顔に見せたい!」という願いを叶える、ひし形シルエットボブ。下部分にしっかりとボリュームを持たせることで、子供っぽさはなく、でもおばさんぽくもならない、ちょうど良い大人の雰囲気を醸し出します。特に、「大人かわいいを目指したいけど、あまりにも若々しすぎるのはちょっと…」と感じる女性には、このヘアスタイルがぴったり。

 

レイヤーを取り入れたパーマで髪の動きを楽しもう

程良いレイヤー(段差)を入れてあげることで、大人フェミニンな仕上がりに。女性らしさたっぷりで、オフィスシーンでもプライベートでも難なく馴染むのが嬉しいポイント。パーマを活用すれば髪の動きを楽しめるのもGood。

 

合わせて読みたい:

【ショートからボブ】50代に似合う、若く見えるおすすめの髪型20選♡

 

おばさんぽくない髪型 50代×ミディアム

きれいめアレンジのミディアム

ミディアムヘアの長さは、アレンジの幅が広がり、若々しさを手軽に演出できるのが魅力。特に、長めの前髪をサイドに流し込むことで、縦のラインを強調し、顔のラインをすっきりと見せることができます。顔まわりの髪を内巻きにし、毛先は軽やかに外ハネにすることで、バランス感のあるスタイルに仕上がります。

 

ナチュラルなミディアムレイヤー

おばさんぽくない髪型の代表格ともいえるミディアムレイヤー。ほど良いレイヤーが理想的です。トップから中間の髪はナチュラルな素髪感を残したまま、毛先だけ巻くとエレガントに仕上がります。

 

鎖骨ラインが◎ミディアムウルフ

ウルフカットは個性的で注目を集めるスタイルですが、大胆すぎるのはちょっと…と感じる方も多いはず。そんな方におすすめなのが、鎖骨ラインを意識したミディアムウルフ。毛先を軽くすることで、アレンジの幅も広がり、毎日のスタイリングがもっと楽しくなります。

 

毛先に柔らかくパーマをかけてエレガントな印象に

全体的に強めのパーマは、ちょっと昔のヘアスタイルっぽい感じになりがち。毛先に柔らかなパーマをかけてあげることで、今っぽさとエレガントさを演出できますよ。前髪を斜めに流して程良いお姉さん感を楽しんでみてください。

 

ミディアム×パーマなら重め前髪でも若見えが叶う

サイドにパーマをかけてあげることで、重め前髪でもスッキリ若々しい仕上がりになります。しっかりと前髪を作るヘアスタイルは、面長さんに相性抜群です。縦のラインをごまかせて小顔な印象に慣れるのが嬉しいポイントです。

 

おばさんぽくない髪型 50代×セミロング・ロング

透明感カラーのきれいめセミロング

コンサバなワンレンロングヘアはカラーで差をつけましょう。透明感のあるグレージュのグラデーションカラーで毛先まできれいにデザインしています。毛先にいくほど透け感が増して、ツヤのある垢抜けた印象になります。

 

クールなウェーブで大人ロング

ロングヘアの人がパーマをかけるときは、大きめ曲線をつくるゆるめウェーブがおすすめです。前髪を伸ばして大人っぽさをプラス。甘すぎないクールなスタイルが完成します。

 

長い髪はナチュラルなアレンジが◎

巻いたりパーマをかけたりしない場合は、アレンジヘアをするとおばさんぽくなりません。巻髪や強めのパーマは避け、ゆる編み込みでつくる編みおろしアレンジで清潔感をプラス。遅れ毛をほど良く残して、大人のリラクシーなヘアスタイルを表現しましょう。

 

きっちり巻きすぎないゆるいスタイルが今っぽい

トレンドを追いかけるなら、強すぎる巻き髪よりも、自然な風合いのゆるいパーマがおすすめ。今っぽい仕上がりになって、おばさんぽくない髪型が叶います。暗めの髪色×前髪無しにすれば、流行りの韓国風ファッションとも相性抜群です。

 

毛先にだけパーマをかけてスッキリ若々しく

顔まわりの髪はナチュラルなストレートをキープしつつ、毛先にだけゆるやかな内巻きパーマを施すことで、オーバーな印象を避けつつ、フレッシュで若々しい雰囲気を演出できます。このスタイルは、特に髪のボリュームが気になる方にピッタリ。毛先にしっかりとしたボリュームが出るので、髪がペタンコになりがちな人も、ふんわりとした動きのある髪型を楽しむことができます。シンプルながらも、ちょっとしたアクセントで大きな変化を楽しんでみませんか?

 

白髪を上手にカバーするふんわりヘア

細かいハイライトが入ったグレージュのショートボブ

細かいハイライトが入ったグレージュのショートボブは、シックな印象と白髪のカバーに一石二鳥。根元からふんわり感のある、女性らしい品のあるスタイルです。

 

根元から筋感ハイライトで白髪ぼかし

根元からの筋感白髪ぼかしは、自然なコントラストで白髪を隠すテクニック。遊び心ある大人の魅力が詰まったスタイルです。

 

白髪をカバーしたデザインカラー

白髪をカバーしたデザインカラーは、アートのような髪色でセミロングの大人髪を引き立てます。白髪が目立たないデザインカラーで長いレングスも楽しみましょう!

 

50代向けヘアカラー

大人の魅力を引き立てる!アッシュグレーのヘアカラーの効果

女性が魅力的に見えるためのヘアカラーの秘訣は、透明感と柔らかさを持つ色合いを選ぶことです。アッシュグレーはその答えの一つ。この色は、日本人の持つ髪の赤みを綺麗に中和し、髪全体に透け感をもたらします。さらに、白髪と黒髪の境目も自然にぼかしてくれるので、年齢を感じさせない美しい髪色を実現できます。

 

洗練された大人になるグレージュ

50代の女性にとって、髪色は自分の魅力を一層引き立てる要素となります。グレージュは、その中でも特におすすめのヘアカラーです。この色は、洗練されたグレーと柔らかなベージュの絶妙な組み合わせから生まれ、独自のくすみ感と透明感を持ちつつ、心地よいやわらかさを感じさせてくれます。日本人の髪には赤みが多いと言われることが多いですが、グレージュはその赤みを上手く中和。

 

ナチュラルミディ×ラベンダーグレー

このカラーは、トレンドを取り入れつつも上品さを保ちたい方にぴったり。ほんのりとした紫のくすんだ色合いが、肌のトーンを明るく見せ、若々しさを引き出してくれます。特に、ナチュラルなミディアムスタイルとの組み合わせは相性抜群。ラベンダーカラーを強めに入れた暗めのラベンダーグレージュは、暗い場所でもしっかりとラベンダーの色味が際立ちます。柔らかく上品な雰囲気を持つ女性に、さらなる洗練をもたらしてくれるでしょう。

 

おばさんぽくない髪型できれいな自分を作ろう♡

"おばさん"というレッテルを貼られたくないなら、髪型でのアプローチがカギです。髪型を変えるだけで、人の印象はガラリと変わるもの。特に、ナチュラルでありながらも上品さをキープするスタイルが、年齢を重ねた女性にはぴったり。ショートからロングまで、さまざまな長さのヘアスタイルをご紹介してきましたが、どれもあなたをより魅力的に見せるポイントが詰まっています。自分の好みやライフスタイルに合わせて、新しいヘアスタイルを楽しんでみてください。一新した髪型で、もっと自分を愛してみませんか♡

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事